劇場公開日 2019年8月9日

「完成度の高さはさすがのインド映画」シークレット・スーパースター unicoさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.5完成度の高さはさすがのインド映画

unicoさん
2019年8月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

2時間半も全く長く感じることもなく、クライマックスは感動するしかない、さすがの完成度でした。
インシアは14歳ということですが、7,8歳くらいから30代と思わせるくらい成熟した女性のような様々な表情を見せてくれる魅力的な女の子です。

ストーリーもただのスター誕生ではなく、インドの闇の部分、親子や夫婦の葛藤、夢を実現していく女の子の力強い生き様等々、かなり盛りだくさんですが、違和感なく流れていきます。さすが映画大国ならではの秀逸な作品です。

集団ダンスもほとんどなく、アーミル・カーンも絶妙なポジショニングで良い味を出していました。

それにしてもこの映画でインシアが歌っている曲たちは、いわゆるインド音楽のイメージというより日本の曲に近い感じがして、新鮮な感覚でした。ところどころインド独特の節回しはあるものの、同じアジア仲間なのだという、勝手な親近感も湧いてきて、心地よい映画でありました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
unico
「シークレット・スーパースター」のレビューを書く 「シークレット・スーパースター」のレビュー一覧へ(全45件)
「シークレット・スーパースター」の作品トップへ