劇場公開日 2019年10月25日

「90年代から断念と再浮上を重ねた、ジェリー・ブラッカイマー執念の企画」ジェミニマン ぐうたらさんの映画レビュー(感想・評価)

3.2128
8%
46%
38%
6%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.090年代から断念と再浮上を重ねた、ジェリー・ブラッカイマー執念の企画

2019年10月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

本作は90年代後半から企画が俎上に上りながら、「技術的に映像化はムリ」と幾度も断念されてきた一作だ。監督としてトニー・スコットやカーティス・ハンソンが携わった時期もあり、そう考えると確かにどこか当時のトニーっぽさ(組織に追われる主人公、ライバルとの激突、そこからの逆転)も感じる。スコットもハンソンも既にこの世にいないが、その企画がまさかアン・リー監督の下でようやく実ろうとは、これら経緯を知る者としてちょっと感慨深いものがある。

今となってはクローンという発想そのものがSF題材として色あせ、また俳優陣はいい演技をしているのに、背後の特殊機関の陰謀が説得力に欠ける(これまた90年代っぽい)側面も否めない。リアルさの求められる現代ではむしろ、不可能を可能としたWETAのCGI技術、3DHFRによる間近でアクションが起こっているような臨場感の方がこの映画の最大の持ち味であり見どころと言えそうだ。

コメントする
共感した! (共感した人 5 件)
ぐうたら
「ジェミニマン」のレビューを書く 「ジェミニマン」のレビュー一覧へ(全128件)
「ジェミニマン」の作品トップへ