劇場公開日 2020年6月5日

  • 予告編を見る

デッド・ドント・ダイのレビュー・感想・評価

3.0194
8%
32%
42%
12%
6%
採点

全194件中、1~20件目を表示

1.5クスッとは笑えるけど…

bunmei21さん
2022年9月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

『ゴースト・バスターズ』のビル・マレーと『スター・ウォーズ』のアダム・ドライバーが主演の、ゾンビ・ムービー。この2人が出演しているのだからに、外れはないとは思っていたのに、内容的には、正直言って、残念❣

ホラー・コメディーというサブタイトルがあったので、『ゾンビランド』の様な作品を期待していたのだが、ホラーもコメディーも両方とも中途半端。クスッと笑えるシーンも、確かに盛り込まれてたが、玄人受けするような笑いで、今ひとつ入り込めなかった。そして肝心のゾンビが、何年も墓に埋葬されて、蘇ったはずなのに、肌艶良く、『ウォーキング・デッド』のようなリアルなゾンビには、程遠かった。

舞台は、大きな犯罪や事件とは無縁のアメリカの田舎街。しかし、ある夜、ダイナーで働く従業員が体や内臓を喰い散らかされた無残な死体で発見された。この事件を機に、墓からゾンビ達が次から次へと蘇り、街の人々を襲い始める。それに立ち向かうのがこの町の保安官のビルが演じるクリフとアダム演じるロニー。ゾンビに襲われたパトカーの中での、2人の会話は確かにシュールで、作品の一番の見所だったかもしれない(笑)

また、ゾンビに立ち向かう日本刀を操り、武道を嗜む女・ゼルダをティルダ・スウィントンが演じていたが、不可思議な行動で、謎めいた容姿という役どころは、彼女には適役だったように思う。しかし、本作の中での彼女の位置づけや、登場させる意味がよく分からなく、最後もよく分からないまま去っていった(笑)

怖さも、笑いも中途半端で、監督が、監督自身で楽しむ為だけに製作した作品のように思えた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
bunmei21

1.5ちょっとガッカリ

kanaさん
2022年9月7日
iPhoneアプリから投稿

豪華な俳優さん達と、ニヤッと笑えるセリフや視覚的効果はワクワクしたけど、ストーリーはないものと思わないといけません。まあそれでいいけど。。それなら短編で良いかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kana

3.0思ったよりも

レイさん
2022年8月25日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ちょっと面白くなかった…かな。
ウケを狙いすぎ…というか。
ティルダ様、駄作に出過ぎの件。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
レイ

0.5ジム・ジャームッシュでワースト

keisukeさん
2022年8月9日
iPhoneアプリから投稿

これは酷い

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
keisuke

2.0私のツボにはハマらずで……

2022年7月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

何ていうか…全く笑えないホラーコメディ…。
先ず、地軸のズレでなんで死者が蘇って来たのか良くわからん(笑)。
ラジオやTVにノイズが走って、怪しげな雰囲気から始まるのは良いけど、オープニングの ビル・マーレイとのやり取りの中でのアダム・ドライバーのセリフも、“これから始まる事は全部祭りだよ?!”的なメタ発言…解ったけど…そう言うのって私的には かなりハードル上がる訳で…楽しいんだよね?って感じでした(笑)。
でも実際は、ちょっとツボにはハマらなかったかなぁ…。
小ネタを挟んできてるのは解ってるけど、笑う所までは行かなかった。

ティルダ・スウィントンの立ち位置も 私的には意味不明って感じ。
彼女もボトックスの打ち過ぎか、ずっと(過去作観ても)強張った顔してて、余り好きじゃない。
UFOのシーンも、全く刺さらなかったかな。
ちょっとこの世界観…私には全く合わなかったの一言に尽きる…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
m@yu-chan-nel

4.0低評価をしたくなるのもわかる

tomoさん
2022年7月21日
PCから投稿

ゾンビ映画としては0点。ただ、ジム・ジャームッシュ映画としてはとても良かった。
何がいいか説明しづらいけれど、良い。
ゆったりとした雰囲気、シュール・ゆるいギャグ。
パターソンを見てハマった人はこの映画も好きになるかもしれない。
ただ、面白いゾンビ映画、ジム・ジャームッシュ初心者は見たい方がいいかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tomo

2.5火葬の日本には馴染めない。それがゾンビ映画。

2022年6月1日
PCから投稿

「死者は死なない」
誰が死者で、誰が死なないんでしょう。
それを深読みする。自分なりに深読みする。
そんな映画です。

学生のころ、ジムジャームッシュと言えばオシャレ映画の
カリスマでしたよ。どのようにオシャレかというと、
映画が面白いか、内容を理解できるか、世界観を共有できるか。
そんなことは関係ない!
大事なのは”ジムジャームッシュを見たか、見ていないかだ”
というようなオシャレです。

つまり、この映画は
ゾンビ映画として面白いか、
ジムジャームッシュ映画としてどうなのか、
これまでのジム作品をどれくら観たのか、
ストーリーはどうか、演技はどうか、俳優はどうか、
そんなことは関係ない!
のだ。

この世の中(リアル)で
誰が「死者」で、誰が「死ぬ」のか。
物質の消費と快楽に溺れる大衆が「死者」で、
自己を追求した自分が「死ぬ」のか。
形のない仮想現実を彷徨う群衆が「死者」で、
地に足を付けた自分が「死ぬ」のか。
権力に支配された愚民が「死者」で、
真実を探求する自分が「死ぬ」のか。

それとも、無意味な価値観に迎合した自分が「死者」で
自己の感情に正直な自分が「生きのこる」のか。
UFO(メタ世界)にムーンショットされるティルダスウィントンガ「生きのこり」、
ゾンビと戦い(リアル世界)抗おうとするビルとアダムは「死ぬ」しかないのか。

そんな映画でした。

あ、ゾンビ映画としての評価?
★0.5点でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
にゃろめ

1.0名優たちの無駄遣い

so whatさん
2022年5月10日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

監督が「アメリカの現状、トランプ支持者、物欲に支配された資本主義社会、消費社会」に対して異を唱えたいのは分かります。分かりますが、本作は正直つまらない。アメリカの未来よりも監督の未来のほうが心配になりました。

 なんの新鮮味もアイディアもない、手垢にまみれた、全くやる気のない脚本。カウンターカルチャーとフィクションの敗北であり、名優たちの無駄遣いです。俗物キャラ達の魅力も薄い。創造性の欠如した、もはや垂れ流しのうんこ。「のどかな田舎町」「とぼけた味わい」「気まずさのユーモア」「オフビート•コメディ」…もうこんな使い古されたテイストにも飽き飽き。登場人物が映画のテーマソングや脚本に直接言及する脱構築的会話もげんなり。

監督は社会の現状に絶望しているのかも知れないが、映画に手を抜く言い訳にはならないと思います!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
so what

3.5ティルダ様が異彩放ち過ぎで(草 葬儀屋で日本刀持ちで正体は宇宙人で...

2022年3月8日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

楽しい

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
UPtwHmNNLjBjFuAF

他の人々と違うものを観たようだ

M.Sakaiさん
2022年3月1日
スマートフォンから投稿

商業作品として最低限の質すらも満たしていない。(同監督のパターソンも同様)
基本的には洋画の方が面白いと思っていた僕の概念を根本から覆した。人生で一番ひどいと思った映画。
こんな監督が人様から金を頂くプロとして通用してしまうなんて、もっと才能ある者に椅子を譲ってほしいし、何のコネがあったらこれでプロを名乗れるんだと本気で疑問で怒りすら湧いた。
自己満、つまらんお遊び、内輪ネタのオンパレード。
その辺の専門学生に撮らせた方がマシ。一般人が趣味で撮ったならいい。問題はこの映画に多くの人や金や有名人が動いて、そしてこれは観客から金をもらって上映する商業作品ということだ。
映画監督になりたくてもなれなかった人々に、謝れ超謝れ。どんな人に書かせたって、ジム・ジャームッシュよりはまともなものを書くだろう。
以降嫌いな映画と監督に必ず同作品とジム・ジャームッシュを挙げるほどになった。
怒りのあまりレビューを書く気すら起きなかったが、別の作品(同作品とかすりもしない邦画)のレビューにて、まさに僕がこの作品へ抱く怒りが多々見受けられたので見に来た。

狐につままれたとはまさにこのこと。
見方や好き嫌いはそれぞれと言えども、限度がある。確実に僕は、他の人々と違う作品を観たようだ。

もしかしたらジム・ジャームッシュは、他の人の前ではきちんとプロとしての仕事をこなしているのかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
M.Sakai

3.5なんだこれ?こんなにそこそこ面白い映画だったっけ?

2022年2月16日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
野球十兵衛

3.0火葬で島国の日本は助かるかもしれない

2022年1月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

寝られる

今時なんて捻りのないゾンビ映画なんだ!
ゾンビオタクが出てこなけりゃ50年前に作られたと言われても信じるわ
冒頭からアダムドライバーがちょくちょくメタ発言入れてくるのも???だし
ゾンビ映画と物質主義、資本主義的なものを重ねてくさすてのはなるほど、と思ったけどそれで映画が面白くなるかといえば、うーん、、
でもアダムドライバーもビルマーレイも良かったのでオマケで星3つ、とくにティルダスウィントンのゼルダよかったねージョジョ4部の自称金星人役できそう
キャストは豪華だからメリハリのあるストーリーならもっと面白くなったような気がする

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
バスト・ラー

2.5だって、台本に書いてあったから

2021年12月23日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

久しぶりのゾンビコメディ(*゚▽゚*)時間がゆったりと流れいくようにゾンビが現れても出演者の皆さんはまるで悲鳴も上げずに手馴れいるかのようにゾンビを狩っていくスタンスです(苦笑)何よりもキャラそれぞれが今作品へのメタ発言が面白かな(*´ω`*)中盤になると『これからがホラー映画でいう事件が始まる頃だね~』と堂々と言うんかい(笑)んで、日本の文化を明らかに間違った解釈をしている監察医の人……その見事な刀さばきでゾンビ退治するから味方としては頼もしいけど……明らかに黒幕臭いんだけど気のせい(´-ω-`)?終盤になってアレが現れた時……俺はもう考えることはやめたぜ(´▽`)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ひでじぃ

2.5ゾンビ対策にはぜひ小回りのきく車を

2021年11月14日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Masa_king01

3.0めっちゃ面白いw

2021年10月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

なんでゾンビ映画って人気あるのかな
学生は必ずちゃちなゾンビ映画撮るよね
嫌いじゃないwww
けど見たくないジャンルだわ〜
アダムドライバーをいつまでも見ていたいだけ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
mamagamasako

3.0脱力ゾンビ映画

sannemusaさん
2021年9月28日
iPhoneアプリから投稿

さすがジムジャームッシュというべきか、ゾンビ映画のくせにユルふわで全然怖くなかった。。笑
ある意味ゾンビ映画の新境地を切り開いたともいえるか か。。

のどかなカントリーミュージックが絶妙にマッチしてた。

ジョージロメロのオマージュだったり、ゴーストバスターズ感あったり、キルビルだったり、俳優もめちゃくちゃ豪華だし、ニヤリとするシーンもいっぱいあったけど、ちょっと物足りない感じだったかなー

ゾンビたちのセリフは皮肉が効きつつもキュートでよかった。
生きてる時の記憶をかすかに残しつつ蘇った愛しきゾンビたちと、クセの強い隣人たちとの愛しき日常を描きたかったのかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
sannemusa

5.0ジムジャームッシュの世界に、ニヤニヤはまる!

redirさん
2021年9月13日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
redir

2.5とりあえずシュール

2021年9月9日
iPhoneアプリから投稿

とりあえずゆっくりと物語は進むが、
シュールな要素が盛りだくさん。
好き嫌いが分かれるかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
たかひろ

1.5コメディだったんかい!

aaaaaaaaさん
2021年9月1日
PCから投稿

俳優豪華なのとゾンビ物に惹かれ視聴。ラストのワンシーンにビックリしました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
aaaaaaaa

2.5ゾンビが

REpowerさん
2021年8月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
REpower
「デッド・ドント・ダイ」の作品トップへ