劇場公開日 2020年

  • 予告編を見る

デッド・ドント・ダイのレビュー・感想・評価

3.314
14%
44%
28%
14%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全14件を表示

4.0いろんなオマージュ

ワンコさん
2020年4月2日
iPhoneアプリから投稿

これほどゆる〜いゾンビ映画も珍しい。

確かに、批判もあると思うけど、ハイテクの革新が続く映画業界にあって、ジム・ジャームッシュの想いが込められたオマージュ作品なんだと思う。

以下、参考になるかもしれないけど、結構ネタバレあります。









ジョージ・A・ロメロは言うまでもない。

ゾンビは夜にまたぞろ、墓下から湧いて出てくるのだ。

このパターンは久々に見た気がする。

それに、このゾンビ達は、最近のゾンビと違って、走らない。

フロドに、自作のノスフェラトゥのシャツ。

若者とクラッシックなアメ車はアメリカングラフィティ風(かも)。今時の女子は、あんなTシャツは着ない。

クリフ(ビル・マーレイ)はゴースト・バスターズを思わせるような動きだし、ロニー(アダム・ドライバー)はミレニアム・ファルコンのキーホルダーを持ち…、あっ、でも、これはコンビでやっぱりゴースト・バスターズを意識してるのかとかとか。

ティルダはまさにキルビル風で、日本刀でゾンビをバッサバッサと斬りまくる。

おまけに、UFOは未知との遭遇か。

俳優人も、ジム・ジャームッシュのだけじゃなく、僕達の好きな作品を飾った面々だし、それに、なんと言っても、コーヒーゾンビがイギー・ポップで、瞬きしないで確認もしてみた。

地球の軸が傾いたってのも、実はまだ何かにヒントがあったのかもしれない。

そんなことをグルグル考えながら観てるとあっというまにエンディングのバトルシーンになって…。

人は一度死んでゾンビになっても生前の…(いや、生き返ったら死んでないのか?)好きだったことを忘れてないって演出は、なんかジム・ジャームッシュらしくて笑っちゃう。

良い思い出とだけ生きていけるのだったら、きっと幸せに違いない。

会話も楽しい。

そして、もし何か教訓を…無理やり考えるなら、今のコロナ禍にあって特に、ゾンビの切り口から吹き出る灰のようなサラサラは、ご遺体は火葬にしなくちゃなんないよってことを示唆してるのかもしれない(相当なこじつけ)。

スカスカの劇場にあっても、笑い声が絶えず、けっこう楽しめました。

コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ワンコ

4.5"Samuel Michael Fuller"

2020年4月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

興奮

現代を舞台に特殊メイクなどSF的な描写がリアルな割に基本、古典的なゾンビ映画をシュールにオフビートな笑いで包む、相変わらずなジャームッシュ節を披露した期待通りでもある反面、掴み所のない本作!?

"ゾンビ"ってジャンル映画を、一向に物語が進まない序盤からトボけた表情のビル・マーレイは「ゾンビランド」では本人役?でゾンビになっちゃうし、アダム・ドライバーは終始冷静で「スター・ウォーズ」ネタで笑わせたり、森の住人で毛むくじゃらなトム・ウェイツは可愛さのない"ウィケット"みたいだし、いよいよ登場のイギー・ポップは「コーヒー&シガレッツ」まんまな姿のゾンビみたいで、「ストレンジャー・ザン・パラダイス」のあの娘が!?ってなサプライズも。

他のキャスト陣も含めたジャームッシュ同窓会的でもある中、ダニー・グローヴァーは「さらば愛しきアウトロー」でもT・ウェイツと、生きていたらアントン・イェルチンだった気もするケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、セレーナ・ゴメスの無駄遣いとあのイケメンはプレスリー役を演る奴かぁ。

ダイナーで起こった最初の現場を三人それぞれが見るシーン、御丁寧に三度しっかり描写する訳で、観ているコッチが飽きもせず笑いがジワジワと込み上がり。

起きているのだけれど何も起きていない、劇的な展開は排除され、テンションが変わらない物語から突拍子も付かない方向性へ、ティム・バートンの「マーズ・アタック!」的に火星人襲来か?ホドロフスキーの「ホーリー・マウンテン」が如きオチが待っているのか!??

物語の展開よりもジャームッシュが仕掛ける演出描写にハラハラ、ドキドキしながら鑑賞後はやっぱり好きだなぁ、ジャームッシュがぁ、と。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
万年 東一

3.5"This is all gonna end badly." まず...

よしさん
2020年4月1日
Androidアプリから投稿

"This is all gonna end badly." まずい結末になる? ロメロ流元祖ゾンビ映画 & ジャームッシュ流オフビートな笑い。世紀のムダ遣いをゆるりと堪能しよう! --- "ムダ"とも取れそうなやり取りは多いし、もっと編集でいくらでも摘めそうだけど、そうした一種の不毛さがファンからするとコレコレと言いたくなるようなクスクスと笑える独特なテンポを生み出している。やっぱり間(ま)が絶妙。それをモノすごい面子でしちゃうからより一層最高、みんな肩の力抜けて余暇モード。そう、去年から今年トップレベルに見たかったジャームッシュ組(旧友/常連)超豪華キャスト大集結な新作を遂に見た! 正直、彼の素晴らしいフィルモグラフィーにおいてベストな作品ではないけど普通に楽しめるしクセになる、ハマる人はハマりそう。主人公に当たるセンターヴィル警察のメガネ3人組はじめ適材適所で、例えば高身長なアダム・ドライバーが乗る小さなスマートカーのミスマッチさに容赦ないスターウォーズ・ネタとレン君ばりのナタさばき。そして相変わらず最高に変なティルダ・スウィントンの役名はゼルダ・ウィンストンという酷似っぷり、というかラストネームはアナグラム。そしてジャームッシュもまた自身すらメタにしてしまう一種の保険をかける反則技。たまに身内ネタすれすれなのだけど、それもまたいい味。日本語の意味合いで言ういわゆるシュール路線で、ヒップスターも肩透かし? ヤック!
"A REAL NICE PLACE" 頭を殺れ --- 台本を読んだ。 "キャラクター" なんて有って無いようなもの! 本作をオフビートと形容したけど、ローファイな感じではなく、インディーっぽさはあるものも、彼の作品にしては珍しいコテコテVFXも堪能。キャラクター自体はなんら本筋に関わらなければ印象にも残らない(←こんなヤツばっかり! ex. RZA)けどセレーナ・ゴメス演じる若者たちのロメロはじめゾンビ映画お馴染みのいかにも殺られそうな存在感や、ガソリンスタンド&雑貨店営むフロドことボビーのキャラ設定など、オタク心もくすぐってくれる。趣味がこうじて製作したように、ゾンビものというジャンルの彼らしく味付けできる部分と、何でもかんでもアップデートすれば良いというわけじゃないという部分を映画ファン&映画人として心得ているみたい。語弊を恐れずに言えばとんでもない無駄遣いだけど、それが愛しい。個人的にはビル・マーレイとアダム・ドライバーが大好きなので、冒頭からこの二人のかわいらしいやり取りに並んだ画が見られるだけで結構ひいき目に満足でもある。これはね嫌いになれないやつだ、ゾンビ映画に込められた実社会へのメタファー・アンチテーゼをそのまま盟友トム・ウェイツに意識的かつ露骨に語らせちゃう最後までメチャクチャ自由。エンドロール始まったときの置いてかれっぷりよ。オエッ!

WELCOME TO
CENTERVILLE
"A REAL NICE PLACE"
"This is all gonna end badly."
"Yuck!!" オエッ! "Wild animals? Several wild animals?"
"Kill the head." 頭を殺れ
台本を読んだ

今年有料鑑賞26本目

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
よし

3.0ジャームッシュ・ラブズ・ロメロゾンビ

2020年4月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
りゃんひさ

4.0まずい結末になる。

ryota27さん
2020年4月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

皮肉にもこのご時世そのまんまの映画になっちゃった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ryota27

2.0うーん(+_+)

minbukoさん
2020年4月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

最後がそんな感じなのね。
と、少し後味が悪かった。

今の世界に起こっている、ウィルスとリンクしてしまったのは私だけでしょうか。

もっと、コメディなのかと思ったのですが、笑えるシーンがまったくなかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
minbuko

2.5全く大したことないけど意外とバランスよし

y.summerさん
2020年3月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

単純

寝られる

予告見てもっと楽しめるゾンビコメディだと思って鑑賞したので期待はずれ。
前半の立ち上げに本編の1/4もかかるので、ここを寝ずに乗り切るのが苦労した。

ただ、見終わったらまあいいか、という感じ。
物質主義悪みたいなのは全くカタルシスないけど。おもしろいくらい首が斬殺され、「キル・ザ・ヘッド」ってその度言うのは笑えた!

ライトセーバーと同様にナタの方が扱いもお上手。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
y.summer

2.5悪趣味

2020年3月28日
iPhoneアプリから投稿

予告やポスターには「ゾンビコメディ」とセールスされているが、正直コメディにすらなってない。
基本は過去ゾンビ映画のオマージュ・パロディ・パスティーシュ。
メタ構造を「あえて下手に」入れたりして、完全に「ゾンビ映画ってこうだよね」って、嫌味や当てつけレベルに茶化す意図すら感じる、悪趣味でやけっぱちな展開でした。
ところどころにスターウォーズネタがぶち込んであるし。

同じ監督と主演コンビだった『パターソン』みたいに、「飄々と変わらない毎日から、何か【ちょっとしたこと】で変わる」雰囲気はあったんだけど……
あまりに日常描写が長いわ、たるいわ。
【ちょっとしたこと】が、「ゾンビが生まれた」な、『パターソン』とも言えるけど。
なんでコレ撮ったんだろう?
意味不明。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
コージィ日本犬

2.0そうだね。さっき流れてたね。

Bacchusさん
2020年3月27日
Androidアプリから投稿

笑える

単純

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Bacchus

4.0なんか独特なゾンビもの。

peanutsさん
2020年3月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

ゾンビ、ネタがつきないなー。しかし、よくぞここまで豪華メンバーで作れたこと。みな、楽しい。
オーソドックスなゾンビものだけど心地よいゆったりな展開。真面目な顔してすっとぼけた会話してるのが笑える。コネタ満載だし。
中でもティルダが面白い。グロシーンもしっかり見せてくれます。ビックリ落ちもあって不思議なゾンビものでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
peanuts

1.5シュールなコメディ作品

KZKさん
2020年3月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 34 件)
KZK

3.5ヤケクソor開き直り気味なラストに驚愕の、やっぱりジャームッシュな映画

regencyさん
2020年3月11日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
regency

3.5キャリアイニシエーション

t2law0131さん
2020年3月6日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

映画作家として<ゾンビ>ものもコミットしたよ。という自己確認、アリバイ、キャリアイニシエーション。まあヴァンパイアもモノにしているしね。でも、ジャームッシュのインディなポジションには似合わない気がする。「パターソン」のほうが似合っている気がする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
t2law0131

2.0Was it a wild animal? Or several wild animals?

2019年10月3日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
Naaki
「デッド・ドント・ダイ」の作品トップへ