劇場公開日 2020年6月5日

  • 予告編を見る

デッド・ドント・ダイのレビュー・感想・評価

3.0170
8%
35%
40%
11%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全170件中、1~20件目を表示

3.0車がカッコいい

2021年4月24日
iPhoneアプリから投稿

クリーブランドからきた都会の若者が乗ってきてたのがビンテージのポンティアック・ルマン
警官たちも褒めまくり
トム・ウェイツの森の賢人がちょっと良いこと言ったりするけど、真面目に評論するような映画ではないですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Imitations guitar

2.5ジャームッシュのゾンビ映画

2021年4月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ジム・ジャームッシュ監督の楽屋落ち込みのゾンビ映画で、ビル・マーレイとアダム・ドライヴァーが主人公。
地球に何かが起きて死人がよみがえる、というオーソドックスな設定で、日本刀を振り回すティルダ・スウィントンがユニーク。
ビル・マーレイは全部の脚本をもらっていない、と作品中でぼやいていた。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

2.5うーんニヤニヤ観るべきなのだろうが。

なおさん
2021年4月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

劇場で観たかったがコロナで断念していたので、やっと鑑賞できたがなんかお腹いっぱい。
序盤で「ん?」と思ったとこがそうだったのね。そのネタ嫌いではないが。ちょいちょい笑わせにきてて、イギーさんのまあ楽しそうなこと。風刺というか全てお笑いネタというか悪ふざけに見えちゃう。真面目に観たらダメかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なお

4.0映画好きのためのゾンビコメディ

BAININさん
2021年3月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

腹を抱えて笑えないが、10分に一度はクスリと笑えるゾンビコメディ。
出演者が豪華!なのに物語は適度なユルさ。
妙に日本びいきなシーンや、オマージュみたいな台詞もちりばめられていてウケる。
「怖いから置いてかないで」みたいな台詞があるが、あまり恐怖感がわかないです。

印象的だったのはキーホルダー

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
BAININ

4.5たまにこういうの撮りたくなるのかな?すげー俳優が集ってるのが笑える。

2021年3月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

たまにこういうの撮りたくなるのかな?すげー俳優が集ってるのが笑える。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まるぼに

3.5全力疾走ゾンビはいない

胃袋さん
2021年3月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

死体や、ゾンビが食べたり、やられたりしているシーンに愛を感じるので、個人的にこのゾンビはゾンビとしてOK判定。だけど「腹から食いにいくゾンビ・・・?」とか、プロのゾンビ映画ハンターが認めるレベルなのかは定かでない。あたくし全力疾走型が苦手なので、この位で丁度いいです。イギー・ポップ楽しそうだし。
あと、ジャームッシュ節が嫌いな人には、やっぱ勧められない。相変わらず。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
胃袋

5.0愛すべきハートウォーミング・ムービー

2021年2月24日
Androidアプリから投稿

基本的にホラーはほとんど観ません。…が、これほどほのぼのとしたゾンビ映画は今まで観たことがない。さすが監督ジム・ジャームッシュって感じの映画と映像美。まるでデイヴィッド・リンチの「ツイン・ピークス」を観ている気分になりました。

アメリカの田舎町。どこにでもありそうなダイナー。人の良さそうな偏見に満ちた人々。その土地で生きて行く決意をした若者。

たまらなく、いい意味でくだらない楽しい映画です。終盤UFOが出て来て、あまりのバカバカしさに最後の烙印を押され大好きな映画になりました。

コーヒー好きの殺されないイギー・ポップ・ゾンビ。トム・ウェイツのそれほど重要でもない配役。なぜかゾンビをあまり怖がらない人たち…。などなど見所満載の「ホッ」とした気分にさせられる不思議な映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
The Springfield

2.5不条理系シュールコメディ?

shotgunさん
2021年1月25日
iPhoneアプリから投稿

田舎町の保安官のクリフとロニーは町で起きる小動物の失踪事件を調べる内に大きな異変に巻き込まれることになり…。
アダム・ドライバー目的で鑑賞。不条理系シュールコメディな作品で常にギャグなのか真面目なのか分からない雰囲気なので個人的には余りハマらなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shotgun

4.0クール!

2021年1月4日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ドラッグでいうとダウン系だな。悪夢に酔うという感じで良かった。
日常と非日常に大きな落差がついていないのは、現実世界をシニカルに捉えるジャームッシュならではの仕掛けだな。生者と死者の差ってなんだよ?みたいな。振り切ったバカバカしさも最近の映画では見ない。
感覚やセンスで捉えるしかない、こういうのが映画だよって言いたくなるクールさ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ドラゴンミズホ

5.0豪華なセレブが我先にと壮絶な死を遂げる!独特すぎるテンポのド田舎版『マーズ・アタック!』

よねさん
2020年12月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

舞台はアメリカのどこにでもありそうな田舎町センターヴィル。警察署長のロバートソンとピーターソン巡査は大した事件も起きない平和な町をのんびり巡回して回る毎日を送っていたが、町外れのダイナーで変死体が発見され小さな町は大騒ぎに。そんな町に奇妙な風体の葬儀屋ゼルダが現れて・・・からのやけにのんびりしたゾンビコメディ。

世間的には『ストレンジャー・ザン・パラダイス』や『ダウン・バイ・ロウ』等で一世風靡したジム・ジャームッシュ監督作ですが、個人的にはこれが初鑑賞。当時の喧騒をガン無視していたのが祟って監督の作家性については何ひとつ知らないのですが、ゾンビコメディではデフォルトともいえる畳み掛けるようなテンポ感はどこにもなく、悪く言えばダラダラした独特のリズム感は正直個人的にはさっぱりハマりませんでした。しかし、スティーブ・ブシェミ、トム・ウェイツ、イギー・ポップといったいかにもイーストコースト系だけでなく、セレーナ・ゴメスやダニー・グローバーといったセレブ達が揃いも揃ってユルユルにリラックスした演技を披露する様は妙に豪華でほっこりします。そして何よりメインキャストのビル・マーレイ、アダム・ドライバー、ティルダ・スウィンソンの怪演が凄まじ過ぎてその他大勢のゾンビの皆さんはすっかり霞んでしまい、豪華なセレブが我先にと豪快に死んでいくド田舎版『マーズ・アタック!』みたいなテイストになっていて、結果的に満足できました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よね

3.0ゾンビのしわざ

津次郎さん
2020年12月14日
PCから投稿

5ちゃん風に言うと俺にはわかるマンがわきそうな映画。
わたしは俺にはわかると思っている勘違いマンなのでざっくり概説したい。ネタバレ有り。

オフビートのコメディとは、わかりやすく言えば、斉木楠雄のΨ難のようなやつだと思う。

ジャームッシュは、オフビートをあつかってきた作家で、うまく言えないが、ダウンしているテンション──はっちゃけたり盛り上がってしまわない抑揚のままで、コメディおよびペーソスを体現してきた映画監督──と認識している。

したがってジャームッシュがわかんないひとには、ジャームッシュは、ぜんぜんオチない斉木楠雄のΨ難のように見えているのではないか──と思われる。

これは説明を目的とした参考であって、言うまでもないけど斉木楠雄とジャームッシュは別物である。

この映画のばあい、ジムジャームッシュわかりますフィルターにプラスして、ゾンビ映画の素地もひつようだ。

アイロニーとパロディだらけで、なにげに高いリテラシーをようきゅうしている映画だと思った。

リテラシーとは文明の享受進度のことだ。いうなればカニとカニカマのちがいを察知できる舌のこと──と言っていい。わかんないけど。

リテラシーは教養の一種だが、ジムジャームッシュわかりますフィルターは感性の一種である。

なにげにそれらを同時にようきゅうしている。わけである。なんてね。

わたしはいやなやつなので、映画を見る前に、海外サイトの評価を参照する。
そしたら、この映画ははじめてコケていたジャームッシュの映画だった。

むしろきょうみをそそられた。

映画は、なんらかのパロディかアイロニーがありそうな感じで進行していく。
ロメロへのトリビュートは確かだが、あとはよくわからない。

ティルダスウィントンの「ゼルダ」は金の仏像をすうはいしていて、柔道着に黒帯してて、刀をふって阿弥陀仏とか言っちゃう、むちゃくちゃな日本テイストが、タランティーノにも見えるが、なんなのかわかんない。

全米の人気アイコンであるゴメスが首をちょんぎられるのはヒロインが生き延びるゾンビ映画にたいするアイロニーであろうと思うが、真意はわかんなくても、それが笑えるならば「俺にはわかる」でいいんじゃなかろうか。

たとえばアダムドライバーがまっかなSmartのコンバーチブルに乗ってるだけで、笑いがこみ上げてきたし、さいしょの犠牲者のあと、マーレイのセリフ。「それじゃ。こいつはナニか。ゾンビのしわざか」って言うのは、本気で笑った。

ところがである。中途まで、いいかんじのジャームッシュなんだけれど、ジャームッシュのパロディ精神が旺盛すぎて、しまいにはアダムドライバーに台本を読んだ──と言わせてしまう。

これは映画ですよ、わたしたちは配役を演じてるにすぎないんですよ──と告白させてしまうのは、いくらパロディにしたって、アウトなんじゃなかろうか。そんな映画はじめて見たんだが、いいんだろうか。

そこから、UFOが飛来して、ゾンビをたおしまくって、なんか落としどころが解らないままおわる。たしかにコケていると思うが「俺にはわかる」わたしとしては楽しかった。うそじゃないです。「俺にはわかる虚勢」はってるわけじゃないんです。ほんとにたのしかったんです。

たぶん、想像だけど、ビルマーレイがいてトムウェイツ、ダニーグローヴァー、スティーヴブシェミもいて、キャロルキングとかイギーポップなんてひとまでいて、なんかそういう古馴染みとしごとしててジャームッシュがたのしくなっちゃったんだと思う。

そこへプラスしてMaya DelmontもSelena Gomezもたのしいし、こどもたちもばっちりゾンビメイクしてゾンビ歩きするし、ほかにもたくさんの仲間たちがカメオロールでゾンビやってくれるし、現場がたのしい雰囲気で満たされてしまったのは、たぶん間違いないので、さいごは、まあいっかという感じだったんじゃなかろうか。なんて思った。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

2.0ロメロゾンビってだけ

2020年12月3日
iPhoneアプリから投稿

かなりロメロをリスペクトしてるようなゾンビ、、
だけど、変にブラックなコメディにしたせいで緩い緊張感のないゾンビ物になってしまった。
コメディ要素もあまり面白くないし。メタ要素いれたり映画ファンにもニヤリとさせられる演出を意識してるんだろうけど狙いすぎててニヤリともできない。
UFOがでてくるのもなんだか。
確かにティルダスウィントンは人間離れしてるが。
自分には合わないゾンビ映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
まあ映画好

1.0何一つ分からなかった

2020年11月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

何が面白いのかさっぱり。
ジャームッシュの脚本にもがっかり。
面白いって言う人に隣にいてもらって
解説してもらわないと何がなんだか分からなかった、

緩い終末自体には魅力があるけど、
それにしても何もなかった。
緩さの中に面白さが見出せなかったし、
ゾンビ映画にしても
これほどつまらない物は見たことがない。
「パターソン」が去年のベスト3くらいに好きだった
だけにとてもガッカリした。

快晴して欲しいと言ったけど、
特に自分から解説やら誰かの考察を聞く気にもなれない
残念な作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
奥嶋ひろまさ

1.0コメディー

どんさん
2020年11月17日
iPhoneアプリから投稿

キャストが豪華なのに、なぜ?
やりたい放題乃結果なのか?なんなのかわからないけど、コメディーとして観たら割と面白かった。
ゾンビって、なんでもあり感あるから、あんめり好きじゃないけど、久々のゾンビものだったから、割と楽しめたのかも。おすすめはしないなー。笑

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
どん

2.5シニカル不足

もももさん
2020年11月9日
iPhoneアプリから投稿

期待してたのはどんどんゾンビが出てきて冷静にテンポ良くバタバタしていくコメディだったのだが、全然違った。
あまり多くのゾンビ映画を見ているわけではないので私自身の知識不足もあったのかもしれない。
たぶん何かのオマージュっぽい…と感じるシーンはいくつかあって、ガソリンスタンドの店主ほど全部見た!と言えるくらいなら楽しめたのかも。

最後のシーンはあくまで憶測だが、世の中の何かに縋って欲求の狂気の中にいる現代人をゾンビに比喩しているのだと思う。
警官二人が正義とまではいかなくとも、それっぽいのが飲み込まれていってしまう(?)
にしても、中途半端すぎて深読み感がすごい。
誰もBluetooth自体は探さないでしょうよ…Wi-fiはわかるけどさ…

悪い結末になるって言ってるアダム・ドライバーが台本読んだからねっていうメタ発言は、嫌いではないし、そういう映画ね。という気持ちで見れたとしても、宇宙人も少年院の子達?もよくわからんです。白鯨を出したり「ashes to ash,〜」とよく聞く神のお言葉を出したり、深く見せたかったんでしょう。

やるならもっとシニカルにしてほしかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ももも

4.0シニカルと愛に満ちたパーフェクトワールド

2020年11月9日
Androidアプリから投稿

コロナ自粛ムード真っ盛りの6月頭公開で、しかもゾンビ(感染)もの。休みに田舎から都内へ出るのに二の足踏んでたら、すぐに打ち切りで見そびれた作品😅
世間の映画評価は☆2つ、3つだらけで中には☆1つなんてのも。僕は最初から最後までクスクス笑いっぱなしで凄くエンターテイメント満喫。インスピレーションも満載でこれでこそ映画です😁
ジムも間違いなくトランプが大嫌いだったんだろうね、環境政策に対して皮肉たっぷりのゾンビコメディを自分の一家総動員で撮るなんて(笑)最高じゃないか!✴️(*^▽^*)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あさちゃん

3.0薄味ゾンビ

カメさん
2020年11月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:3.0
これはどんな角度で見ても中途半端な出来な気がするぞ。センスとお馬鹿っぷりを期待したが、肩透かしな上に、会話が多く前半はゾンビもほとんど出なく眠たくなる。後半はゾンビが出ても眠たくなる。音楽も映像もカッコ良くなく、映像がウリのジム・ジャームッシュらしさが薄い。絵になるいい役者ばかりなのに勿体ない。
この薄味の演出と映像では、やり尽くされたゾンビ映画では、もはや味はしない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
カメ

3.0ユルいと思って見たら、ジャームッシュ・ゾンビが噛み付く!

近大さん
2020年11月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
近大

2.5舞台は「ナイト・オブ・リビング・デッド」でテーマは「ゾンビ」で

2020年11月2日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ジム・ジャームッシュ初のゾンビものということで、公開前は結構盛り上がってた記憶があるけど、公開後の反響はあまり聞こえてこなかった本作。
Amazonビデオでレンタルが始まったので観てみたら、その理由が分かったw
舞台が田舎町や墓場なのはロメロの「ナイト・オブ・リビング・デッド」を連想するし、ラストでトム・ウェイツが全部セリフで解説してくれるテーマはロメロの「ゾンビ」と同じ。
それをジャームッシュ作品常連の豪華キャストと、オフビートな掛け合いでユーモアたっぷりに描く――っていうオシャレゾンビ映画なわけだけど、ただエピソードの断片を乱暴に繋ぎ合わせて最後は投げっぱなしの駄作とも見えるし、好意的に深読みすれば消費社会に溺れた人類というテーマに世界や個人の分断という今どきな社会問題を付け加えた、ある意味でロメロ版「ゾンビ」のアップデート版と取れなくもないっていう。
ただ、監督がジム・ジャームッシュでなければ、ただの「悪ふざけB級ゾンビ映画」と切り捨てられちゃうだろうと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
青空ぷらす

3.5らしいと言えばらしい、らしくないと言えばらしくない

2020年10月25日
PCから投稿

ジャームッシュらしいといえば、らしい。
らしくないといえば、らしくない。
WiFi、
Bluetooth、
充分に楽しめるジャームッシュワールドだったが、
ティルダ・ウィンストンだけは、
もうちょっとやり方がなかったか。

イギー・ポップ、セレーナ・ゴメス、
あらゆる映画、やりたい放題!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
蛇足軒瞬平太
「デッド・ドント・ダイ」の作品トップへ