ライフ・イットセルフ 未来に続く物語

劇場公開日

ライフ・イットセルフ 未来に続く物語
34%
46%
12%
7%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

大ヒットテレビシリーズ「THIS IS US 36歳、これから」の企画・脚本・製作総指揮を担当したダン・フォーゲルマンが監督・脚本を手がけ、ボブ・ディランの数々の名曲に乗せて描くヒューマンドラマ。「スター・ウォーズ」シリーズのオスカー・アイザック、「her 世界でひとつの彼女」のオリビア・ワイルド、「マスク・オブ・ゾロ」のアントニオ・バンデラス、「20センチュリー・ウーマン」のアネット・ベニングが共演し、ある1つの事故をきっかけに数奇な運命に翻弄されていく2つの家族を描く。現代のニューヨーク。大恋愛の末に結ばれたウィルとアビーは、第一子の誕生を目前に控え幸福の絶頂にいた。そんなある日、彼らは想像を絶する事故に遭遇する。ニューヨークを旅行中にその悲惨な事故の顛末に深く関わってしまった幼い少年は、海を越えたスペインの大地で、両親と父の雇い主であるオリーブ園のオーナーをドラマティックな人生へと導いていく。

2018年製作/117分/PG12/アメリカ
原題:Life Itself
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2018 FULL CIRCLE PRODUCTIONS, LLC, NOSTROMO PICTURES, S.L. and LIFE ITSELF AIE. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

3.5壮大なストーリー。楽しめる。

CBさん
2020年6月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

下高井戸シネマを初めて訪れた。いい感じ。ずっと頑張ってほしい映画館。

ウィルとアビーのカップルに訪れた悲劇。そこに偶然居合わせた少年ロドリゴと彼の父ハピエル、母のイザベル、雇い主のサクシオーネの物語。それらが4章にわたって次々と語られ、もうひとりの登場人物が語る第5章で完結する物語。

冒頭の章でアビー(女性)が卒業論文に選んだ内容は、「人生は、信頼できない語り手」 というもの。人生は、私たちを屈服させる。悲劇は、私たちを簡単に呑み込んでいく。

ストーリーは、その言葉のまま、健康で朗らかな若者たちの人生に、数々の悲劇が、試練がふりかかってくる。やるせないその流れは、アビーが書いたとおりに、次々と彼らを飲み込んでいく … 。 しかし、最終章で語られる通り、「それでも立ち上がって、物語を、前に進めよう」 というエンディングなので、皆様、楽しみにして観てください。

惜しいのは、最終章である5章が、説明に終始している点だろうか。この章まで含めて、”語らずに伝える” ことができていたら、ほんとうに最高傑作といえる出来だったと思うのだが。
(まあ、「贅沢なことを言うな」 という話でしょうね … )

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
CB

4.0途中からボロボロと涙が、、

HYさん
2020年6月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

幸せ

序盤は
ん?んんん?てな感じがありセリフ長いなーと呟いてしまった

中盤あたりから、無意識に涙が溢れでてくるシーンが多々あり泣ける泣ける、、

見終わった後の自分のハートがとっても温かくなっていました、、

すっごい良い映画。

良すぎて一言であらすじが書けないというか、、一言でどんな映画って言うのも難しい程に温かすぎる映画。

アビーのお腹の子とバスから見ていた少年が、最後らへんに出逢うんだろうなあーとは何となく途中から予想できた。

その予想通りになってくれーて途中から思ってた笑

この映画にたくさん出てる人物の中でベストな一人といえば、、、サチオーネでしょ😭😭
もうなんなのあのオジサン😭😭😭
金持ちなのに欲を出さず良い人すぎる😭
イザベルを愛してるのに略奪とか一ミリも頭にないほんとに支えてくれた人、、、😭😭
なんか私もサチオーネに対して感謝でいっぱいだー😭😭👏👏👏👏

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
HY

4.0曖昧さも素敵

2020年5月26日
iPhoneアプリから投稿

アビーが書いた論文のタイトルや、イザベルがロドリゴに語りかける時のロドリゴの年齢が違っていたり。伝えられるうちに変わっていくこともあるでしょう。記憶も完全ではないでしょう。
でもその曖昧でも愛が伝えられていくことがとても素敵だなって思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
やすやす

2.0ぽかーん

2020年4月30日
iPhoneアプリから投稿

エンディングでなんだかぽかーんと口を開けて見てしまった。
なるほど言いたいことはわかる。
でも薄いんだよなあどうにも
群像劇としても最初の家族、色々衝撃があるのでえ!ってなるがいきなり場面が変わり興味の持続をばっさり断ち切られる。
最後、2人が出会って即場面が変わり、え、その子供が読んでた話!?
いやいや、もう少し出会ったあとのエピソード少しほしいなあ、とにかく嘘くさい出会い
所々涙を誘ってる感じも薄く感じました。

しかし海外って運転中のよそ見からの事故とか横断歩道仁王立ちからのひかれシーン多いけどなんで?

サミュエルに☆2つ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まあ映画好
すべての映画レビューを見る(全52件)