劇場公開日 2019年11月8日

  • 予告編を見る

「ストイックなサバイバル、研ぎ澄まされた脚本と演技」残された者 北の極地 AuVisさんの映画レビュー(感想・評価)

3.629
15%
56%
26%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0ストイックなサバイバル、研ぎ澄まされた脚本と演技

AuVisさん
2019年11月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

興奮

マッツ・ミケルセンには無骨で寡黙な男がよく似合う。北極圏の雪原に飛行機が不時着して一人生き残り、魚を釣って栄養を確保しながら忍耐強く救難信号を発し続ける……こんな主人公をほぼ台詞なしで説得力十分に演じきれるのは、彼以外にそうそういないのではないか。

監督・共同脚本のジョー・ペナは本作で長編映画デビュー。ブラジル出身で、これまでPVやCMを手がけてきたそうだが、初監督作でなぜ北極圏の遭難者の話?と興味深くもある。だが、説明的な要素を徹底的に削り落とし、ミケルセンの表情と身体の動きで雄弁に語る演出は、すでに達人の風格さえ漂う。

観る前は単調な話で退屈するのではと懸念もあったが、良い意味で予想外。サバイバルの描写に見入り、救助ヘリの事故に心を揺さぶられ、後半の脱出の旅を祈るように見守った。ラストシーンの潔さも見事だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
AuVis
「残された者 北の極地」のレビューを書く 「残された者 北の極地」のレビュー一覧へ(全29件)
「残された者 北の極地」の作品トップへ