劇場公開日 2019年7月19日

アポロ11 完全版のレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全15件を表示

4.0知らなかったことがたくさん

yukaさん
2019年9月3日
Androidアプリから投稿

やっぱり、月に行ったのは間違いないって思った🌙

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yuka

5.0やっと

ゆうさん
2019年8月30日
Androidアプリから投稿

見れました 良かった! サターン打上げはまるで爆発のようで、あの位のパワーでないと宇宙へ飛ばすのは無理なんでしょうか ケネディ大統領が月に人類を送る、と宣言してそれから数年で成し遂げた偉業 突貫工事のようだと聞いたことがあるのですが、切り離したりドッキングしたり旋回したりと非常に緻密なルーティン 映像は古さを感じさせず当時の熱狂ぶりも伝わってきて素晴らしかった ただ打ち上げ後 現在なら遠くの衛星等でももっと鮮明かな?とそこはちょっと残念でした。天体に関することって何年か何十年に一度とかなので、すごく感動的だと思いました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ゆう

5.0アメリカって………

赤囲碁さん
2019年8月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

幸せ

やっぱりスゴイ。
感心してしまいました。
敵にまわしたくないです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
赤囲碁

5.0素晴らしい

2019年8月8日
iPhoneアプリから投稿

まるで昨日の出来事かのような映像‼️
小さなスクリーンでしかやってないのが悔しい😠

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
南蛮渡来

3.0発射時の緊張感は鳥肌もの

ちゆうさん
2019年8月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

映像も綺麗で、音もクリア。50年前のものとは思えないほどで素晴らしい記録映画に仕上がってます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちゆう

5.0まさにリアル・・

徹2001さん
2019年8月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

幸せ

アポロの映画・テレビ・著作は結構見てきたけど。新しい発見が随所に。

1)司令船の頭部に装着されている、「脱出ロケット」が意外に大きかった。
2)管制センターのチームは4チームあり、24時間4交代制で管制をおこなっているが、今回の映画では「ホワイト」「ブラック」「グリーン」のチームが管制をおこなっているところが見られる。特に、管制チームがその引き継ぎをおこなっているところを見ることができた。(それぞれのチームが完璧に仕事をこなすことは当たり前だが、途中であっても・どんなに深刻な事態が起こっていても、必ず引き継がなければならない。それはアポロ13号の時も同じであった。)

3)バックアップクルーとして、この後アポロ13号の船長を務めることになる「ジム・ラヴェル」がスーツ姿で写っていた。(当然だが、事故が起こることはまだ知らない)

4)オペレーション棟1階にある、リアルタイムコンピューターセンターのPCを見ることができた。(巨大だった・・それでも、今の一台のスマフォにも多分劣る性能)

5)月着陸船が月面に着陸する寸前のアラーム1202は意外に短かった。よくその時点でアポロ乗組員も・地上でも、判断したな・・(管制チームも分からず、支援している製造部門も分からなかったのに)

6)アームストロングが月着陸直前、操縦を自動から手動に切り替えたのは、とっさの判断。管制センターへの報告は事後であった。

※というわけで、もう1回見に行きたいと思いました、新しい発見を探しに。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
徹2001

4.0月への旅

movieさん
2019年7月29日
Androidアプリから投稿

140.臨場感溢れる素晴らしい編集。「ファースト・マン」が非常に拘りを持った映像であると改めて認識

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
movie

4.0本物に勝るものなし

2019年7月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

人類が初めて月面着陸した1969年7月20日から50年。アメリカ公文書記録管理局とNASAで新たに見つかった未公開映像や音声を下に構成した“超リアル”ドキュメンタリー映画。

ドキュメンタリーなので、事実そのままに映画は進みます。それに、アポロ11号の成功はみんな知っているので、特に驚きはありません。むしろ、周囲の興奮をよそに、宇宙飛行士や管制官たちは、淡々とプロフェッショナルに徹してミッションの成功に邁進する辺りは、感銘を受けます。

でも逆に、淡々と進み過ぎて、うっかりすると意識を失いそうになります(苦笑)

例の、有名なセリフ“That's one small step for a man, one giant leap for mankind.”を聞くことが出来ます。

50年も前の出来事ですが、やっぱり感動しますね。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
勝手な評論家

4.5本物の迫力

もへじさん
2019年7月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

当時の本物の、緊張と興奮と熱狂とその他いろんなものがそのまま映されていて、50年経った今、このクオリティで追体験できるのはすごい。どうなるか知っていても、観ていてとても緊迫する。余計な現代のナレーションとかが無いのが良い。正に映画館で観て良かった。技術力というよりも、これだけの巨大事業を精緻にやり遂げたプロジェクトマネジメント力に改めて感心した。同じような手法で、はやぶさ版とか、色々観たい。なんというか、仕事を頑張ろうという気持ちになった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
もへじ

5.0「イーグル」と「静かの海」

コンブさん
2019年7月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
コンブ

4.5素晴らしい追体験

2019年7月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

1969年にワープ!

ああ、これ宇宙クラスタ的にあかんやつ。
無限に再生されても観てられる。
いいよね、アポロ。

この年はまだ私は子どもで、リアルタイムには観てなかったけれども、その後興味を持って追った、資料映像で散々観たやつが、こんなクリアになって観られるなんて。

デジタルリマスター、万歳!

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
コージィ日本犬

5.050年目のリスペクト

2019年7月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

幸せ

萌える

7月20日は、これを見ようと決めていたアポロ11号完全版。完全版は何処が違うのかも分からない素人だけど。

月面着陸の#1202と#1201 のドラマは映画で観てもピンと来ず。一番の萌えポイントは月からの帰還場面だった! 2トンの燃料で月面を「離脱」したイーグルは、月軌道を26周した後、コロンビアとランデブーする。コロンビアからのカメラは、画面上部にチリの様に小さな何物かを捕らえます。徐々に姿を露わにしていくイーグル。月面での偉大なミッションを終えた2人を迎え入れるシアワセ。感動した!

科学技術と開発プロセスに数々の革新をもたらしたアポロに、心からの敬意を表して。今日見れて良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
bloodtrail

4.5世界史に残る濃密な8日間を共有できた。

HigeKoboさん
2019年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

萌える

生で中継も見たし、その後も見ることの多い出来事ではあった。
しかし、8日間のミッションそのものをここまで詳細にきれいな画面で見たことはない。
音声は現地のアナウンスやヒューストンとのやり取りのみが切れ目なく続く。乗船から隔離解除まで、93分とは思えない情報量だった。最近もファーストマンや50周年がらみのドキュメンタリーもみたがこれは圧巻。
今回、70年代以降見てた関連情報はミッション周辺が多かったことに気づかされる。ミッション周辺の方が直接私たちに影響を与えたのは事実。だからこそ今、月面の一歩の全体像を押さえておきたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
HigeKobo

4.0まさに再現!追体験!

CBさん
2019年7月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

1969年7月20日、アポロ11号が月に着陸し、その表面を人類が初めて踏みしめてから、ちょうど50年。

当時9歳 小学3年生だった俺は、この一週間の旅を、毎晩TVの特集で見ていた。宇宙、初めて降り立つ地球以外の星。ああ、何という憧れ。押し寄せる「科学に後押しされたフロンティアスピリッツ」という魅惑。

あの頃の少年少女のいったいどのくらいが、宇宙飛行士に憧れただろうか? 自分もその一人だが、飛行士になることはなく、ロケットを飛ばすこともなかった(当たり前か)。

当時自分ではかなりTVにかじりついて見ていたつもりなのだが、所詮は3年生なので、少し遅い時間になると眠くなっちゃっていたのだろう。全部、逐一見たような記憶がない。
本作は、当時の映像をつなぎ合わせて、サターンVロケットの発射という「出発」から、月面への「到着」、そして青い地球への「帰還」までを、一気に見せてくれる。
これは、まさに当時の再現だ! それも、この偉業を当時TVで追いかけていた自分を、より完全な形で追体験できる! いやこれは、たまらない経験でした!

ちなみに俺が見た回は満席。ただし自分と近い年齢、つまり50代60代が9割近かったように思えました。幅広い層に受け入れられたら嬉しいけどなあ。

サターンV発射のシーンで氷がぼろぼろ落ちてくるシーンを「これ、『アポロ13』で観た。カッコいいCGだよね」とか言われそう…

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 4 件)
CB

5.0世界(人類)映像遺産級のドキュメンタリー映画

2019年3月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
黄昏特急
「アポロ11 完全版」の作品トップへ