劇場公開日 2019年8月30日

ザ・ネゴシエーションのレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全9件を表示

4.0ソンイエジン報われない心優しき交渉人

2019年9月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

今会いに行きます【韓国版】のソンイエジン、シークレットガーデンでさんざん笑わせてくれたイケメンのヒョンビン高橋克典の若い頃を彷彿しました。お二人とも前回と全くイメージを良い意味で裏切っていただきありがとうございました。最近マンネリ気味のカップルにオススメ。日本のサスペンスより、素人にも分かりやすく、ベタなところも含め洗練されたサスペンスという感じですね。切なく終わります。かなり効果音にやられました。脱帽します。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
びわ湖のこーちゃん

4.0ハ・チェユンの部下の女優さんがわかった。 イ・ジュヨンさん。

2019年9月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ハ・チェユンの部下の女優さんがわかった。
イ・ジュヨンさん。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
masahiro_5584

2.0すぐに黒幕が分かりました

aki007さん
2019年9月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

タイのバンコクで、ミン・テグと名乗る男が危機交渉班のチーム長と韓国人記者を拉致し、交渉相手として主人公を指名してくるところから話はスタート。

交渉人として一応は犯人との会話が成立しているが、登場する人物の役職や地位から、すぐに結末が想像できてしまって、少し興ざめ。

もう少し交渉の会話に、のめり込める様な脚本にして欲しかった作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
aki007

4.0行政側が隠れた悪役だと交渉人が知らずに着くと、相手側の戦法に対し常...

2019年9月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

行政側が隠れた悪役だと交渉人が知らずに着くと、相手側の戦法に対し常に後手後手に回る展開になり、交渉テクを全く発揮出来てなかったが、相手側がクレバーだったので面白かった♪

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
片腕コージー

4.0主役の二人の演技が秀逸

Rosaさん
2019年9月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Rosa

4.0権力はそんなに甘くない

Scottさん
2019年9月3日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Scott

2.0パターン

Bacchusさん
2019年8月31日
Androidアプリから投稿

単純

興奮

ソウル市警の交渉人がタイで発生した人質事件に当たり韓国の暗部に巻き込まれる話。

韓国映画らしい相変わらずのダメ警察というかダメ班長からの、収束後の発言もお前が言うなという感じや、なんならなぜお前が処分されていないんだという始まり。

人質を軽視するなら最初から征圧すれば良い訳で、その対応はテキトー過ぎるというね。

主人公にしても正義感と意志の強さを感じさせるキャラであるし、やめると言いながら上に気を使った様な訳のわからない存在という。
韓国映画じゃなかったら究極の自戒にも感じるのかも知れないけれど、正義とか先をみたらという部分では違うよね。

今更ながらな交渉術をみせどころみたいにみせているし、ありがちながらな展開だし、みえてくる黒さはかの国らしくもあるし。
二転三転する犯人の真相は悪くはないけれど、善きにせよ悪しきにせよ、ご都合主義がどうしても引っかかる…一応サスペンスだからね。

韓国の俳優に詳しくないのに外観でキャラの立ち位置がわかってしまうのも頂けないし。
寄せ集め感もあるし、題材は悪くないし波もあるのに、意外性や衝撃もないし、けっしてつまらなくないけれど白々しく安っぽく感じてしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Bacchus

2.0結果しだい......?

Naakiさん
2019年4月26日
PCから投稿

単純

この作品は、2018年9月に15歳以上視聴可という制限をもって韓国で公開され、その後、北アメリカでも公開され、今ではamazon.comではレンタルが始まっている。

この映画、最後のシーンを撮りたいがために、ある時は、ノラリクラリとした、またある時はシリアスな状況に追いやられる、ただ人質の人命を救いたいというソウル首都警察の女性隊員の活躍を描こうとしているのかと思えば、最後に違った内容に、この映画のシナリオの急展開を持っていって大団円としている。全然シナリオは違うのだが、最後だけ取り上げると「羊たちの沈黙(1991)」の亜流のようなものと個人的には思う。

 Oath.......
 .......................(略)
 swear to tell the truth and nothing but the truth.
 I will accept prosecution if any falsehood is discovered.
 I am Inspector Ha Chae-youn
 with the Seoul Metropolitan police.

犯人役のヒョンビンさんは、無常な人間と思えば、180度違う内容なのである意味好感の持てるハンサムな方で、その脇には、物語の邪魔をするのではないかと心配してしまうキム・サンホさん、そんな心配は、ご無用でいい味を出している。
ソン・イェジンさん、ヒョンビンさんのファンなら必見の映画であることは間違いがない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Naaki

3.02019-29

かいりさん
2019年3月24日
Androidアプリから投稿

単純

どこの国にもいるのねー仕事の邪魔してくるお偉いさん。うっざ(笑)

機内にて観賞。
基本、「映画は大きなスクリーンで」と、「機内は爆睡」を貫いているのですが、さすがに片道合計30時間超えですと、寝ても起きます。

これは韓国の火サスか?というような演出、音楽、キャラ設定。
ちゃんとここでCM入るってわかります(笑)
内容はまぁまぁおもしろいです。でも映画館で見なくてもいいと思います。
結構いらいらする。お偉いさんたちがいちいちむかつく。韓国も日本も同じなんだな。
主人公は交渉のプロかと思えば、そうでもないので不安になる。それが狙いなのでしょうか。
焼肉ドラゴンのお父ちゃん役でいい味出してた韓国人俳優さんが、助手のおっちゃん役でまたいいやつ。お偉いさんより使えるし。

最後はベタな交渉し、ベタなエンディングでした。なので期待値は超えられず。
火サス好きなら見てもいいかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
かいり
「ザ・ネゴシエーション」の作品トップへ