劇場公開日 2019年10月4日

「HiGH&LOWであり高橋ヒロシ作品」HiGH&LOW THE WORST SSYMさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

5.0HiGH&LOWであり高橋ヒロシ作品

SSYMさん
2019年10月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

宣伝のポスターとか見みると、センターには村山でも轟でもなく、川村壱馬演じる花岡楓士雄がいた。
それまでシリーズを観てきて村山や轟には愛着があるので、新しく出てきたこいつはどんな男なんだ、と観る前は構える気持ちがあった。
で、観た。いいね。気持ちのいい男だった。ホント高橋ヒロシ先生の作品に出てきそうな魅力のある男だった。サッチーもかっけえし強くていい。
パルコもちょっと出てたね。

ストーリーは、ほぼ、というか完全に予想通りの展開でした。ベタで古臭い。もちろん好意的な意味で。現代では失われてしまった古臭さであり、古すぎて逆に新鮮なくらいだ。私はこういう古臭さは肯定したい。
HiGH&LOWシリーズ通して言えることだけど、ハリウッド映画にはない日本のアクション映画というか、HiGH&LOWのアクションというものが今作もちゃんと確立されていてよかった。
HiGH&LOW本編シリーズの続編も期待しているが、こっちもぜひシリーズ化して欲しい。
もちろん次は鈴蘭と。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
SSYM
「HiGH&LOW THE WORST」のレビューを書く 「HiGH&LOW THE WORST」のレビュー一覧へ(全36件)
「HiGH&LOW THE WORST」の作品トップへ