ピリオド 羽ばたく女性たち

ピリオド 羽ばたく女性たち

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

インドの田舎の村で、機械を導入して安価な生理ナプキンを製造することで生理への悪いイメージを払拭し、女性たちの経済的自立を促そうと立ち上がる人々を描いたNetflix製短編ドキュメンタリー。2019年・第91回アカデミー賞の短編ドキュメンタリー賞を受賞。

2018年製作/25分/アメリカ
原題:Period. End of Sentence.

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第91回 アカデミー賞(2019年)

受賞

短編ドキュメンタリー賞  
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

Netflixオリジナル作品「ピリオド 羽ばたく女性たち」 独占配信中

映画レビュー

5.0根深い偏見と無理解に立ち向かう女性達がどこまでも美しい

よねさん
2019年2月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

2019年度個人的ベストワン作品『パッドマン 5億人の女性を救った男』と同じテーマを扱った作品。『パッドマン〜』のモデルとなった社長も出てきますが、本作の主役はタイトル通り女性達。

舞台はニューデリー郊外の村。都会からそんなに遠くない村なのに生理に対する偏見が根強く、男性達は生理が悪い病気の一種だと思い込んでいて、女性達は生理中には寺にも入れず神に祈ることも許されない。そんな村に持ち込まれた生理用ナプキン製造機パッドマシーン。将来はデリーの警察隊に入りたいと夢見るスネハ他の女性達はナプキンを作り訪問販売を始めると男性も女性も少しずつ意識が変わり始める。

登場する女性達は皆慎ましくも逞しく、ナプキンの製造販売を通じて男性優位社会が少しずつ変容していくのを実感し、私達こそが世界の創造者なのだと笑顔を見せる。無知と偏見に風穴を開ける女性達の姿はどこまでも美しく実に爽やかな作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よね
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ピリオド 羽ばたく女性たち」以外にこんな作品をCheck-inしています。