劇場公開日 2020年3月20日

「愚かな人間を描ききった極北の傑作」人間の時間 エロくそチキンさんの映画レビュー(感想・評価)

2.716
13%
27%
30%
3%
27%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.5愚かな人間を描ききった極北の傑作

2020年6月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

社会や人間に対する絶望があった。

もとは軍艦であったクルーズ船が旅行客を乗せ航海に出た。閉ざされた空間での暴力。いきなりヒロインの藤井美菜が犯されまくるし、恋人のオタギリジョーは逝ってしまうし、常識を覆す展開に。

一夜明けたら船は未知の空間にいた。そこから逃れる術はない。国会議員とヤクザによる独裁。限られた食糧の不公平な分配、暴力による弾圧、そして殺戮。食糧がなくなれば人の肉を食らう。

とことんハードな内容だが、思えばすべて人間がやってきたこと。特別なことは何ひとつない。

人類の悲劇の歴史をデフォルメしたような今作。実にインモラルで観る人を選ぶが、愚かな人間を描ききった極北の傑作だ。

今年の外国映画のベストの一本だろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
エロくそチキン
「人間の時間」のレビューを書く 「人間の時間」のレビュー一覧へ(全16件)
「人間の時間」の作品トップへ