ペトルーニャに祝福を

劇場公開日

ペトルーニャに祝福を
11%
55%
22%
6%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

北マケドニアの小さな町を舞台に、女人禁制の伝統儀式に参加してしまった女性が巻き込まれる騒動を、オフビートな笑いにのせて描いたドラマ。北マケドニアの小さな町、シュティプに暮らす32歳のペトルーニャは、美人でもなく、太めの体型で恋人もおらず、大学を出たのに仕事はウェイトレスのアルバイトしかない。ある日、主義を曲げてのぞんだ面接でも、セクハラを受けたうえに不採用になってしまう。その帰り道、ペトルーニャは地元の伝統儀式に遭遇する。それは、司祭が川に投げ入れた十字架を男たちが追いかけ、手に入れた者には幸せが訪れるというものだった。ペトルーニャは思わず川に飛び込み十字架を手にするが、女人禁制の儀式に参加したことで男たちから猛反発を受けてしまい……。2019年・第69回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品され、エキュメニカル審査員賞ほかを受賞。監督は旧ユーゴスラビア(現・北マケドニア)出身で、これが長編5作目となる女性監督テオナ・ストゥルガル・ミテフスカ。

2019年製作/100分/G/北マケドニア・ベルギー・スロベニア・クロアチア・フランス合作
原題:Gospod postoi, imeto i’ e Petrunija
配給:アルバトロス・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)Sisters and Brother Mitevski Production, Entre Chien et Loup, Vertigo.Spiritus Movens Production, DueuxiemeLigne Films, EZ Films-2019 All rights reserved

映画レビュー

4.0最初の一歩を踏み出したヒロインの祝福されるべき衝動

2021年5月29日
PCから投稿

あらゆるドラマは意志と衝動によって生まれる。この映画のヒロインも日々の暮らしで様々な抑圧を受ける中、内側に秘めたものを徐々に膨張させ、マケドニアの小さな町に暮らすあらゆる人々が目撃しているであろう伝統行事の最も大切な瞬間に、つい炸裂させてしまう。この行為の意味を彼女が理解するのはだいぶ経ってからで、私はこの瞬間、ペトルーニャのことがどこか50年代のアメリカで白人にバスの席を譲るのを拒否した歴史的女性、ローザ・パークスのようにも見えた。きっとパークスがそんな行為に出たのも理屈を超えた意志と衝動がきっかけだったのではないか。それによって歴史はうねり、染み付いた悪しき常識はものの見事に覆っていく。本作はその最初の第一歩を、時にコミカルに、そしていつしか笑いを通り越しシリアスへと振り切れるくらいピンポイントに描きこんでいく。彼女のどんどん度胸が座っていく態度、表情、まなざしに興味が尽きない一作だ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
牛津厚信

4.0逮捕?

Momokoさん
2021年6月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

女性は外見と年齢で、価値づけされている。
学歴や知性、能力ではない。まず、そのことが母との対話、面接の場面で強烈に示される。
ペトルーニャもそのことは痛いほどわかっている。そんな抑圧が、彼女の衝動的行動の伏線かもしれない。抑圧っていうほどのこと? そう、抑圧だと私は思う。

ペトルーニャの、私は価値ある人間だ、という堂々とした晴れやかさが良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Momoko

4.0状況を超越する精神性の獲得

2021年5月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 主人公ペトルーニャを演じた女優の演技が凄すぎて、映画が始まると同時にグッと引き込まれた。主人公に感情移入すると、上映中ずっと怒りと悲しみと恐怖の感情に揺さぶられっぱなしだ。
 ペトルーニャの自由な精神性に対し、住んでいるシュティプという土地の精神性は封建主義であり、ギリシャ正教を強制する女性差別主義である。その代表選手がペトルーニャの母親というのだから、救われない。大学で歴史を学び、世界を科学的に客観的に評価することを学んだペトルーニャだが、母親の硬直した精神は溶かしようがない。

 北マケドニアでも女性はご多分に漏れず容姿で評価されるというか、差別される。容姿のいい女性がいい仕事にありつき、キャリアを積むことができる。頭がよくても容姿がいまひとつのペトルーニャは仕事のキャリアがなく、キャリアがないことで面接で落とされる。
 なんとも理不尽な出だしだが、帰り道で出くわした宗教イベントで、ペトルーニャの状況が一変する。男たちが真っ先に取ろうとして争う十字架を、タイミングよく川に飛び込んで取ってしまったのだ。女は取ってはいけない規則だと、ペトルーニャは土地のスクエアな精神性によってたかって責められる。その一番手は勿論ペトルーニャの母親だ。

 敢えなく警察署に連行されてしまうペトルーニャだが、ここから彼女の頭のよさが発揮される。周囲にいるのは警察署長、司祭、それに十字架を女から取り返そうとする頭の悪い凶暴な男たち。ハリウッド映画であれば目に見える派手な解決場面を用意するだろう。フェミニストの団体が大挙してシュティプに押し寄せてペトルーニャを男たちから救い出すとか、または狂気のテロリストが、男たちをマシンガンで皆殺しにするとかだ。
 しかしそんなことをすれば、その場ではペトルーニャの気は晴れるかもしれないが、明日からもシュティプで生きていかねばならないことを考えると、なんの解決にもならないことがわかる。フェミニストらしきテレビの女性レポーターは奮闘していたが、彼女の上司はスクエアな側だ。マスコミには何も変えられないことは、ペトルーニャには端からわかっていた。
 本作品では、ペトルーニャの人生観や世界観が少しずつ広がっていく様子が伝わってくる。苦しい状況に置かれながらも、怒りや悲しみをコントロールし、徐々に恐怖を克服していく。司祭の身勝手な要求や警察署長の短気で愚かな質問を柳に風と受け流し、鋭い質問を浴びせて逆に彼らを追い込んでいく。
 スクエアな状況が変わることがないのであれば、そんな状況を気にしないで超越して生きていく精神性を獲得するまでだ。短時間で波乱万丈の経験をしたペトルーニャは、すっかり成長してもはや怖いものがない。もちろん神など存在しないから、十字架にご利益などない。
 頭のいいペトルーニャには感心したが、シュティプにも北マケドニアにも絶対に行きたくないと思ってしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
耶馬英彦

3.0観る角度を変えて、上げた拳の下ろし所を考える作品だとしましょう。

松王○さん
2021年5月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 23 件)
松王○
すべての映画レビューを見る(全7件)