ペトルーニャに祝福を

劇場公開日

ペトルーニャに祝福を
13%
62%
16%
7%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

北マケドニアの小さな町を舞台に、女人禁制の伝統儀式に参加してしまった女性が巻き込まれる騒動を、オフビートな笑いにのせて描いたドラマ。北マケドニアの小さな町、シュティプに暮らす32歳のペトルーニャは、美人でもなく、太めの体型で恋人もおらず、大学を出たのに仕事はウェイトレスのアルバイトしかない。ある日、主義を曲げてのぞんだ面接でも、セクハラを受けたうえに不採用になってしまう。その帰り道、ペトルーニャは地元の伝統儀式に遭遇する。それは、司祭が川に投げ入れた十字架を男たちが追いかけ、手に入れた者には幸せが訪れるというものだった。ペトルーニャは思わず川に飛び込み十字架を手にするが、女人禁制の儀式に参加したことで男たちから猛反発を受けてしまい……。2019年・第69回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品され、エキュメニカル審査員賞ほかを受賞。監督は旧ユーゴスラビア(現・北マケドニア)出身で、これが長編5作目となる女性監督テオナ・ストゥルガル・ミテフスカ。

2019年製作/100分/G/北マケドニア・ベルギー・スロベニア・クロアチア・フランス合作
原題:Gospod postoi, imeto i’ e Petrunija
配給:アルバトロス・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)Sisters and Brother Mitevski Production, Entre Chien et Loup, Vertigo.Spiritus Movens Production, DueuxiemeLigne Films, EZ Films-2019 All rights reserved

映画レビュー

4.0最初の一歩を踏み出したヒロインの祝福されるべき衝動

2021年5月29日
PCから投稿

あらゆるドラマは意志と衝動によって生まれる。この映画のヒロインも日々の暮らしで様々な抑圧を受ける中、内側に秘めたものを徐々に膨張させ、マケドニアの小さな町に暮らすあらゆる人々が目撃しているであろう伝統行事の最も大切な瞬間に、つい炸裂させてしまう。この行為の意味を彼女が理解するのはだいぶ経ってからで、私はこの瞬間、ペトルーニャのことがどこか50年代のアメリカで白人にバスの席を譲るのを拒否した歴史的女性、ローザ・パークスのようにも見えた。きっとパークスがそんな行為に出たのも理屈を超えた意志と衝動がきっかけだったのではないか。それによって歴史はうねり、染み付いた悪しき常識はものの見事に覆っていく。本作はその最初の第一歩を、時にコミカルに、そしていつしか笑いを通り越しシリアスへと振り切れるくらいピンポイントに描きこんでいく。彼女のどんどん度胸が座っていく態度、表情、まなざしに興味が尽きない一作だ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
牛津厚信

4.0もう、どうでもいい

2022年5月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

主人公は北マケドニアに住む32歳の独身女性、大学を出たのに、恋人はおらず、定職にもつかず、実家住まいだった。
就職の面接でセクハラにあい、意気消沈しての帰り道、あるお祭りで川に投げ入れられた十字架を奪い合う、という行事があり、主人公は女人禁制とは知らず十字架を取ってしまう。
ここからの展開が男性社会を強烈に皮肉り、飄々とした主人公を強烈に印象付ける。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

2.0「聖なる十字架」を勝ち取り、「一番福」となった彼女のこれからは?

2022年5月9日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

単純

知的

本作の主人公は学歴もあり、聡明なアラサー女性だが、
世間体ばかり気にする「毒母」や世間の風習、世の男たちのメンツとデリカシーの無さなどに翻弄され、人生の行き詰まりを感じている。

ある日、某世界三大宗教の女子禁制の儀式に主人公は無許可でやけっぱちで参加。
そして、その一年幸福が約束されるとされる「聖なる十字架」を手にし、その場から逃走する。

もちろん、この彼女の行動は、教会・宗教・マスコミを
巻き込んだちょっとした騒動となる。

ただ幸せになりたい女性、
伝統を守りたい教会、
どう対処していいか混乱する警察、
この騒動を利用して虐げられている女性たちの代弁者となりたい女性リポーター、
儀式に参加した信心深いのか敬虔な信者なのか疑わしい男性たち....

登場人物は主人公を含めて卑しい奴らばかりだ。
(そこがこの作品の良さであり、人間社会のリアルを包み隠さず描いている)

私はどちらかといえば、フェミニストというよりはマスキュリストだ。
だから、この女性がこの後どうなろうが知ったこっちゃない。
したがって、祝福はできそうにもないが、
それでもどうか一年といわず幸せを感じられる人間になってほしいと願った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
スモーキー石井

1.5つまらない

pekeさん
2021年12月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

つまらない作品でした。
言いたいことがあるのは、わかるのだけれど……。

時間の無駄だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
peke
すべての映画レビューを見る(全19件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る