ベン・イズ・バック

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ベン・イズ・バック
8%
63%
25%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

薬物依存症の息子を全力で守ろうとする母の愛と家族の絆をジュリア・ロバーツ主演で描いたヒューマンドラマ。クリスマスイブの朝、薬物依存症の治療施設で暮らす19歳のベンが突然自宅に帰り、家族を驚かせる。母ホリーが久々の再会に喜ぶ一方、妹アイビーと継父ニールは、ベンが何か問題を起こすのではないかと不安を抱く。両親はベンに1日だけ家で過ごすことを認めるが、その晩、一家が教会から帰宅すると、家の中が荒らされ愛犬が消えていた。昔の仲間の仕業だと確信したベンは愛犬を取り戻しに向かい、後を追ったホリーは息子の人生を食い荒らす恐ろしい事実を知る。息子を全力で守ることを決意するホリーだったが、ベンはホリーの前から姿を消してしまい……。息子ベン役に「マンチェスター・バイ・ザ・シー」でアカデミー賞にノミネートされたルーカス・ヘッジズ。ルーカスの実父で、「ギルバート・グレイプ」「アバウト・ア・ボーイ」の脚本家として知られるピーター・ヘッジズが監督・脚本を手がけた。

2018年製作/103分/G/アメリカ
原題:Ben Is Back
配給:東和ピクチャーズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17

(C)2018- BBP WEST BIB, LLC

映画レビュー

4.0"Ben Is Back"。シンプルだが深いタイトル

AuVisさん
2019年5月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

怖い

興奮

アンドレイ・ズビャギンツェフ監督のロシア映画「父、帰る」は12年ぶりに突然帰宅した父が幼い兄弟らの家族の暮らしに不穏な波紋を徐々に広げていく話だった。一方「ベン・イズ・バック」は、オピオイド鎮痛剤で薬物依存症になり施設療養中のベンが、やはり前触れなく帰宅して家族を驚かせる。ただしこちらは丸一日という限られた時間の中で、ベンの周囲に暴風が吹き、荒波が巻き起こる。ベン本人は台風の目のように平静(を保とうと努める)だが、過去の人間関係や犯した過ちが家族と地域の人々の心をざわつかせ、大きなトラブルへと発展してしまうのだ。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」でケイシー・アフレックと対峙して才能を世に知らしめたルーカス・ヘッジズが、今回は母役ジュリア・ロバーツと見応えある演技を繰り広げる。ロバーツの強い母の愛が物語の推進力であり、確かな希望にも。題名の二重の意味を明かすエンディングの潔さも見事だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
AuVis

3.0観客をやや振り回し過ぎだが、脚本としてはよく書けている

2019年5月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

『ビューティフル・ボーイ』が光を失わずに深刻な題材を描ききったのに対し、本作は同様のテーマをなかなか先の見えないミステリー仕立てで描き切る。目の前に突如姿を現した青年。本来ならば薬物リハビリ施設に入所しているはずの彼が、なぜ————。彼が口を開けば言い訳や虚言ばかり。どこに真実があるのか一向に分からない。そんな中で家族は混乱の只中に陥っていく。

果たしてこの主人公に興味が持てるかどうか。そこから本作への没入度が変わってくるはずだ(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』で彼を見知っているのとそうでないのとでは、受け止め方に大差が出るかも)。と同時に、母親として息子を信じきるジュリア・ロバーツに関しても、主演俳優の演技の「受け」なので、結局は彼次第で真価が決まる。正直なところ全体的に観客をやや振り回しすぎといった印象だが、脚本としては各キャラクターがよく描きこまれていて優れた部類に入るだろう。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
ぐうたら

4.0感動という本来の意味とは違う感動

Chiさん
2019年12月1日
iPhoneアプリから投稿

タイトルの「ベン・イズ・バック」の意味をとても考えさせられた。
麻薬依存から抜け出してほしいという意味なのか、逆に麻薬依存の世界へもう一度戻ってこいという意味なのか終り方を想像したがどちらにになるのか最後まで分からなかった。

やはり麻薬に依存してしまうと自分1人では治せないし、死ぬしかないのだと思った。

全てを通して色々な思いや意味を感じた。
とても面白かったこれは1人でしっかりと観ると良い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Chi

3.5母の愛は強い。タイトルの意味を最後に噛み締める

2019年10月26日
iPhoneアプリから投稿

ジュリア・ロバーツが素晴らしかった。息子を信じているけど、信じきれない葛藤や、それでも絶対どんなことからも守ってやるという強い愛を様々な表情で表現しています。
今年の作品で「ビューティフル・ボーイ」では父とドラッグ依存の息子の関係を描いてましたが、今作は母とドラッグ依存の息子。関係や行動の違いが興味深いです。
母親にとって息子は特別な存在だとよく聞きますが、まさに。凄まじい愛を感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まだまだぼのぼの
すべての映画レビューを見る(全56件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る