ベン・イズ・バック
ホーム > 作品情報 > 映画「ベン・イズ・バック」
メニュー

ベン・イズ・バック

劇場公開日

解説

薬物依存症の息子を全力で守ろうとする母の愛と家族の絆をジュリア・ロバーツ主演で描いたヒューマンドラマ。クリスマスイブの朝、薬物依存症の治療施設で暮らす19歳のベンが突然自宅に帰り、家族を驚かせる。母ホリーが久々の再会に喜ぶ一方、妹アイビーと継父ニールは、ベンが何か問題を起こすのではないかと不安を抱く。両親はベンに1日だけ家で過ごすことを認めるが、その晩、一家が教会から帰宅すると、家の中が荒らされ愛犬が消えていた。昔の仲間の仕業だと確信したベンは愛犬を取り戻しに向かい、後を追ったホリーは息子の人生を食い荒らす恐ろしい事実を知る。息子を全力で守ることを決意するホリーだったが、ベンはホリーの前から姿を消してしまい……。息子ベン役に「マンチェスター・バイ・ザ・シー」でアカデミー賞にノミネートされたルーカス・ヘッジズ。ルーカスの実父で、「ギルバート・グレイプ」「アバウト・ア・ボーイ」の脚本家として知られるピーター・ヘッジズが監督・脚本を手がけた。

作品データ

原題 Ben Is Back
製作年 2018年
製作国 アメリカ
配給 東和ピクチャーズ
上映時間 103分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

特集

【オスカー女優ジュリア・ロバーツ“キャリアハイ”の演技が見られる!】…

ポスターや予告から、“良作の匂い”は存分に漂っていた。しかし、中身はこちらの想定を凌駕する衝撃に満ちた“超良作”だった……! オスカー女優ジュリア・ロバーツが、常識を超える“母の愛”を体現した「ベン・イズ・バック」(5月24日公開)。...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ジュリア・ロバーツが熟練の演技で魅せる、盲目的で躍動的な母親の執念の物語
ベン・イズ・バックの映画評論・批評

薬物依存の我が子をどう奪還するか? 直近の「ビューティフル・ボーイ」でも取り上げられたテーマだが、本作「ベン・イズ・バック」では少し視点が違う。薬物によって破綻しかけた親子関係を描きながら、過去に息子と関わったことで傷ついた人々の存在...ベン・イズ・バックの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全6件)
  • そっけないと思ったタイトルが最後は成程と納得できる秀作 ハートフルな母親愛を描いた物語かと思っていたら、冒頭から不穏な雰囲気を纏いながら、物語は進む。途中からはサスペンス要素が強く、意表を突かれた。ストーリー展開は巧妙で引き込まれる。ルーカス・ヘッジ... ...続きを読む

    NOBU NOBUさん  2019年5月24日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • クリスマスに帰ること 今まで色々あったけれど、クリスマスには帰りたいのかな? ベンがどれくらいわかっているかは、わからないけれど家族の傷も深い。 そういうことがクリスマスって出てくる時期。 まだまだ回復には時間がかか... ...続きを読む

    Momoko Momokoさん  2019年5月24日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 家族のサポートの強さ 米国で問題になっているOpiate Addiction (これは、医者で出される薬を常習により中毒になっていく)で始まって、ヘロインなどに手を染めたベンが家族、特に母親の力によって立ち直っていく... ...続きを読む

    ku-chan ku-chanさん  2019年5月22日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「ベン・イズ・バック」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi
採用情報