ある船頭の話

劇場公開日:

ある船頭の話

解説

オダギリジョーの長編映画初監督作品で、柄本明が演じる船頭を通して本当の人間らしい生き方を描いた。橋の建設が進むある山村。川岸の小屋に暮らし、村と町を繋ぐため船頭を続けるトイチは、村人の源三が遊びにやってくる時以外は黙々と渡し舟を漕ぐ毎日を送っていた。そんないつもと変わらない日常を送るトイチの前に、ある1人の少女が現れたことをきっかけに、トイチの人生は大きく変わっていく。主人公のトイチ役を「石内尋常高等小学校 花は散れども」以来11年ぶりの映画主演となる柄本が演じ、源三には村上虹郎が扮した。「ブエノスアイレス」「恋する惑星」などで知られるクリストファー・ドイルが撮影監督を務め、黒澤明監督の「乱」でオスカーに輝いたワダエミが衣装デザインを担当。音楽を映画音楽初挑戦となるアルメニア出身のジャズピアニスト、ティグラン・ハマシアンが手がける。

2019年製作/137分/PG12/日本
配給:キノフィルムズ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17

(C)2019「ある船頭の話」製作委員会

映画レビュー

4.0クリストファー・ドイルが再現する古き良き日本の情景

2019年9月14日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

知的

確かに現代の日本で撮影されたはずなのに、近代化で失われて追想の中にしか存在しない美しい山間の景色が再創造されたかのように錯覚する。水墨画のような淡いカラー調整と、端正な構図によるところも大きい。撮影監督クリストファー・ドイルは、オダギリジョー主演作「宵闇真珠」に共同監督も兼ねて参加した縁で、オダギリの長編初メガホンとなる本作を撮ることになったとか。外国人の眼と感性によって再現された「和の美」に、日本人の監督・撮影監督たちも大いに刺激を受けるのではないか。

国際的に活躍するオダギリが長年温めてきた企画で、失われゆく日本的価値観、時代に取り残される庶民といったテーマが描かれるのも意外に思えた。だが、世界を知れば知るほど、それまで身近過ぎて見えなかったものを客観的にとらえられるようになることはありうる。その意味でもオダギリ監督と外国人の撮監の組み合わせは本作にうってつけだったようだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
高森 郁哉

1.5喋り言葉が現代過ぎる

2022年8月31日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

昔の話ならもうちょい粋な言葉をチョイスできないかね?
都会ならまだ分かるが、田舎の船頭なんて半分なに言ってるのか分からないくらいがちょうどいいのではないか。

映像は確かに美しいが川の波紋がカメラ側から出ているシーンもありなんともお粗末な気がした。

一番気になったのはあの掘立て小屋が川に近すぎる。
増水の度に流されるだろう。
ましてや昔、山間地、年に何度も流されるのでは?
気になって仕方なかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
コブラちゃん

3.5日本の原風景 映画の原点

milmさん
2022年8月10日
スマートフォンから投稿

悲しい

怖い

寝られる

自然の映像が美しく、劇場でゆったり見るべき作品だと感じました。内容は想像以上にシンプルなもので、「近代化に伴って、利便性と引き換えに失われゆく古き良きもの」というど真ん中ストレート、素朴すぎてもはや誰もできないようなテーマに対し、真正面から腰を据えた稀有な映画です。それでいて、主人公の船頭の内面描写は異質な残虐性が垣間見えて演出含めなかなか面白いところではありました。全体的に台詞にもう少し捻りがあったら星4でした。
エンドロールで、ゆっくりと進む舟からいつまでも目が離せませんでした。味のあるいい映画だと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
milm

4.0贅沢な時間(廃れゆくものを惜しんで・・・)

琥珀糖さん
2022年6月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

大正初期の渡し舟の船頭・トイチに押し寄せる近代化の波・・・
渡し舟はやがて新しい橋の建設により用無しになるのです。

それにしてもオダギリジョー、渋い映画を監督したものです。
主役の船頭は名バイプレイヤーの柄本明。
脇を固めるのは豪華な出演者。
永瀬正敏、浅野忠信、伊原剛志、笹野高史、草笛光子、蒼井優・・・
助演は若い村上虹郎と謎の少女・川島鈴遥。

新潟県の阿賀町を中心にロケして、渡し舟の川は阿賀川です。
兎にも角にも撮影が素晴らしい。
それもそのはず国際的に活躍するクリストファー・ドイルが撮影監督を勤めています。
画面の構図が抜群ですね。
ゆったりした川の流れに渡し舟が小さい。
川脇を鬱蒼と樹々が茂り、空には雲と青空。
衣装はアカデミー賞を衣装デザインで受賞したワダエミ。
(少女が目を覚まして突然、朱色のドレスに着替えしたのは謎でしたが・・・)

語らぬことの潔さ。
船頭・トイチの過去も、少女の過去も、何も明かされません。
失われて行く時代への愛情が胸を打ちます。

アート系の作品です。娯楽は求めないで下さい。
海外のコンクールで多数受賞しました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
琥珀糖
すべての映画レビューを見る(全50件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る