ある船頭の話

劇場公開日

ある船頭の話
21%
42%
27%
7%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

オダギリジョーの長編映画初監督作品で、柄本明が演じる船頭を通して本当の人間らしい生き方を描いた。橋の建設が進むある山村。川岸の小屋に暮らし、村と町を繋ぐため船頭を続けるトイチは、村人の源三が遊びにやってくる時以外は黙々と渡し舟を漕ぐ毎日を送っていた。そんないつもと変わらない日常を送るトイチの前に、ある1人の少女が現れたことをきっかけに、トイチの人生は大きく変わっていく。主人公のトイチ役を「石内尋常高等小学校 花は散れども」以来11年ぶりの映画主演となる柄本が演じ、源三には村上虹郎が扮した。「ブエノスアイレス」「恋する惑星」などで知られるクリストファー・ドイルが撮影監督を務め、黒澤明監督の「乱」でオスカーに輝いたワダエミが衣装デザインを担当。音楽を映画音楽初挑戦となるアルメニア出身のジャズピアニスト、ティグラン・ハマシアンが手がける。

2019年製作/137分/PG12/日本
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17

(C)2019「ある船頭の話」製作委員会

映画レビュー

4.0クリストファー・ドイルが再現する古き良き日本の情景

AuVisさん
2019年9月14日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

知的

確かに現代の日本で撮影されたはずなのに、近代化で失われて追想の中にしか存在しない美しい山間の景色が再創造されたかのように錯覚する。水墨画のような淡いカラー調整と、端正な構図によるところも大きい。撮影監督クリストファー・ドイルは、オダギリジョー主演作「宵闇真珠」に共同監督も兼ねて参加した縁で、オダギリの長編初メガホンとなる本作を撮ることになったとか。外国人の眼と感性によって再現された「和の美」に、日本人の監督・撮影監督たちも大いに刺激を受けるのではないか。

国際的に活躍するオダギリが長年温めてきた企画で、失われゆく日本的価値観、時代に取り残される庶民といったテーマが描かれるのも意外に思えた。だが、世界を知れば知るほど、それまで身近過ぎて見えなかったものを客観的にとらえられるようになることはありうる。その意味でもオダギリ監督と外国人の撮監の組み合わせは本作にうってつけだったようだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
AuVis

2.5「死んだ後でも何かの為になろうとしている」

2019年12月3日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 3 件)
いぱねま

3.5時代が移り変わっていくことの無情さ

2019年11月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

オダギリジョーの初監督作品。予告編に魅せられて観たい観たいと思っていた作品。上映期間終了日に駆け込みようやく鑑賞できた。

かつて川を渡るために重宝されていた和船。しかし文明の発展によって橋が建設され、それまであった利用価値は無くなり、最終的には人々の記憶から忘れ去られてしまう。そんな、時代が移り変わっていくことの無情さが描かれていて、何とも言えない物悲しさに包まれた。古き良き時代のノスタルジー、新しい文明の台頭、時代の流れは人の心や性格さえも変えてしまう。そんな諸行無常が詰まっていて、なんとも物悲しかった。しかしその諸行無常の中で、誰かの為になる生き方をしようともがき葛藤する主人公トイチの生き様が、なんとも人間らしくて美しかった。

映像美も凄く印象的な作品で、ゆったりとした和の雰囲気が素晴らしく、日本の自然の美しさが最大限に引き出されていた。この映像美を観てるだけでも見応えがあった。

そして何と言っても柄本明の熟した演技。何より素晴らしく圧巻だった。そして共演者達の顔ぶれがとても豪華なのが印象的だった。

オダギリジョー監督、長編初監督でここまで良い作品を作りあげてしまうのだから末頼もしい。今後の監督業にも期待してしまう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
アントニオバンデラス

4.0【老船頭、多くの人の命を時に諦観しながら、時に煩悶しながら彼岸に運ぶ。時代が変化する様を美しい山河の風景を背景に乗せて描きだす】

NOBUさん
2019年11月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

難しい

 時代は明治だろうか?

 老船頭、トイチ(柄本明)は多くの人を渡し船に乗せ、日々河を行き来する。

 客は、トイチの船場からほど近い所にレンガ橋を建設している傲岸不遜な男達や、山の漁師たち、町医者など様々である。

 そんな彼がある日、河を流れてきた娘(川島鈴遥)を助けた所から徐々に穏やかだったトイチの生活が、時代の流れに合わせるかのようにさざ波が立ち始める。

 それでも、彼は夜、小さな像を彫っている。幾つかの場面を経て、徐々にその像の姿が見えてくる(想像できる)。凄惨な出来事の後、血に塗れた像は何を言わんとしているのか。赦しだろうか。

 美しい山奥の河のシーンを基盤として、幾つかの幻想的なシーンを名匠クリストファー・ドイルが撮影監督した作品。
 オダギリジョーの人柄だろうか、彼の初監督作品を祝うかのように、日本の数々の名優たちが続々と趣向を変えて河を渡るシーンが楽しい。

<時代は移ろっても、変えてはいけない事があるのでは・・、等々、様々な事を考えさせられる作品。>

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 4 件)
NOBU
すべての映画レビューを見る(全33件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る