劇場公開日 2019年6月21日

  • 予告編を見る

薄暮のレビュー・感想・評価

2.833
29%
15%
15%
13%
28%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全33件中、1~20件目を表示

4.5テーマは日常の青春

まならさん
2021年5月7日
スマートフォンから投稿

酷評するほど悪くない。
男女が出会って最後は告る、で締めくくるだけの物語ですが、へんにややこしくせずにシンプルでよかったと思います。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
まなら

2.0福島県を舞台とした青春ドラマで実写向けな内容

nawadeさん
2020年8月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
nawade

2.0「はぁ、この程度ねぇ」とは言いたくなる。

robinpopさん
2020年6月16日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

この作品の原作・脚本・監督・音響監督・プロデュースの山本寛さんが『鬼滅の刃』について「ただの「劣化コピー」じゃないか、と。同系統、同じテーマでこれに比べたらずっといい作品は、過去にごまんとある。」「薄い。薄いが故に、解りやすいのだろう。」「あまり悪くは言いたくないが、はぁ、この程度ねぇ、とは言いたくなる。」と論評していたので、全く山本寛さんの事を知らない私はどんだけ凄い人なんかと気になり最新作である『薄暮』を観ましたが…

「はぁ」とため息をつかされました。
作品の舞台が良く知る所だったので少し興味がわきつつ期待して鑑賞するも「えぇっ」の連発で無理くり震災がらみに関連づけて同情を誘ったようでなぜ此処が舞台になったか意図が全く不明です。
何処かの田舎の風景であって舞台がここである理由がありません。
本当に地元に出向いて取材したのでしょうか?登場人物たちにどう影響を与えているのでしょうか?
まるで震災復興詐欺の一種です。

上映時間に関してもこんなに短いのかと驚き、この希薄なストーリーで劇場映画化する意味があったのでしょうか?本編が短すぎるのにエンドロールの長さには驚かされました!!

クラウドファンディングで製作費を調達したようですがこの内容で本当に正しくお金は使われたのか疑問です。

正直、つまらない・絵が動かない・登場人物の心理描写がないで、良いところは背景の美しさとキャストの豪華さぐらいで山本寛さんの関与した部分が全てダメです。

制作者の山本寛さんには自身がこの程度の作品しか作れないのによく他人の作品を批判できるものだと感じました。
私はこの作品に「はぁ、この程度ねぇ」とは言いたくなる。Blu-ray代4700円をドブに捨てた感が半端ないです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
robinpop

1.0無理やり間爆発。

2020年4月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ストーリーは良かったですね。監督がバカでツッコミどころ満載ですがね。

監督がクッソ。
「薄暮」のために、建てられた会社に不払いとかあるし、オタクをバカにしてたり、アニメーターや声優さんからも嫌われている監督。

監督がクッソだと、アニメーターや声優さんが頑張っても評価低い。こういう監督なくしたいよね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
フェイト8@精神障がい持ちです。

0.5金払って見るもんじゃない

2020年4月20日
スマートフォンから投稿

音楽と映像はクソ。ストーリーはヤマカンらしい薄っぺらい感じ

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
変えました

2.5普通

2020年3月14日
スマートフォンから投稿

泣ける

知的

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よりたん

2.0薄暮のタイトルの意味は分かったが、、

2020年3月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

福島の帰宅困難地域から引っ越した先、いわき市にて学園生活をおくる主人公:佐智と絵を好む祐介が出会い、初恋をする物語。

情景を大切にして初恋映画を創りたいアニメの趣旨は分かるのだが、佐智と祐介に「若者らしさ」が無く、かなりの年配の方が描いたかの様な脚本に何故か古臭さと違和感を覚えた。

また、話に深みがあるかと思えばそうでも無い。
帰宅困難者モノでも深みは無いし、ただラストをより良く感動させたいだけだと感じてしまった。

メインやサブ含めて「臭うよね」とか「臭い」とか、かなりキーワード的に用いられるが、何の為にあるのだろうか?
差別的に用いられているのであれば、問題である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
巫女雷男

2.0詰めが甘く、勿体ない

hakさん
2019年8月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
hak

5.0『薄暮』優しく美しく可愛く、誠実を極め尽くした大傑作映画

水玉飴さん
2019年8月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

幸せ

 私は映画マニアじゃありません。いわゆるアニメおたくほどアニメへの執着もありません。特に、マーティン・スコセッシ監督『沈黙』と片渕須直監督『この世界の片隅に』という奇跡のような両傑作をスクリーンで目の当たりにして以来、私の映画のアンテナはぱたりと弱まり、今は細々と映画やアニメを楽しんでいます。
 が、そんなぐーたらな私の脳天を引っ叩いて起こしたのが『薄暮』でした。「お前は満足したつもりだろうが、まだまだ本質に触れる劇場体験が足りとらんぞ!」とでも言われんばかりの衝撃。
 『薄暮』は上映52分間で、表面だけサラえば「純粋」「直球」「ピュア」等で感想が済んでしまうかもしれない小さな作品です。が、その実『薄暮』は、福島に於ける帰還困難区域とこれ以外の地域との諸事情を深く隔絶せしめた現在進行形の不条理とも向き合わざるを得ない人々の日常の暮らしの中に、アニメだからこそできる簡略・強調という、アニメの功罪の【功】の部分をフル活用することで、ささやかな救済のサプライズを成立させようという並々ならぬ覚悟と優しさが、これでもかと詰め込まれた作品でもあると、私は感じます。何よりも『薄暮』というタイトルどおり、フィルム全編が、監修で最も注力されたであろう、福島の秋の夕焼け空を中心とした膨大な美術背景描写で埋め尽くされています。そしてそこに優しい眼差しで、高校生男女の恋愛が物語られるわけですが、この関係性に於いても、震災後の福島の内情を象徴する構造がしっかりと踏まえられており、しかしやがてこの被災という非日常の爪痕すらも、日常へと昇華し逞しく呑み込んでいく、極めて普遍性に満ちた生のテーマ性が、終盤クライマックスでは何とも可愛らしく爆発し、これをもって物語りはシンプルに締めくくられるのです。
 私は『薄暮』ほど誠実を極めた映画を他に知りません。作品自体から伝わる部分以外に、演出家本人から語られる制作思想(※作品の出来云々よりも、福島の美しさが観る人に伝わればこの企画の目的は達成されるのだそうです)も含め、その類例無き誠実さの突出こそが、私をして『薄暮』を史上稀に見る大傑作の一つと確信させます。
 蛇足ですが、もし私が『薄暮』を身近な人に薦めるなら、高畑勲監督作品『おもひでぽろぽろ』の福島ヴァージョン、且つ、主人公男女が高校生で、従って過去回想の部分が取っ払われたショートフィルムヴァージョン、だから決して難しくないし、勿論笑えもするし、泣ける・・・と、かなり乱暴な説明をするでしょう。でもあながち、そこに嘘は無いのです。

2019年
▼下北沢トリウッド8月24日(土)~11月01日(金)ロングラン上映!!!
▼徳島ufotableCINEMA(10/4~)上映!!!
▼兵庫県塚口サンサン劇場(11/8~)上映!!!
▼フォーラム仙台(宮城)11/8(金)〜上映!!!
▼アイシティシネマ(長野)11/15(金)〜上映!!!
2020年
▼シネマスコーレ(愛知県)2/15(土)〜上映!!!
▼下北沢トリウッド2月22日(土)~3月13日(金)内、土日祝で『blossom』『Wake Up, Girls!(劇場版3作)』東北三部作一挙上映!!!WUG割サービス有り!!!
▼あつぎのえいがかんkiki (神奈川県)3/7(土)〜上映!!!
▼シネマイーラ(静岡県)3/28(土)〜上映!!!
▼延岡シネマ(宮崎県)4/10(金)〜16(木)!!!
▼MOVIE ON やまがた(山形県)5/29(金)~!!!

「薄暮」Blu-ray2020/04/30発売予定!!!
嬉しい!!!

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 3 件)
水玉飴

5.0とにかく 美しい。

sthさん
2019年7月27日
スマートフォンから投稿

まず、いわきの風景を美しく描いてくれたことに感謝。
そして音楽や、主人公を始め演者の方、すべてが美しくすばらしい。物語も、派手なお話ではないけれど、でもそれが良い。普通の生活や人との出会いが、笑ったり恋をできることが、どんなに素晴らしい事か。
素敵な作品。良い時間を過ごせました。

平のまちポレを出た時の夕暮れが、映画の続きのようで、それもまた良し。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
sth

3.5難しい

2019年7月14日
iPhoneアプリから投稿

楽しい

幸せ

萌える

難しい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ネルカミルカ

4.0田舎に行きたくなった

ピココさん
2019年7月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

幸せ

田舎の何気ない景色がとても美しく描かれた、田舎に行きたくなった。高校生の二人の純粋な気持ちが風景にとてもマッチしていて、よかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ピココ

2.0もったいなかった

2019年7月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

東北・いわきにいる少女を描き、震災から日常に戻りつつある現在を、郷愁に満ちた情景とともに表わそうとする意図はわかる……

だが、震災について、夢のシーン以外にはセリフだけ。
震災がトラウマになっている描写が希薄。

少女の細やかな心理状態を表現するなら、演出としての見せ方、それに比例した原動画の演技と動きが必要だと思うんですよね。
作監&キャラデザインの近岡直さんも実力あるし、原画に平松禎史さんをはじめ、実力派が名を連ねているし、決して下手なわけじゃない。

なのに、ガタつき感。
全体的に、低予算、スケジュールが足りないで、間に合わせたような粗い印象。
頰の赤みや涙など記号的表現に終始し。

モノローグを多用しすぎてCDドラマっぽい心情説明セリフ過多も、私には苦手なタイプ。

また、女の子の描き方が、男性から見た偏見を感じてしまい、うまく話に入りこめませんでした。
生理のことを口にしたり、全裸で眠るシーンなどの必然性を感じず。

結果、ストレートすぎてひねりなく、薄っぺらな「普通さ」「凡庸さ」に、必要なのかわからないサービスカット入り、ってな不自然さを感じてしまいました。

クオリティとスケジュールを管理できる体制があれば、よい作品になった可能性が高く、「もったいない」って印象でしたね。

監督は、原作総監督としてドーンと構えて、他に脚本演出をたてればよかったのになぁ、と思いました。
特に脚本に女性が入れば、もっと質は上がったと思います。

コメントする
共感した! (共感した人 5 件)
コージィ日本犬

5.0私は好き

夜音子さん
2019年7月10日
スマートフォンから投稿

色々考えさせられる深い映画でした。
感性は人それぞれ、
私はオススメしたい映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
夜音子

2.0朧月夜

隣組さん
2019年7月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

101席シアターを独占鑑賞、薄暮映像の美しさが印象的で甘酸っぱい青春の恋を短時間で上手く纏めている。
2019-141

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
隣組

4.5いろんな意味で楽しめた

808さん
2019年7月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

知的

幸せ

たまたま、2016年暮れにweb 番組でキックオフを知り、やっと出来上がった本作品。
発信される完成迄の経過を日々楽しんでいた者としては『遂にやって来てしまった文化祭当日』の気持ちで劇場に行って来ました。
創ってる人達はトンでも無いでしょうが僕的には『永遠に繰り返される文化祭前日』よろしくいつまでも絶賛制作中でも全然OKでしたが (笑)。
ホントに次回が無いのなら尚更。
映画祭ノミネート等、まだ動きが有る様なのでそこはフォローして行きたい。
出来上がった作品の評価は人それぞれなので手短に。
シンプルで何回観ても胃もたれしない感じが気に入りました。
未観賞の方へのお薦め具合は?
あくまでもインディペンデント作品を楽しむ心構えが必要だと思います。
通常のメジャー作品の様に大口開けて流し込めば誰もが美味しいと満足する様なバリ化調なシロモノでは無いと思います。
僕に取ってはアニメーション等の映画作品の楽しみ方の幅を広げてくれた作品です。

朝の連ドラじゃ無いけど、アニメーションって創るの大変なんですね~

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
808

5.0とても面白かった。

2019年6月30日
Androidアプリから投稿

色々、震災のことを考えさせられた!!

心に残る作品でした!!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ヨコマン

4.0東北三部作の締めとなる作品

2019年6月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

宣伝などで震災復興などを前面に出されたのがひとつのミスではないでしょうか、

東北地方を題材にした青春群像劇なれば、もうちょっと掘り下げは欲しい所かも知れないがそんなに悪くない。

人物輪郭を細かに動かす手法は面白い、立体感の少なさをカバーし体温感じる作画と成り。
背景美術は実写混在、予算的なものだろうが思いの外嫌味に見えず、ある種効果的な作品色として捉えられたかもしれない。

キャラはWUG等の延長、声優は良かったと思う。

三部作其々は単体だとややアラも目立つ、しかしながら纏めると相乗効果が感じられ、ちょっと甘いが好評価。

時間と、お金と、監督にもう少しの忍耐力があれば、もっと名作と言われる作品になったでしょう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
褐色の猪

5.0もっと長くできただろうが纏めている中編作品。

2019年6月30日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
くすのき

1.0クソ

2019年6月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

この映画を見ようと考えてる方
絶対に見ないで下さい。時間の無駄です。

何でこんなものを公開する気になったのかな?
東北を馬鹿にしてるのかな?
自分は何を見させられてるんだろう?
という気分になります。確実に。

もしこれが小学生が力を合わせて作ったよーというのなら頑張ったねーと言えるのですが、いい年した大人たちが作ったという事実には落胆を通り越して憐憫の気持ちすら芽生えます。
主演女優に逃げられるのも納得の出来です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
いろふれ
「薄暮」の作品トップへ