老ナルキソスのレビュー・感想・評価

メニュー

老ナルキソス

劇場公開日 2019年3月30日
1件を表示 映画レビューを書く

古希 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

老い、ゲイ、マゾヒズム、そしてナルシシズムと天丼になってしまっている男のショートストーリーである。これだけ乗っかれば何か展開が転がるのかと期待はしていたのだが、鑑賞してみると内省的な話しに始終する。そうなると主人公への共感性みたいなものを欲したいのだが、いかんせん通常の人とはあまりにもかけ離れている人物像なので理解するのに困難だ。話しのフック自体も凝ってる訳ではなく、良く言えば素直だが、しかしこの手の偏った作品なのでもう少し工夫が欲しかったのは我儘だろうか。このストーリーの世界の人達に向けての作品ではないことは当然である。なにせリアルではもっとドラステックなのだろうから手緩いことは想像に難くない。ではターゲット層は誰なのかというと、単純に映画ファン、しかもB級以下の作品が面白いと思う斜め目線の人達だろう。ま、それこそ“偏愛”なのだがwそのニッチの市場を愉しませるには余りにも軽い作りだと思う。もしかしたら、この作品はパイロット版で、興味ある制作会社や配給会社への売り込みのお試しなのでは? 正直完成度は低いと言わざるを得ない。

いぱねま
いぱねまさん / 2019年4月5日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報