町田くんの世界 特集: 《主演・超新人》×《豪華キャスト》×《天才監督》…

ホーム > 作品情報 > 映画「町田くんの世界」 > 特集 > 《主演・超新人》×《豪華キャスト》×《天才監督》…
メニュー

町田くんの世界

劇場公開日 2019年6月7日
2019年5月27日更新

《主演・超新人》×《豪華キャスト》×《天才監督》
「平成が終わる今だから見てほしい」まったく新しい日本映画!
映画ライターたちがアツく語る【石井裕也監督の“何が”スゴイのか!?】

画像1

新元号が令和に決まり、平成の世に幕が降りる今、映画業界をにわかに騒がせている作品がある。タイトルは「町田くんの世界」(6月7日公開)。主演は演技経験ほぼゼロの超新人。でも、脇を固めるキャストは誰もが知る超人気俳優たち。しかも監督は、あらゆる映画人がその世界レベルの才能を褒めちぎる石井裕也だ。稀代の天才クリエイターが、日本映画のセオリーをぶち壊すとんでもなく“斬新”な作品を創出した、そんなウワサが駆け巡っている。


【“熱量”が今までと格段に違う】 反響コメント続々!
《体験者》に聞いてみた、「町田くんの世界」の魅力

画像2

とにもかくにもこれを見てほしい──映画.comスタッフが普段接する“映画通たち”が、本作の“良さ”を熱っぽくしゃべる、しゃべる! 史上最強に地味だが、極限に心優しい主人公・町田くん。“彼の世界を体験したもの”たちが、業界・性別・年齢問わず、とにかく大リコメンドしている!

画像3
★松江哲明(ドキュメンタリー監督)は… こんな時代だからこそたどり着けた、あの幸福感。思い出すだけで思わず笑みがこぼれてしまう。映画監督に対して最高傑作という言葉は失礼かもしれないが、あえてそう断言したくなるほど、大好き。
★山崎伸子(映画ライター)は… 新時代を担う若者たちから溢れ出る若さのエナジーにしびれる。“隠れ社会派”の石井監督は、盟友・池松壮亮に、平成の問題提議を託した。令和元年にこそ、観ておかねばならない希望に満ちた1作!
★坂田正樹(フリーライター)は… 原作漫画が持つ「自由」をエネルギーに、青春が走って、つまずいて、空を飛ぶ!『舟を編む』に若さとギャグを注入した久々の笑って泣ける石井節。ドラマとコメディーの最も心地いい黄金比がここにある。
★otocoto編集部は… ちょっと心配になるくらい、純度100パーセントの優しさでできた町田くん。町田くんが見つめる世界は、なんだか少し懐かしいような、優しさに満ちあふれていて、観た後は、ほっこり心が温かくなった。日本映画を観てこんな気持ちになったのは、いつぶりだろう。
画像4

【予告編】この世界は悪意に満ちている でも――町田くんがいる

【セオリーをブッ飛ばす斬新さ!】 主演:超新人×前代未聞の豪華俳優たち
1000人の候補者から、演技経験ほぼゼロの超新人を主演に大抜擢!

画像5

どうして皆、こんなに夢中になっているのか――。その理由はサプライズに満ちた斬新さにあるらしい。演技ほぼ未経験の新人・細田佳央太が町田くん役に、ヒロイン役に関水渚が抜てきされた。共演には岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀、池松壮亮ら主役級が名を連ね、主題歌は平井堅が担当。時間を追うごとに輝きを増す新人と、豪華な面々が「ずっと浸っていたい」と思わせられる優しい世界を構築していく。

画像6
[セオリーをブッ飛ばす! ①] え!? 主演は現役ミラクル高校生!演技経験ほぼゼロの《超新人》が大抜てき!? [セオリーをブッ飛ばす! ②] さらに……《主役級》の奇跡の9人が集結――全員が《史上最高レベル》のハマり役! [セオリーをブッ飛ばす! ③] そして……原作は漫画界を席巻!今までの常識をくつがえす主人公・町田くん [セオリーをブッ飛ばす! ④] しかも……こんなに挑戦的な作品にも関わらず、主題歌はハズレなしの平井堅!
画像7

【幕間映像】 すべての“セオリー”をぶっ飛ばす、「新たな映画」の幕開け!

【“天才”監督の集大成】 「舟を編む」石井裕也最新作!
いま、最も新作を期待される天才が、新時代に描く人間賛歌!

画像8

新時代のヒーローとも言える町田くんを描ききったのは、「舟を編む」「川の底からこんにちは」「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」などの傑作を次々と世に放ってきた石井裕也監督。今、最も新作を渇望されている監督といっても過言ではない。どこがそんなにすごいのか、5つの要素で説明していこう。


[《早熟》の天才]
日本アカデミー賞最優秀監督賞を“史上最年少”で受賞!

松田龍平と宮崎あおいが共演し、辞書づくりに取り組む人々の姿を描いた「舟を編む」(2013)も石井監督作だ。第37回日本アカデミー賞では、最優秀作品賞ほか6冠を達成。最優秀監督賞にも輝き、史上最年少受賞(当時30歳)という偉業を成し遂げた。

画像9

[《越境》の天才]
“デビュー作”がいきなりベルリン国際映画祭に正式出品!

商業デビュー作「川の底からこんにちは」(09)は、世の映画人の憧れの的であるベルリン国際映画祭に出品。いきなり日本を飛び出し、世界最高峰の舞台で真剣勝負に挑んだ。続くモントリオール・ファンタジア国際映画祭では、最優秀作品賞を受賞!

画像10

[《演出》の天才]
オールキャストながら、出演者の“新たな魅力”を必ず引き出す!

石井監督のストロングポイントのひとつは、鋭い洞察力で出演者の新たな魅力を発掘する点だ。今作では細田佳央太&関水渚が、時間を追うごとにオーラのきらめきを身にまとっていく。それは前田敦子らも例外ではなく、彼女らの演技に安心感を覚える一方で、「こんな一面見たことない」と驚かされもする。将来性あふれる新人と、豪華キャストの重力を利用し、石井監督はさらに速く飛ぶ。

画像11

[《共感》の天才]
時代性とユーモアを交えて、全世代の共感を呼ぶ“人間ドラマ”を創出!

石井監督は常に時代の空気感をとらえ、主張を押し付けず「その時代をどう生きるか」を紡いでいく。お涙頂戴の強引な展開は皆無で、ごく自然に人物が行動し物語が進む。くすくす笑えて、じんわり胸が温かくなるユーモアも心憎いばかり。観客の魂をマッサージしてくれる人間ドラマを描くからこそ、石井監督作品はあらゆる世代のハートをわしづかみにして離さない。

画像12

[《期待》の天才]
国内外から熱視線! 新作を強く待ち望まれている敏腕監督

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」では詩集を映画化するという野心的な企画に挑戦し、現在は海外進出第1作目も控えている。「(本作は)例外に例外を重ねた映画です。最終的に言いたかったことは、映画は呆れるほど自由なものだということ」。そう語る天才監督の集大成は、この世界でどのように受け入れられるだろうか。価値観を覆す衝撃を与えることは、どうやら間違いなさそうだ。

画像13
「町田くんの世界」の特集

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

「善なること」に意味はあるのか?コミカルな味わいのなかに現れる大きなテーマ
映画評論

いいね、町田くん! 思わず、その名前を口に出したくなる映画だ。石井裕也監督の新作は、ほとばしる汗と涙と、意外性とみずみずしさに満ちていた。高校生の町田くん(細田佳央太)は心優しきメガネ男子。勉強はできず、運動もダメ。全力で走っても「め...映画評論

フォトギャラリー

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す