劇場公開日 2020年1月24日

  • 予告編を見る

テリー・ギリアムのドン・キホーテのレビュー・感想・評価

3.478
18%
48%
24%
8%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全78件中、1~20件目を表示

4.0「ロスト・イン・ラマンチャ」未見なら合わせてぜひ

2020年1月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

構想30年頓挫9回との触れ込みを見聞きした方も多いはず。ギリアムの長年のファンなら2000年頃製作が進められ挫折した過程を収めたドキュメント「ロスト・イン・ラマンチャ」も観ているだろう。もし未見なら、今作を観る前でも後でもいいのでぜひご覧あれ。この壮大な奇作がよくぞ完成したものだとの思いを一層強めるに違いない。

騎士道物語の読み過ぎで自らを騎士だと信じたドン・キホーテ。トビーの学生映画でドン・キホーテを演じたことで、自らがキホーテだと思い込んだ老人ハビエル。ハビエルに従者サンチョだと勘違いされ共に旅するうち狂気と妄想の世界に飲み込まれていくトビー。現実と虚構、正気と狂気がメタに入り混じって展開する物語と映像世界はまさにギリアム節!アダム・ドライバーはトビーみたいに少々ポンコツな感じのキャラが似合う。ジョナサン・プライスは「2人のローマ教皇」と見比べるとその演技の幅に改めて感嘆させられる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 18 件)
高森 郁哉

2.0ちょっと俺にはわからない世界

シンヤさん
2020年12月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

難しい

リアル(本編)と劇中劇と妄想が、どこからどこまでなのか境界が分かりにくいところが何ヵ所かあった。
結局、面白いのか?面白くないのか?すら自分でもわからない!

2020 あきらめずに「頑張ったで賞」

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
シンヤ

3.5冒険家の中にドン・キホーテは生きている

近大さん
2020年11月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

悲しい

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
近大

2.5これが執念の作品か

2020年11月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

CM監督が、昔、自分が撮って評価された作品のDVDを見て、当時のロケ地が近かったので出かけてみる。
そこにはドン・キホーテを演じた老人が生きており、自分はドン・キホーテだと信じ込んでいた。
CM監督はいつの間にかサンチョになり、不思議な旅が始まる。
挫折を乗り越えた作品らしいが・・・。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

2.0申し訳ない

りやのさん
2020年7月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

寝られる

とにかく自分には合わなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りやの

3.5ミイラになったミイラ取りの話

2020年6月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
bloodtrail

4.5老いて尚、輝き続ける…

2020年6月14日
iPhoneアプリから投稿

構想30年。
挫折を繰り返しながら、晩年のギリアムが創作意欲のままに作った怪作。

ギリアム作品の王道にして集大成。それでいて現代の大衆映画の型に全く当てはまらない魅力に溢れていた。

映画監督を目指したかつての青年。
映画でドン・キホーテを演じ、その役にのめり込み人生を狂わされた老人。

2人の現実と虚構が入り混じり、その境界が曖昧になる程に心地良い。
フィクションにおける麻薬のようなこの中毒性こそ、映画のマジックにして最大の"快楽"なのかもしれない。
だからこそ我々はもう1度それをを味わうべく何度も映画の世界に浸るのだろう。

それはテリー・ギリアム監督自身の人生も同じだったに違いない。映画に人生を狂わされ振り回され、それでも創らずにはいられない。
周りから見たらそれは狂人に他ならないのかもしれない。ドン・キホーテと同じだ。

それでも構わない。映画という作品を生み、そこで生きる事こそ全て。興行収入も他人の評価もここでは関係ない。
自分の衝動のままに創作する。それで良い。

ビジネス先行のシリーズ続編が乱立する中、ギリアムは魂を映像に込めた。
その創作意欲は老いて尚衰えを知らない。
いや晩年を迎えたからこそ、誰にも気を使わず自分に向き合った作品を伸び伸びと創れたのかもしれない。
それが本作の心地良さなのだろう。

虚構の中で永遠に生き続けられたら人はどんなに幸せか。

ドン・キホーテのクライマックスは、そんな想像をせずにはいられないものになっている。
いつの時代にも人には夢が必要なのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジョイ☮ JOY86式。

3.0夢か現か…テリー・ギリアムの世界へようこそ

momoさん
2020年6月12日
スマートフォンから投稿

笑える

楽しい

知的

夢か現か…能を観ている気分になりました。夢と現実を行き来する不思議な世界。
くすくす笑いながらどんどん迷宮に迷い込んだような感覚に。
さて、どこに着地するかは観てのお楽しみ。
この世界観に入り込んだ人はいつの間にかドン・キホーテの登場人物になりきってしまうかもしれません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
momo

3.5モンティーパイソン

kossyさん
2020年4月6日
Androidアプリから投稿

ようやく観ることが出来ました。映画ドン・キホーテを撮る監督役のアダム・ドライバーが学生時代にも撮ったことを思い出して、徐々に深みにはまっていくストーリー。

不条理とも思える過去作品の登場人物と現在のスタッフやプロデューサーたち。自分がドン・キホーテの相棒役サンチョになり、冒険に巻き込まれてしまう。アンジェリカのキャラが絶妙な緩衝者になり和ませてくれました。

巨人なんかの存在がモンティーパイソンを思い出させてくれるし、やっぱりテリー・ギリアムだなぁ~っといった作風には満足。ただし終盤には飽きてきてしまいました!

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 5 件)
kossy

4.0私は好き

2020年3月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

楽しい

正直、テリーギリアムものは初体験なので何の思い込みも無いが
映画としてはとても趣味に合っており
分かりやすくて
楽しめた。
ダメダメな主人公たちに
感情移入もできて
どんどん好きになっていった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちゃめぐり

3.5アダムドライバー‼️

2020年3月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

悲しい

楽しい

 今、この世界を牛耳っているのは「金のためなら何でもする奴」と、「金の力で自分が偉くなったかのように勘違いしてる奴」。つまりトランプ的人間。

ドン・キホーテが持つような、騎士道精神は狂気の中にしか存在しえない。しかし、それらの利他的な美しい精神が消え去ったわけではない・・・

そんなことを、感じました。アダムドライバーが跡継ぎです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
テレサ姉

1.0つまらない

tf27さん
2020年3月17日
iPhoneアプリから投稿

テリー・ギリアムらしいぶっ飛んだファンタジー要素もなければ、話の展開も驚きがなく退屈。昔作ろうとした時にできていたら傑作ができていたのかもしれないと、スコセッシの沈黙の時と同じことを思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tf27

4.0ロードムービーです。

e-boxさん
2020年3月15日
iPhoneアプリから投稿

奇天烈なトレーラーで、賛否両論的な宣伝でしたが
私は、ロードムービー的に楽しめました。
ちゃんとストーリーにオチもあって、
このところ。スターウォーズ、ジョーカーなど
話題作を、観ましたが、これが一番よかった!
アダム・ドライバーも、スターウォーズなんかより
何十倍も素晴らしかった。

好みは分かれるだろうけど、私は大好きかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
e-box

3.5QUIXOTE VI VE →《夢》や狂気・空想に生きるのも悪くな...

よしさん
2020年3月8日
Androidアプリから投稿

QUIXOTE VI VE →《夢》や狂気・空想に生きるのも悪くない。ノリノリなアダム・ドライバーとジョナサン・プライスの暴走と凸凹化学反応がひたすら楽しいコンビネーション・チームワークを堪能できる冒険コメディ! 頓挫した制作過程を追ったドキュメンタリー映画『ロスト・イン・ラ・マンチャ』を見ていたら分かる/見ていた方が楽しめる小ネタも、とりわけトビーがドン・キホーテと旅を始めるまでの前半にあって"不可抗力"(←ドキュメンタリーの終盤で保険外にされた要因)。その時と全く同じシーンもあれば、当時の製作時の体験を自虐的に(?)盛り込んだり、あるいはもっと最近・今日の要素も積極的に取り込んだりもしていて、しっかりと工夫やアップデート推敲も試みられている。ちなみなアダム・ドライバーはいつもの彼の髪型のトップを上に留めている形だけど、長さとかが丁度当時のジョニー・デップと似た具合で、ヴァネッサ・パラディが演じる予定だった役柄も似ていた。
ドン・キホーテは確かに生きていた、そして今もこれからも --- テリー・ギリアム念願も念願、超待望の企画がこうやって遂に映画館で見られる日が来るとは!!! しかも、もっと見にくい攻めた作品かと思っていたら、思っていたよりずっと見やすかった。一見ハチャメチャなのに一本しっかりと筋が通っていて目覚めに良い。『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』よりしっかり意志を"引き継ぐ"というテーマがきちんと描かれていた。そしてまた、例えば『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でタランティーノが主人公リック・ダルトンに"時代に取り残される自分"を仮託していたように、本作もまたギリアム = ドン・キホーテなのかな?と感じる瞬間があった。最後に歴代ドン・キホーテ役でキャスティングされていたジャン・ロシュフォール&ジョン・ハートに捧ぐと名前が出て改めてここまで辛苦の歳月を実感した。

「仕掛けが満載よ、気にいるわ」
"I will live forever.'

今年映画館鑑賞10本目

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よし

3.5まさかこの作品が日の目を見るとは

movieさん
2020年3月5日
Androidアプリから投稿

20010.ドキュメンタリー映画「ロスト・イン・ラ・マンチャ」で終結したと思っていたが、スクリーンに繰り広げられるギリアムの世界に執念を感じる

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
movie

4.5素晴らしい劇中劇

NobuNagaさん
2020年3月4日
iPhoneアプリから投稿

寺山修司作品のような劇中劇は夢落ちのようで夢に落ちない現実世界がファンタジックに展開する。

このストーリーは、テリーギリアム監督自身の自伝みたいなものなのかもしれないと思った。

アダムドライバーはスターウォーズよりブラッククランズマンより巧い良い芝居を見せてくれる。

ジョナサンプライスは未来世紀ブラジルから30年を経て、この役に就いてくれてありがとう。

オルガキュレンコは鉄板の美麗さだったが大した仕事はしていないw
ま、これも鉄板か?w

それよりアンジェリカ役のジョアナリベイロが魅力的で気になる。追いかけてみたい。

ケチをつけるなら、翻訳がイマイチ。
駄洒落部分が落とし込めてなかった。
町山さんなんかがよかったかもねぇ。

松浦美奈さんあたりでも
good questionを「良い質問」と訳してしまうのかぁと少し驚き。

とかなんとか並べちゃいましたが
こんな素晴らしい作品の上映館が少ないのが辛い。

めっちゃ見応えのあるイカレタイカした作品。
超絶オススメ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NobuNaga

3.0途中寝た

2020年3月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

難しい

寝られる

ドンキホーテ役の老人と再会してからの旅のシーン寝た。その後は面白くなって、タイトルどおり本当にドンキホーテだった…。やはり、この監督嫌いにはなれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヨギニのわたし

4.030年待った

U-TAさん
2020年2月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

待たされ過ぎたかも知れません と余り期待せず観たけれど‥
若い頃見た未来世紀ブラジル バロン‥そして、これを観るとこの監督の伝えたいものがよくわかる そして、それはまさにドンキホーテの世界 ドンキホーテをちゃんと読んだ事はないけれど、この世界の「構造」に立ち向かうという事は ドンキホーテの如く それは映画制作でも常にある葛藤と闘い それが30年かかる
ギリアムの当初からの構想通りではないと思うが 少なくとも忘れた頃にやってきた
この映画を観れて良かった。
改めてブラジルもドンキホーテも見返し 読んでみようと思う

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
U-TA

2.0終始バタバタ

かんさん
2020年2月23日
Androidアプリから投稿

なんかよく分かんなかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かん

4.5不思議な世界へようこそするのは…

chakauooさん
2020年2月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
chakauoo
「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」の作品トップへ