テリー・ギリアムのドン・キホーテ

劇場公開日:

テリー・ギリアムのドン・キホーテ

解説

「未来世紀ブラジル」の鬼才テリー・ギリアムが映画化を試みるも、そのたびに製作中止などの憂き目に遭い、幾度も頓挫してきた企画で、構想から30年を経て完成にこぎつけた、ギリアム念願の一作。自らをドン・キホーテと信じる老人と若手映画監督の奇妙な旅路を描く。仕事への情熱を失っていた若手CM監督のトビーはスペインの田舎での撮影中、謎めいた男からDVDを渡される。それはトビーが10年前の学生時代に監督し、賞にも輝いた「ドン・キホーテを殺した男」だった。映画の舞台となった村が近くにあることを知ったトビーは、現地を訪れるが、ドン・キホーテを演じた靴職人の老人ハビエルが自分を本物の騎士だと信じ込むなど、村の人々はトビーの映画のせいですっかり変わり果てていた。トビーをドン・キホーテの忠実な従者サンチョだと思い込んだハビエルは、トビーを無理やり連れ出し、冒険の旅へ出るが……。自らをドン・キホーテと思い込む老人ハビエルを「2人のローマ教皇」のジョナサン・プライス、トビー役を「スター・ウォーズ」シリーズのカイロ・レン役で知られるアダム・ドライバーが演じた。

2018年製作/133分/G/スペイン・ベルギー・フランス・イギリス・ポルトガル合作
原題:The Man Who Killed Don Quixote
配給:ショウゲート

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2017 Tornasol Films, Carisco Producciones AIE, Kinology, Entre Chien et Loup, Ukbar Filmes, El Hombre Que Mat o a Don Quijote A .I.E., Tornasol SLU

映画レビュー

4.0「ロスト・イン・ラマンチャ」未見なら合わせてぜひ

2020年1月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

構想30年頓挫9回との触れ込みを見聞きした方も多いはず。ギリアムの長年のファンなら2000年頃製作が進められ挫折した過程を収めたドキュメント「ロスト・イン・ラマンチャ」も観ているだろう。もし未見なら、今作を観る前でも後でもいいのでぜひご覧あれ。この壮大な奇作がよくぞ完成したものだとの思いを一層強めるに違いない。

騎士道物語の読み過ぎで自らを騎士だと信じたドン・キホーテ。トビーの学生映画でドン・キホーテを演じたことで、自らがキホーテだと思い込んだ老人ハビエル。ハビエルに従者サンチョだと勘違いされ共に旅するうち狂気と妄想の世界に飲み込まれていくトビー。現実と虚構、正気と狂気がメタに入り混じって展開する物語と映像世界はまさにギリアム節!アダム・ドライバーはトビーみたいに少々ポンコツな感じのキャラが似合う。ジョナサン・プライスは「2人のローマ教皇」と見比べるとその演技の幅に改めて感嘆させられる。

コメントする (0件)
共感した! 20件)
高森 郁哉

3.5ドン・キホーテ goes on

2022年11月16日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

よってたかって滅茶苦茶にされる主人公は監督自身の投影か。
妄想に憑りつかれた老人こそ監督自身の投影か。
はたまたこの作品を見る観客それぞれがドン・キホーテか。

受け継がれていく「ドン・キホーテ」も味わい深いけど、そら恐ろしい気もする。

コメントする 1件)
共感した! 1件)
mar

3.0笑えそうで、笑えなかったです。

2022年8月13日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

アダム・ドライバーとジョナサン・プライス主演。
2018年。テリー・ギリアム監督作品。
ドン・キホーテの映画としてみると、観たような映像に、ダラダラ締まりのない脚本。
構想30年で、頓挫9回。そんな触れ込みも広告のうちでしょう。
残念ながら新鮮味もソーダの泡のように消え去った・・・、
そんな虚しさを感じる映画でした。

ただ見所は、アダム・ドライバーとジョナサン・プライスの諧謔とユーモアと品格なのです。
ふたりは本当に素晴らしい!!
カイロ・レンのアダム・ドライバーは、高所から落ちて泥まみれになりながらも、
CM監督そして従者サンチョ&ドン・キホーテの三役を、仏頂面ながらも、
色気たっぷり、かなり複雑な演技で唸らせてくれます。
ジョナサン・プライスは靴屋から、ドン・キホーテに抜擢されるうちに、現実にドン・キホーテと思い込む老人。
(もともと騎士道物語の読みすぎで、現実と物語の区別の付かなくなったドン・キホーテに、うってつけです。上手いですねー。見た目がそのままドン・キホーテ)

映像は凝ってます。
険しい山道から、洞窟からの水辺、貴族の館。
貴族の宴会シーン、ジプシーの村の喧嘩やお取り込み・・
現実に還ると、警官がパトカーで追いかけたり、現実と物語が慌ただしく転換します。
残念ながら、みんなどっかの映画で観たシーンばかり・・・
『フィッシャー・キング』の瑞々しさはどこへ行ってしまったのでしょう!!
(本当に大好きな映画です)

アダム・ドライバーとオリガ・キュリレンコの忍耐。
仕上げるまで投げ出さなかったのは、彼らのお陰なのでは・・・。
得体の知れない《粘り》
自然体のアダム・ドライバーは男を上げたと思います。

なんで、今更『ドン・キホーテ』
原題は『ドン・キホーテを殺した男』・・・意味深ですね。
テリー・ギリアムの監督の自嘲が聞こえてくるようです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
琥珀糖

3.0この映画も

2022年3月25日
iPhoneアプリから投稿

映画館に行って金払って観る映画じゃないねぇ。
とは言え、バリバリのギリアム臭が心地よく
主演がアダムドライバーとジョナサンプライスというのも
カロリー高めで濃口だわw

まるで、ギリアムの本作に取り組む際の
悪夢回顧録◎

コメントする (0件)
共感した! 0件)
tomokuni0714
すべての映画レビューを見る(全89件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」以外にこんな作品をCheck-inしています。