テリー・ギリアムのドン・キホーテ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
テリー・ギリアムのドン・キホーテ
テリー・ギリアムのドン・キホーテ
19%
48%
24%
7%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「未来世紀ブラジル」の鬼才テリー・ギリアムが映画化を試みるも、そのたびに製作中止などの憂き目に遭い、幾度も頓挫してきた企画で、構想から30年を経て完成にこぎつけた、ギリアム念願の一作。自らをドン・キホーテと信じる老人と若手映画監督の奇妙な旅路を描く。仕事への情熱を失っていた若手CM監督のトビーはスペインの田舎での撮影中、謎めいた男からDVDを渡される。それはトビーが10年前の学生時代に監督し、賞にも輝いた「ドン・キホーテを殺した男」だった。映画の舞台となった村が近くにあることを知ったトビーは、現地を訪れるが、ドン・キホーテを演じた靴職人の老人ハビエルが自分を本物の騎士だと信じ込むなど、村の人々はトビーの映画のせいですっかり変わり果てていた。トビーをドン・キホーテの忠実な従者サンチョだと思い込んだハビエルは、トビーを無理やり連れ出し、冒険の旅へ出るが……。自らをドン・キホーテと思い込む老人ハビエルを「2人のローマ教皇」のジョナサン・プライス、トビー役を「スター・ウォーズ」シリーズのカイロ・レン役で知られるアダム・ドライバーが演じた。

2018年製作/133分/G/スペイン・ベルギー・フランス・イギリス・ポルトガル合作
原題:The Man Who Killed Don Quixote
配給:ショウゲート

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2017 Tornasol Films, Carisco Producciones AIE, Kinology, Entre Chien et Loup, Ukbar Filmes, El Hombre Que Mat o a Don Quijote A .I.E., Tornasol SLU

映画レビュー

4.0「ロスト・イン・ラマンチャ」未見なら合わせてぜひ

2020年1月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

構想30年頓挫9回との触れ込みを見聞きした方も多いはず。ギリアムの長年のファンなら2000年頃製作が進められ挫折した過程を収めたドキュメント「ロスト・イン・ラマンチャ」も観ているだろう。もし未見なら、今作を観る前でも後でもいいのでぜひご覧あれ。この壮大な奇作がよくぞ完成したものだとの思いを一層強めるに違いない。

騎士道物語の読み過ぎで自らを騎士だと信じたドン・キホーテ。トビーの学生映画でドン・キホーテを演じたことで、自らがキホーテだと思い込んだ老人ハビエル。ハビエルに従者サンチョだと勘違いされ共に旅するうち狂気と妄想の世界に飲み込まれていくトビー。現実と虚構、正気と狂気がメタに入り混じって展開する物語と映像世界はまさにギリアム節!アダム・ドライバーはトビーみたいに少々ポンコツな感じのキャラが似合う。ジョナサン・プライスは「2人のローマ教皇」と見比べるとその演技の幅に改めて感嘆させられる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 16 件)
高森 郁哉

2.0申し訳ない

りやのさん
2020年7月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

寝られる

とにかく自分には合わなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りやの

3.5ミイラになったミイラ取りの話

2020年6月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
bloodtrail

4.5老いて尚、輝き続ける…

2020年6月14日
iPhoneアプリから投稿

構想30年。
挫折を繰り返しながら、晩年のギリアムが創作意欲のままに作った怪作。

ギリアム作品の王道にして集大成。それでいて現代の大衆映画の型に全く当てはまらない魅力に溢れていた。

映画監督を目指したかつての青年。
映画でドン・キホーテを演じ、その役にのめり込み人生を狂わされた老人。

2人の現実と虚構が入り混じり、その境界が曖昧になる程に心地良い。
フィクションにおける麻薬のようなこの中毒性こそ、映画のマジックにして最大の"快楽"なのかもしれない。
だからこそ我々はもう1度それをを味わうべく何度も映画の世界に浸るのだろう。

それはテリー・ギリアム監督自身の人生も同じだったに違いない。映画に人生を狂わされ振り回され、それでも創らずにはいられない。
周りから見たらそれは狂人に他ならないのかもしれない。ドン・キホーテと同じだ。

それでも構わない。映画という作品を生み、そこで生きる事こそ全て。興行収入も他人の評価もここでは関係ない。
自分の衝動のままに創作する。それで良い。

ビジネス先行のシリーズ続編が乱立する中、ギリアムは魂を映像に込めた。
その創作意欲は老いて尚衰えを知らない。
いや晩年を迎えたからこそ、誰にも気を使わず自分に向き合った作品を伸び伸びと創れたのかもしれない。
それが本作の心地良さなのだろう。

虚構の中で永遠に生き続けられたら人はどんなに幸せか。

ドン・キホーテのクライマックスは、そんな想像をせずにはいられないものになっている。
いつの時代にも人には夢が必要なのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジョイ☮ JOY86式。
すべての映画レビューを見る(全75件)