劇場公開日 2019年5月18日

  • 予告編を見る

雪子さんの足音のレビュー・感想・評価

3.56
50%
10%
10%
20%
10%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全6件を表示

2.0深みのない凡作

2019年5月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

 下宿というものに縁がなかったので、いまひとつピンと来なかった。昔かぐや姫が歌った「神田川」の歌詞に「三畳一間の小さな下宿」があるが、下宿がどのようなシステムで運営されているのか、未だによくわからない。
 吉田拓郎の「我が良き友よ」の「語り明かせば下宿屋のおばさん酒持ってやってくる」という歌詞からすると、下宿は大家や他の住人との信頼関係を前提に成り立っているように思える。鍵のかかるアパートやマンションが閉鎖的なのに対して、かなり開放的である。そういう時代だったのだろう。今は子供部屋にさえ鍵がかかる時代だ。
 さて雪子さんの経営する下宿屋「月光荘」に越してきて三年目、大家の雪子さんと隣の部屋の小野田さんの二人の女性から応援すると言われた薫だが、日常生活の舞台である下宿屋で世話をするということは、掃除洗濯と食事と、それに場合によっては性欲の処理である。本作品は上品な映画でそのあたりのことを少女漫画みたいに上っ面で済ませていたが、もう少し突っ込んで表現してもよかった気がする。
 餌付けされている金魚を自分に重ねて女性不信になってしまう主人公だが、必ずしも不幸な人生という訳ではない。この作品のフードコーディネーターはかなり優秀で、出てくる料理が全部美味しそうに見えた。学生時代にあんな手料理を食べられるのは大変な贅沢である。薫は実は胃袋を掴まれていたのではなかろうか。
 佐藤浩市と親子共演を果たした主演の寛一郎は、なかなか味のある演技をする。本作では弱気で挙動不審な学生を演じたが、肚の据わった役もできそうである。
 雪子さんを演じた吉行和子は流石の存在感であった。微妙に気持ち悪い老女のエキセントリックな不気味さをよく引き出している。
 隣の部屋の小野田さんの役の菜葉菜は、佐藤浩市と共演した「赤い雪 Red Snow」で一皮剥けた印象があり、癖のある役柄を上手にこなしている。本作でコケティッシュな側面を見せられたのは収穫だったのではないか。

 ということで俳優陣の演技もよく料理も美味しそうだったのだが、映画自体はあまり面白くなかった。坦々とした平板なドラマでも、登場人物たちに人間的な深みがあればそれなりに楽しめるのだが、本作品にはそういう人物は登場しない。プロットが浅いのだ。
 エロスも半端、料理も半端、人間関係の掘り下げも半端では、観客は誰にも感情移入できないし、どこで感動していいのかわからない。一生懸命作った方々には申し訳ないのだが、凡作と評価させていただいた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
耶馬英彦

5.0イケメンの困り顔バリエーションを堪能

namfonさん
2019年5月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
namfon

5.0じわじわと具現化される普通の人の欲望の様か?

mayanさん
2019年5月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
mayan

5.0終わったらごはんが食べたくなります。とくにうどん。

Aiさん
2019年5月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

知的

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
Ai

5.0吉行和子さんが、エロ恐かわいい!

music boxさん
2019年5月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

幸せ

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
music box

1.5距離

Bacchusさん
2019年5月20日
Androidアプリから投稿

単純

寝られる

原作未読

出張先のホテルで読んだ新聞で学生の頃に下宿していた月光荘の大家、川島雪子さんが孤独死をしたのを知り20年ぶりにアパートを訪れるところから当時を振り返るストーリー。

 2年間悩まされた「騒音」がなくなり程なくして夕食に誘われたところから雪子さんとの交流が始まり次第にお小遣いを貰ったり、色々と踏み込んで来られるようになるが…。

201号室の存在もあり、取り込まれるのか襲われるのかとホラー的な不気味さが漂いつつも、恐さや緊迫感はないし、コミカルという程ではないけどどこか吞気な感じもある展開。

終わってみれば肩透かしの様な、やはりコメディの様な話だけど、笑いどころも膝を打つ様なものもなく残念な感じ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Bacchus
「雪子さんの足音」の作品トップへ