「前回までのMIBとは別物」メン・イン・ブラック インターナショナル takaさんの映画レビュー(感想・評価)

メン・イン・ブラック インターナショナル

劇場公開日 2019年6月14日
全119件中、87件目を表示
  •  
映画レビューを書く

前回までのMIBとは別物

時系列的にはMIB3以後の話。
エージェントM(テッサ・トンプソン)は
幼年期からMIBに憧れ、自身でNYの本部を発見し
エージェント入りとなる。

基本的な主人公は彼女となっており
見習い期間としてロンドン支部へ行き
エージェントH(クリス・ヘムズワース)と共に行動することに。

まさにマーベルの「ソー・ラグナロク」組の完成な訳ですが
この時期に公開したからこそ、集客は少し見込めるけど
それ以外では華がないと言っても仕方ない作品。

みなさんレビューしている通り、キャラクターが薄い。

ウィルのお茶目でベラベラ喋るけど芯が通っている男気や
トミーの頑固者で融通が利かない感じなど
顔や雰囲気、立っているだけで画になる二人と比較すると
どうしても今作の二人何か物足りない。

ところどころ出てくるエイリアンたちも愛嬌があり
面白い生態系のデザインでしたが、今作は既視感が強く
真新しさは感じられなかった。

おなじみの有名人のエイリアン監視中モニターも
今の時代をときめく人たちが映るのもお楽しみのひとつ。
序盤で出てきますのでお見逃しなく。

taka
さん / 2019年6月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 7 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報