劇場公開日 2019年1月4日

「怪作にして大傑作!幾重にも繰り返す模倣の先は…」シークレット・ヴォイス ありきたりな女さんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.5怪作にして大傑作!幾重にも繰り返す模倣の先は…

2019年1月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ありきたりな女
ありきたりな女さんのコメント
2019年2月15日

コメントありがとうございます!
観たら必ず書きます!

ありきたりな女
労働4号さんのコメント
2019年2月14日

マジカルガールの感想も是非。

労働4号
ありきたりな女さんのコメント
2019年1月30日

コメントありがとうございます。とても光栄に思います。

あの娘さん、もうこの子酷すぎると思ってあまり触れられなかったのですが、
この映画はやっぱり母と娘の呪縛みたいなものが軸になってるので、大事な存在ですよね。

ヴィオレタにとっての「人生最良の日」は、娘を生み、リラを知った日でした。
娘のせいで夢を諦めて、でも新しい希望としてリラを応援し始めて、
結局はリリとリラ親娘の呪縛を終わらせるため、そして自分と娘の関係に行き詰まってあの結末になるわけですから、
リラと娘さんは、ヴィオレタからするとファムファタールのような存在なのかなあと。どうあがいても逃れられないし、セットで突如人生に出現したようなものなので。

一応本文も一部加筆修正したので、新たな発見があればお聞かせいただけたら嬉しいです。

ありきたりな女
いぱねまさんのコメント
2019年1月25日

的確な論評で、感銘を受けました。

ヴィオレタの娘に関する事はどう思われましたか?

いぱねま
「シークレット・ヴォイス」のレビューを書く 「シークレット・ヴォイス」のレビュー一覧へ(全6件)
「シークレット・ヴォイス」の作品トップへ