劇場公開日 2019年2月8日

  • 予告編を見る

リーサル・ソルジャーズのレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全5件を表示

0.5親の七光り映画

2019年9月20日
PCから投稿

こんな映画よく作ったな。
メルギブソンの息子やからリーサルてか。
最低、最悪な内容です。
最低な映画が好きならどうぞ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

2.0リーサル・サン

2019年5月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

単純

元海兵隊員で今は傭兵となっているのが主人公(メル・ギブソンの息子、マイロ・ギブソン)、新たなミッションのためにチームを組まされるのだが・・・。
誰が味方か、何でもありで都合のいいアクション映画。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

1.0親の七光り映画

2019年5月3日
PCから投稿

メルギブソンの息子主演やからリーサルやねんで。
ソルジャーは人殺すやろ。
白い白馬みたいな、中身も二転三転七転び八起き七転八倒とわざとこじらせて見せてみました。
でも、銃撃は割と本格的です、カーチェイスも。
CIAのお姉さんが復讐のためにアホになりましてんな。
情報機関はアホではあかんな。
筋もアホやな。
核兵器の売り買い波止場でするか。
いつの時代やねん。
アホらしいから関西弁の感想やねん。
ほなさいなら。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシン

2.0皆有名人?

Bacchusさん
2019年2月9日
Androidアプリから投稿

単純

興奮

CIAにに雇われた傭兵達が元諜報員でISに寝返ったテロリストの暗殺と核兵器売買阻止の任務に当たる話。

オープニングの主人公紹介パートから若干の違和感はありつつも、お約束ともいえる傭兵顔合わせのいがみ合いとか、面通しに向かうエピソードの意外性とかなかなか面白そうだったんだけど…。

無理矢理ややこしく設定やエピソードを突っ込んでいて、しかも荒いから面倒臭かったり拍子抜けだったり。

とりあえず銃火器ぶっぱなしておけば的な感じですかね?

つまらなくはないけれど、これと言って引っ掛かるものはなくもの足りなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Bacchus

2.0メル・ギブソン

Naakiさん
2019年1月13日
PCから投稿

ネスレ・ミロを英語読みでは、マイロと発音するのはどうでもいいことだが、メル・ギブソンの息子とは知らなかった。「ハクソー・リッジ」という戦争を知らない者、特に日本人には受け入れられたが、第二次大戦のときには日本の軍隊に将校がいないように描いた白兵戦や銃弾薬の類が誇張されたくだらない映画を撮った人で酒に酔ったトラブルからユダヤ人がハリウッドを牛耳っていることを改めて知らしめた落ち目の俳優で外国資本特に中国の資本でしか映画を撮れなくなり、日本人がバッタバッタと倒れるところを中国人が手をたたいて笑っている姿が目に浮かぶ、その息子も一般視聴者や批評家からこっぴどく揶揄された映画に主演をし、その映画を観るのは日本人くらいのものなのか?アメリカのアマゾンでは歯に衣着せぬ物言いであからさまに言われている本作、なにがなんだかわからない映画と言えばよいのか?
アクション映画で銃創から弾薬が出ていたので☆2にした。
アメリカのアマゾンでは先に述べたように配信が始まっている。
エンターテイメント産業専門の業界紙Varietyの記者の投稿では、「この映画のストーリーは2重3重に入り乱れ、一貫性を超えてねじれてだんだんショボくなるお話。」SHADOWS ON THE WALLという映画サイトは「映画制作という点では、警官や強盗のテレビシリーズの品質にも及ばない。」と述べている。
マイロ・ギブソンを含め映画全体が面白くないと切り捨てたように言えるかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Naaki
「リーサル・ソルジャーズ」の作品トップへ