劇場公開日 2019年10月11日

「使用されたビートルズ曲の歌詞にも注目」イエスタデイ AuVisさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.5使用されたビートルズ曲の歌詞にも注目

AuVisさん
2019年10月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

笑える

楽しい

「ビートルズへのラブレター」を映画で表現するのに、バンドを伝記的に描くのでもなく、ミュージカル仕立てでもなく、熱烈なファンを通じて語るでもなく、「ビートルズが存在しない世界」を描いて実現させるという、その逆説的なアイデアが秀逸だ。

主演のヒメーシュ・パテルは知らなったが、哀愁を漂わせつつユーモラスな雰囲気も醸す表情がうまくはまっているし、自身で歌った歌も見事。ビートルズの代表曲が劇中で多数演奏されていて、ファンにとっては歌詞もきちんと物語上の状況に一致している(歌詞に合うようにリチャード・カーティスが脚本を書いたというのが正確だが)のも嬉しい。一例を挙げると、ジャックが車にはねられるシーンでは「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」の有名なエンディングのオーケストラによるクライマックスが流れるが、同曲の歌詞にもちゃんと交通事故の話がある。

あと、ジョンのファン感涙必至のエピソード。最高です。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 28 件)
AuVis
REDSTARさんのコメント
2019年11月11日

モーニング連載の僕はビートルズ

必見です。

REDSTAR
「イエスタデイ」のレビューを書く 「イエスタデイ」のレビュー一覧へ(全357件)
「イエスタデイ」の作品トップへ