劇場公開日 2019年10月11日

  • 予告編を見る

イエスタデイのレビュー・感想・評価

3.9570
29%
55%
13%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全570件中、1~20件目を表示

4.0英国映画史上、類を見ない野心作だが、蓋を開けてみると最高に爽やかな仕上がり

2019年10月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

リチャード・カーティスといえば、「ラブ・アクチュアリー」でビートルズが効果的に響いたり、「アバウト・タイム」にはアビーロード絡みの削除シーンがあったのが懐かしい。そこに投入されるのがダニー・ボイルという極北にある要素。これは二人だからこそ挑むのを許された、映画史上類を見ない野心作だ。

序盤はボイルの縦横無尽の映像力がキマる。大停電になるところや、主人公が戸惑いつつ状況を理解していくくだりなど、説明的な流れを軽快なテンポで描き切る点が素晴らしい。スケールの大きな展開を上手くまとめあげるのも彼のお家芸。一方、終盤に顔を出すのはカーティスの持ち味だ。オリジナルとは何か。先人たちに敬意を払いつつ、いかに新たな試みに挑んでいけるのか。表現者ならではの葛藤が程よい熱量で発露する。

二人の持ち味が微塵も損なわれていないのが最高に嬉しい。野心的な試みは見事に実り、爽やかな印象を持つ快作に仕上がった。

コメントする
共感した! (共感した人 49 件)
牛津厚信

4.5使用されたビートルズ曲の歌詞にも注目

2019年10月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

笑える

楽しい

「ビートルズへのラブレター」を映画で表現するのに、バンドを伝記的に描くのでもなく、ミュージカル仕立てでもなく、熱烈なファンを通じて語るでもなく、「ビートルズが存在しない世界」を描いて実現させるという、その逆説的なアイデアが秀逸だ。

主演のヒメーシュ・パテルは知らなったが、哀愁を漂わせつつユーモラスな雰囲気も醸す表情がうまくはまっているし、自身で歌った歌も見事。ビートルズの代表曲が劇中で多数演奏されていて、ファンにとっては歌詞もきちんと物語上の状況に一致している(歌詞に合うようにリチャード・カーティスが脚本を書いたというのが正確だが)のも嬉しい。一例を挙げると、ジャックが車にはねられるシーンでは「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」の有名なエンディングのオーケストラによるクライマックスが流れるが、同曲の歌詞にもちゃんと交通事故の話がある。

あと、ジョンのファン感涙必至のエピソード。最高です。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 64 件)
高森 郁哉

4.5「ビートルズのいない世界は、たまらなく退屈よ。」

2022年1月9日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
といぼ:レビューが長い人

4.0ありそうでなかった発想

2022年1月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

幸せ

意外にこじんまりとしたスケールで、かつこの手の作風にある恋愛及び人間関係の愛憎全てを爽やかに描き切るタッチは、作品に余計な重さがなくて楽に観れる。
エド・シーランの自虐的なネタもなかなか踏み込んでいて笑える!
ビートルズ以外に無くなった音楽作品を別の人物が世に送り出す続編が観てみたい👍

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヒックス伍長

3.5幸せになりたくば愛する人に愛を叫べ

2021年12月16日
iPhoneアプリから投稿

ビートルズに最近ハマっているので音楽だけで満足、ということだけでは言い切れない映画だった。大切なものとは何か、幸せとは何か。そんなことがわかった気がする。また今度好きな人ができたらレンタルしてみたい作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
コミコミ

0.560分くらいで見るのやめた。

2021年11月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

主人公がエドシーランとの真剣勝負でビートルズの楽曲を使った時点で、彼がただの卑怯者にしか感じられなくなった。「音楽で認められたくて頑張ってる」のではなく「音楽で生活できれば何でもいいんだな」と冷めた。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
まなつよかぜ

4.5眩いお伽話

tunaさん
2021年11月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

懐かしい楽器の数々に泣けました。
素晴らしいストーリーと展開、設定も見事でした。
傑作、面白かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
tuna

4.0エド・シーランに勝るのはビートルズだけ

Sheetaさん
2021年9月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

エド・シーランに勝るのはビートルズだけ、みたいなハチャメチャな発想がめちゃくちゃ面白かった。エド・シーランが本人役で登場したのも興味深かった、なんならポール・マッカートニーも出てくるのかとちょっと期待した笑。ビートルズの曲はやはりいいなあ、としみじみ。気になったのは結局この不思議な世界でジャックは生き続けるのか、ジャック以外にビートルズを知っている人がいたけれど、この辺のミステリーな部分の謎解きはなかったのかと言う点。ただのビートルズはエド・シーランより凄かったで終わらせるのは発想が面白かっただけに残念な気がした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Sheeta

3.5ビートルズのファンでない立場からすると

2021年9月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ビートルズのファンではないけれども、曲はやはり良いものが多いと再認識しました。現代においてエド・シーランよりも人気がでるかは「?」ですが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
にこにこどり

3.0斬新な発想…

ケイさん
2021年9月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 35 件)
ケイ

3.5タイトルなし

lilyroseさん
2021年9月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

イギリスの小さな海辺の町
音楽で有名になることを夢見るジャック
世界規模の大停電が発生し事故にあう
目を覚ますとそこは
ビートルズの存在しない世界になっていた。

夢を諦めかけていたジャック
ビートルズの曲で成功をするが…

テンポよい作品
ビートルズの名曲の数々
素敵な曲にのせた後味スッキリ映画
エド•シーランがエド•シーラン役として登場
歌ってくれてるのも嬉しい

音楽。人生に必要です

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
lilyrose

4.0まとまりのある作品でした

takeさん
2021年9月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
take

4.5エリー最高

2021年9月12日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

幸せ

萌える

ビートルズがない世界だけに逆にビートルズ好きにはたまらない映画。常に第3者的な目で見れて眠くなることは全くなかった。ただ、ジャックには色んな場面で歯がゆくなり、エリーのひたむきな心に好きにならずにいられなかった。最高にかわいかった。ので、終盤は少し残念な進行も、期待していたようなハッピーエンドで見て良かった。うれしかった。色んな価値観が問われる映画だったのではないか?と思う。それにしても、エンドロールの曲はなぜ、イエスタデイではないのか?映画の題名とシンクロしてないけれど・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Elton Shin

4.5もしもボックスを使ってみた(ビートルズ編)

Aprilさん
2021年9月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

これどらえもんも登場して欲しい!
発想が最高です♡

そして、歌っていいなぁと改めて思った♪

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
April

5.0Beatlesの作品って素晴らしいと再認識させてくれる、そんな暖かい作品。

2021年9月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

当たり前だが本作はBeatlesありきで作られていて、本国イギリスでは当たり前というか、一般教養並に知られているBeatlesネタがガッツリ出てくるわけなので、知らないとシーンシーンの良さがわからないかもしれないし、見ていて飽きるかもしれない。

こういう映画は大抵、掴みは良くても、秘密を知っている人にバラされて主人公が追い詰められて終わるっていう流れがあるというか、容易に想像できるのだが、途中までその流れを徴収しつつもしっかりとハッピーエンドで終わったのが良かった。見ていて楽しい1時間52分だった。結構あっという間だった。あと、主人公が、地位と名声に固執しちゃったり、金の亡者になったりしないで、しっかりと彼女を愛していたこと、それとBeatlesのことを第1に考えていたことがとても好感が持てて、見ていて気持ちのいい作品だった。

エド・シーランがいい味出していた。あんまり好ましい役では無いけど、引き立て役として、本役を引き受けてくれたのが素晴らしい。ジョン・レノンのシーンは、本作ならではだし、かなり感動。そう来たかと。

ダニーボイルの作品は”トレインスポッティング”然り”スラムドッグミリオネア”然り、あんまり好きになれなかったのだが、本作はかなり良かった。最初の歯が欠けているシーンとかは、ボイルっぽいなって思えた。

俳優は知らない人だったけど、結構好み。役柄にあっていて、2枚目じゃないっていうか、Beatlesの1ファンっていう立ち位置なのが凄く良かった。

予告を見た時はBeatlesだけが無くなっている世界って感じだったけど、本編見たら、OASISとかコーラとか、はたまたハリーポッターすら無くなっている世界だったのね。ちょっと上手く騙された感じ。

素直に面白いと思えたし、何より飽きなかったし、俳優の演技、それと音楽の使い所、脚本のテンポの良さも素晴らしかったし、満点。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
松本一輝

4.5ビートルズの前にはエド・シーランすら雑魚

2021年9月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

やられた。本当にいい映画だった。笑って、泣いた。

エド・シーランを除けば、日本ではそれほど有名な俳優も出ておらず、「どうせビートルズの曲を適当にフィーチャーして、お話に仕立て上げた企画ものだろう、夢オチか?」ぐらいにしか思っていなかった。もちろん曲が素晴らしいのは誰もが認めるところ。問題はその楽曲に対する向き合い方だ。

事故にあい、ビートルズ(や、コカコーラ、タバコなど)が存在しない世界に、意識を取り戻したジャックは、失ったヒゲと前歯の代わりに、スターダムを駆けあがっていく。そのせいで彼の日常はめまぐるしく変化し、どんどん孤独に追い詰められていく。この対比が面白く、ストーリーが巧みに展開するので、コメディとして見ていて楽しくて、楽曲に添えられた字幕も、ストーリーの進行に沿ってうまくハマっている。

例えばエド・シーラン(なんと本人役!)の前座としてツアーに参加し、モスクワで『BACK IN THE U.S.S.R』を歌い熱狂的にウケている様子なんか、まるでこの映画のために書き下ろされた曲のようにピッタリとハマっている。あまりのオーディエンスの熱狂ぶりに嫉妬したエドが、思わずバトルを持ち掛けるくだりは、ジャックの戸惑いと才能をうまく語っている。というより、ビートルズをトレースしているのだから誰もが認めるに決まっている。ビートルズに嫉妬する(どちらかと言えば自分の曲の及ばなさに腹を立てる)エドは、普通に考えれば不自然極まりない設定だ。それを可能にするのがビートルズの楽曲と、シンプルだが心に響くジャックの歌声。

主役のヒメーシュ・パテルは、この映画のために特訓を積んだようだが、そのライブパフォーマンスは素晴らしい。歌声を聞いただけで泣きそうになる。それに加えて元マネージャーのエリーとの切ない距離感がなんともいじらしい。ふたりとも、秘めた思いを口に出せずにいる。お互いに片思いでいるなんて、実に魅力的な設定じゃないか。

ちょっと似た設定で映画『ラ・ラ・ランド』を思い起こさせるが、あちらはお互いに演者側で、お互いに成功を収めることですれ違いが生まれ、応援してくれる大物ミュージシャンとしてジョン・レジェンドが出演しているが、もちろん架空のミュージシャンとしてのキャラクターを演じていた。なおかつ、ミュージカルシーンはストーリーから独立しており、登場人物の気持ちを代弁する言わばメタフィクションとしてのみ存在する楽曲だ。映画の中に、『ラ・ラ・ランド』などどいうヒット曲は存在しないのだ。

ところが、この映画は大物ミュージシャンとしてエド・シーランが、なんと本人役で出演しているのだ。そして楽曲は聴衆の前で演奏される、言わば状況音として使用される。映画の世界でファンに支持され、具現化されていく。そのプロセスと描き方が、まるでビートルズが世界中に浸透していくさまを、追体験させてくれるようで小気味いい。

気になるのは、本当にビートルズに触れたことのない世代。オルゴールとか、知識としてしか知らない若い人たちに、この映画がどう受け止められるのだろう?ということ。現時点の評価では、『ボヘミアン・ラプソディー』の足元にも及ばない。だが、映画としては私はこっちのほうが断然好きだ。

それからこの映画には、悪趣味とも思えるやや意地の悪い「仕掛け」がいくつか存在する。それは見てのお楽しみとしか言えないが、私はギリギリ受け入れられた。

まさかの「夢オチ」を予想している人。
自分で確かめてください。

2019.10.16

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
うそつきカモメ

3.512分間の世界的な大停電の後、ビートルズの存在しなかった世界になっ...

省二さん
2021年8月28日
PCから投稿

12分間の世界的な大停電の後、ビートルズの存在しなかった世界になっていたという。
設定はぶっ飛んでいるが、内容はおもしろい。
ついでにコカコーラとタバコとハリポタも存在しないというのはおまけみたいなもの。
全くの無名歌手がビートルズの歌をパクったからといって、大スターになれるかは疑問だが、そこはビートルズへのリスペクトを感じる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
省二

2.0話にかなり無理がある。

2021年8月28日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
くろしげ

3.5Queenのボヘミアンっぽいけど設定が独特で面白い

2021年8月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

時代のせいでオンタイムで聴いてはなかったけど元々ビートルズ好きな方なので物珍しさで視聴しました。
そもそもの設定に強引さは確かにあり、ビートルズ以外にも失われたもの達の種明かしが自分にはできなかったので少し物足りない部分はあった。でもそれを大きく上回る名曲の数々がちりばめられており十分のめり込んでいけました。
エリーもキュートでかわいい(^o^)👌

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ひろゆき18

3.0まぁまぁ🙎‍♂️

2021年8月25日
iPhoneアプリから投稿

可もなく不可も無くって感じ。そもそもの設定に「んな訳ないやん」と入り込めず冷めている自分がいる。映画には重厚さを求めてしまう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
@Jankichi@
「イエスタデイ」の作品トップへ