「恋せよ、乙女」リヴァプール、最後の恋 Marikoさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

リヴァプール、最後の恋

劇場公開日 2019年3月30日
全15件中、6件目を表示
  •  
映画レビューを書く

恋せよ、乙女 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

辛口レヴューの方は何をカリカリなさっているのでしょう?
観てきましたが、いい映画じゃないですか。。。

アネット・ベニングめちゃキュートですね。
きっと、実際のグロリアもこんな方だったんだろうなと… エネルギッシュで、コケティッシュで、気高くて。
アネットは流石の貫禄の演技、当然のように脱ぐし。
なんか、喜怒哀楽見てて全てが気持ちがいい!

相手役のジェイミー・ペルの映画初めてでしたが、とても上手い。
電話でグロリアの担当医と初めて話すシーンを観て、あ、これはいい映画だなって思いましたし、とても魅力的な俳優さんで、これからも楽しみです。

終盤、いよいよ弱ったグロリアを連れて劇場へ。
何をするためかはここに書きませんが、号泣でした。
人は皆いつか死ぬけど、こんな風に愛されて、支えられて、人生を終えられたら最高。
そんな風に思いましたし、限られた人生、ちゃんと恋をしよう、恋愛をしよう、そう思いました。

Mariko
さん / 2019年4月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報