「無双っぷりが痛快」キャプテン・マーベル M.Kotaroさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

キャプテン・マーベル

劇場公開日 2019年3月15日
全345件中、262件目を表示
  •  
映画レビューを書く

無双っぷりが痛快

劇場で鑑賞。一連のMARVEL作品の中では一番好きかもしれない。終盤で「覚醒」したキャプテン・マーベルの無双っぷりがとにかく痛快。「キャロル・ダンヴァース」という自分の本当の名前を口にして,幼い頃からの様々な「束縛」から文字通り立ち上がるシーンも感動的だ。

女性が主人公のスーパーヒーロという点でDCコミックスの「ワンダーウーマン」と比較されがちかもしれないが,コスチュームの露出が高くてセクシーな雰囲気をまとったワンダーウーマンと,全身を特殊スーツに身を包んだキャプテン・マーベルとでは,観る者に与える印象がまるで異なる。キャプテン・マーベルには良くも悪くも女性らしさやセクシーさが感じられず,性別を超越していると思う。もう単純にかっこいいのだ。

ネコ好きとしてはグースの存在も見逃せない。かわいいし強いし,なかなか重要な役回りを演じているのだ。

M.Kotaro
さん / 2019年3月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 9 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報