「難解なテーマを上質なエンタメ作品に仕上げるアダム・マッケイ監督の辣腕」バイス NOBUさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「バイス」 > レビュー > NOBUさんのレビュー
メニュー

バイス

劇場公開日 2019年4月5日
全126件中、85件目を表示
  •  
映画レビューを書く

難解なテーマを上質なエンタメ作品に仕上げるアダム・マッケイ監督の辣腕

前作「マネーショート」もそうであったが、政治・経済というややもすれば難解になりがちなテーマを諧謔味を摺りこみながら分かりやすく観る側に伝える術の冴えは流石のアダムマッケイ監督。今回は狂言回し役が効果的に描かれ、物語の分かりやすさ、面白さを増幅させている。しかし、その裏側で当時の政権が行った事を辛辣に暴き、更にその流れを加速させている”オレンジ色の顔の男”を痛烈に面罵する気概が気持ち良い。先週公開のロブ・ライナー監督の「記者たち」と合わせて観ると面白さが増すと思います。(個人的には先に「記者たち」を観るほうが良いと思います。)

NOBU
さん / 2019年4月6日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 5 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報