劇場公開日 2019年7月12日

「”幸せ”“楽しみ”を考えさせる、実は深い作品??」さらば愛しきアウトロー 勝手な評論家さんの映画レビュー(感想・評価)

3.681
15%
62%
21%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.0”幸せ”“楽しみ”を考えさせる、実は深い作品??

2019年7月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

幸せ

実在の強盗犯フォレスト・タッカーを描いた作品。

主演のロバート・レッドフォードも、御年82歳。この作品で、俳優業引退です。そう言う感慨を持ってみると、なんとも深く感じるのは気のせいでしょうか?

時代は、1980年代なので、“まだ”牧歌的な雰囲気もアメリカには残っていたんでしょうかね?いま、アメリカで武装強盗何てしまった事には、あっという間に、SWATが駆けつけてきて、あっという間に銃撃戦になりそうな気もしますが、タッカーは、穏やかに、言葉だけで銀行強盗を成し遂げて、且つ、銃撃戦にもならずに、正面入り口から堂々と逃走を図っているところが、中々興味深いです。

それと、この作品で描かれた時点に至るまで、16回も脱獄している訳ですから、凶悪犯でもあるのだと思うんですが、それでも、あまり警察と激しいやり取りにはならないんですよねぇ。まぁ、その時点でのタッカーの年齢もあるんでしょうけどね。

一応、コメディ?終盤になるまで、あまりコメディっぽい描写はありませんが、終盤になって、いくつか連続して“ネタ”が投入されます。もっとも、老人が、言葉だけで銀行強盗を行うと言う事自体が、ある意味、コメディとも言えなくも無いですけどね。

ロバート・レッドフォード最終作品と言う事もあってか、劇場ロビーには、過去のロバート・レッドフォードのポスターが掲示されていました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
勝手な評論家
「さらば愛しきアウトロー」のレビューを書く 「さらば愛しきアウトロー」のレビュー一覧へ(全81件)
「さらば愛しきアウトロー」の作品トップへ