「一瞬一瞬を大事にしたくなる」君は月夜に光り輝く an7さんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

君は月夜に光り輝く

劇場公開日 2019年3月15日
全119件中、95件目を表示
  •  
映画レビューを書く

一瞬一瞬を大事にしたくなる

涙って量じゃないんだなって、改めて思いました。
キミスイは確かにたくさん泣ける、でもキミツキは気づいたら涙が伝う、そんな感じ。
綺麗な涙が、スーッと頬を伝いました。

架空の病の話ではあるけれど、主演の永野芽郁さん、北村匠海くんの自然な演技が物語の異質さとうまく調和されて、スッと入り込める作品になっていました。
感情を声に出さずとも、観ている側に伝わるってすごいな。
月川監督ご本人が担当されたと言う脚本も、個人的にすごく好きでした。
映画やドラマのセリフって、こういう時には大体こう言うって予想ができてしまうけど、キミツキは型にはまらないあまりに自然な脚本で、それもまた受け入れやすい世界を創り出していました。

卓也の姉の過去についてもう少し触れられていたら、言うことなしの五つ星☆…かな。
その辺りは原作で確認したいと思います。

まみずは、映画を観た全ての人の中で生き続けるんだろうな。

(地元で撮影したシーンがあるみたいだけど、どこかわからなかったな…エキストラ、バイトがなければいけたのに。)

an7
さん / 2019年3月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 6 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報