「深い愛情に包まれた詩的でファンタジックな時間」マチルド、翼を広げ こうさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

マチルド、翼を広げ

劇場公開日 2019年1月12日
全10件中、9件目を表示
  •  
映画レビューを書く

深い愛情に包まれた詩的でファンタジックな時間

別の世界に生きているかのような、自分は世の中から取り残されてしまうんじゃないかという気持ちを必死に整理するママ。そのママに愛されたいと思っているマチルド。
個人的に少し境遇が似ているから、自分に重ねて物語を観ていました。

ママは情緒不安定で「?」な発言が多いけど、ふいに心に刺さる(残る)言葉が端々にあり、マチルドへの愛が垣間見える。
マチルドの事を愛しているがゆえに、後半の決断はママの心情を思うと切なくて悲しい。

雷雨の中で踊るダンスは、これまでの物語を総括するかのような何とも言えない心地いい時間に。
お風呂場でマチルドがママを抱きしめる姿はグッときて、涙を誘う。
普通の物語だったら「マチルド可哀想」だと思うのだろうけど、そうは思わせない。だってマチルドは終始笑顔だったから。

初日に行われた枝優花監督とライター月永さんのトークショーで物語の新たな発見も!
もう一度観たいなぁと思わせる作品。おすすめです。もちろんフクロウの役割とバランスは言うまでもなく素晴らしい!

KO
さん / 2019年1月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 5 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi