LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯てのレビュー・感想・評価

LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て

劇場公開日 2019年1月18日
20件を表示 映画レビューを書く

仰天の密室劇

ラブホテルの一室で繰り広げられる仰天の密室劇。度重なるどんでん返しに何度も騙されました。ただヤクの売人ウォンのセリフが早口で聞き取りにくいのが難点。
2019-33

隣組
隣組さん / 2019年2月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

騙し騙されのどんでん返しのような展開にきっと度肝を抜かれます

歌舞伎町のラブホテルの一室を舞台に繰り広げられるコンゲーム作品。警察官の間宮と懇意のデリヘル嬢・麗華の逢瀬から始まる物語は、間宮の妻で婦人警官でもある詩織の登場と、何かアブナイ雰囲気を纏ったその他の乱入者でもうカオス状態に突入します。狭い舞台で攻守が激しく入れ替わる様はまさに舞台演劇向きだと思いますが、これをホテルの部屋に設置したビデオカメラの映像に置き換えることで、ちゃんと映画作品に仕上がっていたように思います。そして衝撃のラスト、これはもう映画でしか表現できないでしょうね... 「カメラを止めるな」と同じくらい話題になっても良い作品だと思いましたが、お色気ゆえのR15+がネックだったとすれば惜しいなぁ~

ホワイトベア
ホワイトベアさん / 2019年2月20日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映画はこうでなきゃ

映画というのは現実には「ありえない」事をあたかも「ありえる」もしくは「ありえた」と描くものだと定義すると、この映画はまさに「映画らしい」映画だと思います。最後のシーンは驚きましたが、思わず「この手があったか」とうなる見事さです。まさしく「PLANの涯て」です。

PAK UNTIK
PAK UNTIKさん / 2019年2月16日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

芝居的な評価はできるが映画としては厳しい

ラブホテルの一室で繰り広げられるから変化を持たせるためにワンカメラにしたのか。その演出がわざとらしさにつながってる気がした。そんな動かし方する?という違和感がすごい。
それでも後半のたたみかけるような伏線回収とテンポのよさは結構好き。ただ、これが芝居として劇場で観るならOKでも、映画としては若干きついかな。ラストもなんのためにあんなことにしたのか。なんかもったいない!

kenshuchu
kenshuchuさん / 2019年1月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

スピード感

半端ない。むしろ情事のシーンが箸休め。

taco
tacoさん / 2019年1月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

酒井若菜が弾けるが…このエンディングはきつい

刑事の間宮(三上博史)とデリヘル嬢のれいか(三浦萌)のラブホテルでの情事に間宮の妻で警官のしおり(酒井若菜)が乱入し、二人をこてんぱんにする。酒井若菜のイメージを払拭する弾けぶりが楽しい。

そこからはヤクの売人やらヤクザなデリヘルのマネージャーがやってきてぐだぐだな展開に。二転三転の末の結末もイマイチかな〜

エンドロールの幸せな情景は出色だったが、突然のシャットダウンにかなり落ちて帰路についた。

ある意味クラシックとも言えるエンディングで、これはこれで正解なのだろうが、今の私にはきつかった。

まっくん a.k.a. エロくそチキン
まっくん a.k.a. エロくそチキンさん / 2019年1月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

重厚な脚本と映像、そして、演技! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ちょっと気になった程度だったけど、シチュエーションに魅力を感じて、あまり期待もせずにいたけど、非常に質の高い作品だった!。冒頭では、最終的にどうなるのか?を暗示させてて、まぁ、なんで?都合よく現れる???と不思議に思う事も衣装の件も、腑に落ちさせた脚本も素晴らしいし、ラストシーンに驚いた。

役者陣の演技も素晴らしかった!。

ただ、酒井若菜さんのセックスシーンで興ざめした。裸にならないセックスなんてありえない。カット割りでごまかせないなら、潔く脱ぐべきだと思う。酒井若菜さんもとてもキレとコクのある良い演技してたけど、完全にキャスティングミスだと思う。
あのセックスシーン以外はほぼ完璧だった。

シゲルデハル
シゲルデハルさん / 2019年1月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白い

最後まで大どんでん返しがあって、面白かったです。これから見る方は最後の最後まで見た方が良いですよ。

ごっとん
ごっとんさん / 2019年1月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

グダグダ演劇楽しめる人は楽しめる

終始てんやわんやのグダグダでした
ストーリーの性格上グダグダした部分と、リズムが悪くグダグダした部分と両面あったので、好き嫌いが分かれると思います
それでもわたしは転々する感じが楽しかったです
現実味はないけれど、そこを気にしなければ、わちゃわちゃした楽しい映画だと思います
デリヘル嬢の女の子がとても良い演技でした!

まみむめももも
まみむめもももさん / 2019年1月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

何故「あいあい傘」の次がこれなのか?

宅間孝行の監督・脚本で描いたワンシチュエーションの群像劇。
今までの舞台演出の内容とも全く違うこの映画。何故この作品を撮りたかったのだろうか?
物語は、ラブホテルという密室を舞台に、それぞれが互いの弱みを握る一方で、弱みを握られてもいる登場人物たちの思惑や立場が交錯し、物語が思わぬ方向へと転がっていくという内容だが、爆笑するほどのコメディでもなく、ラストで「あぁそうだったのか」という感じの残る微妙な作品でした。

aki007
aki007さん / 2019年1月23日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

2019 ワースト

まだ始まったばかりの2019年ですが、
私的にはワースト10、或いはワースト5に入る予感が致します。

この手の邦画には、稀に面白いのがあるので
微かな期待をもって鑑賞しましたが、裏切られました。
端々にと言うか、全体的に、小コント的な面白さは多々あるのですが、そこ繋げるの無理ありませんか?の連続でして…
そして何より、ラストが後味悪すぎで吐き気をもよおしました。
こんな事なら、途中で席を立てば良かったとさえ思いました。

momo8
momo8さん / 2019年1月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

おもろいハチャメチャ

このハチャメチャな展開と俗っぽい誹謗がとってもいい。警察官の間宮、デリヘル嬢、婦人警官、ヤク売人、デリのメネージャー、順番でキレているところも面白い。ストーリーのどんでん返しを楽しんで作っている感じ。ひさしぶりにこんなB級っぽい映画を楽しめた。結論なんかどうだっていい。三上博史、まだまだいけるじゃん。宅間監督の映画、他にもみてみたいと思った。

にっしん
にっしんさん / 2019年1月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

マスタードは…

勤務中にラブホテルにデリヘルを呼びお楽しみの刑事ところへ警察官である妻が乗り込んで来たことから巻き起こる話をカバンに仕込んだカメラの映像でみせるというモックドキュメンタリー。

カメラを仕込むところから始まるというシチュエーションからどういうことかとは頭にあったし、もしかしたらというところもあったけれど、次から次に乗っかって来るハチャメチャな状況と展開に、ラブホテルを舞台にしたコントだなと思えてくる。

あり得ないだろうと引っかかっていたところは一応納得させてくれるし、そんなアホなという程のご都合主義満載だけど、まあこういう話だしというところで面白かった。

エピローグは執拗過ぎて…もうちょっとスマートに行かないもんかね。ラストが安っぽく感じた。

Bacchus
Bacchusさん / 2019年1月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

DVDには3パターン入るそう(笑)

舞台挨拶付きの回で鑑賞。
裏話や苦労話が聞けて良かったが、低予算映画にありがちな、苦労した割には観客に伝わらないというパターンだったなと、しんみりした(笑)
ワンカメラワンショットを売りにしてたが、結局それだけが特徴で、他に目新しさも無かった気がする。ストーリーもそれ程ビックリする内容ではなかったし。
固定カメラで長回しなので、ワザとなのかどうか、時々演者がフレームアウトしてしまって、音だけで状況を想像しないといけないシーンも多かった。
舞台挨拶の時に、DVDには3パターン入る予定と言っていたので、最初からDVDでのヒットを狙ってたのかな?と勘ぐってしまった(笑)
どう考えても、テレビでは放映され辛い作品だろうなーと思ったし(爆)

古リラッ熊
古リラッ熊さん / 2019年1月20日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

その全ては”因果応報” ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ワンカットワンシチュエーション風の舞台劇。斬新だったのは、カメラ自身もシーンの小道具として鞄にいれた『隠しカメラ』を役者がその都度アングルをさりげなく換えながら撮影されていくという体の作りとなっている。その撮影方法はもしかしたら過去にも試みられているとは思うが、自分としては初めて観る手法である。俳優陣もインタビューで答えていたが、かなりの用意周到な準備とその伏線張りの順序等を演技に交えながらの行動に驚かされる。
とはいえ、ストーリーそのものは、かなり無理のある設定だったのではないだろうか。リアリティは限りなく薄く、なので演技も又どうしても演劇っぽいオーバーリアクションに始終してしまう。勿論、メタ構造であるから、作品の中で入れ籠のように演技をしているからと言ってしまえばそうなのだが、まぁご都合主義的な流れがどうしても鼻につく。
内容としては、それぞれスネに傷を持つ刑事と婦警が、お互い弱みを握られているデリヘル嬢とヤクの売人を自分たちの手を汚すことなく始末しようと計画を企て、遂行する奮闘記を隠しカメラで証拠としてお互い持ち合うという流れである。まぁ、そのドタバタはそれなりにコントなのだが、役者がやるコントなのでハッキリ言ってキレは悪い。気が強くなったり弱くなったりがどうしてもワンカットのため、スイッチではなくボリュームのように膨らんだり萎んだりしてしまうので、テンポが悪いのである。芸人ならばそこは切り替えの速さを武器にするのだろうけど、酒井若菜も三上博史もベテランとしてその懸命さは認めるのだが、波に乗れない、リズム感の悪い演技になっているようにみてとれた。結局、こんな大仰なプランが必要だったのか、もっと何か無かったのか、この計画の収拾先としてデリヘル店長に引っ被らせるのは荒唐無稽というより”イミフ”(何で店長は借りが出来たみたいな態度でスゴスゴ引き下がったのか?あれではそれこそ第3の共犯者じゃないのか?)と、ツッコミを入れたくなるようなグダグダ計画が取り敢ず無事成功し、晴れて2人の共犯関係は成就されるのだが、実は今作品のキモはそこではない。実はこの三文芝居も何もかも、スタッフロール中のお互いの安定した幸せな生活を余りにも執拗に映し出す所で、疑念が湧いてくるのである。ここまで2人の成功を映像化する必要があるのだろうか?、これこそ“吊り”なのかもと・・・・ そして案の定エンドロール後の横断歩道での衝撃のシーン・・・お互いに街であっても無視しようと決めた”フリ”もここで生きてくる。
明らかに全ての伏線はポスト・クレジットシーンに撒き餌として容姿周到に練られた構成である。これには思わず情けないが声を上げてしまったw かなり面白い結末である。アナウンスが無かったから、知らなければエンドロール中に帰ってしまう客もいるのではないかと心配になる程、中々のシーンであり、VFX技術の精巧さも目を見張るモノがあった。
酒井若菜があの年齢でも見事な巨乳で、折角揉みしだかれても脱がなかったのは非常に残念として言えない。ここは覚悟を持ってバストトップは出すべきだったのでは?元アイドルの女の子があれだけ体張ってバストトップ披露しているのに、ベテランが脱がなきゃ示しが付かないんじゃないの?と、苦言を呈することを最期に付け加える。

いぱねま
いぱねまさん / 2019年1月20日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  笑える 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

ケチャップ

㊗️14年ぶりの主演!前はなんやろ?「パラサイト・イブ」?それとも「孔雀王」?…(^^;;
いやー作りも演技も尖ってる!ワンシチュエーションで飽きさせず観せる演出はなかなか秀逸!少しオーバーアクト気味も三上節!

Shige12
Shige12さん / 2019年1月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

長回しワンカットとかカメラアングル効果で、舞台的な演出のドタバタ劇...

長回しワンカットとかカメラアングル効果で、舞台的な演出のドタバタ劇な前半。
一変する後半に面白い展開が待っていた。次から次への伏線回収に納得しながら予想外な展開に意表を突かれた。
追い討ち、最後にガラリと雰囲気が変わり、その流れからのエンドロールも同じ映画と思えないほどの変わり様、とても良かった。
がスッキリしないのはいろいろと辻褄あわせが気になるから。実はこうだったという舞台裏が沢山あるんだろう。
そして重要な濡れ場の描き方、ちょっと雑じゃないだろうか?もっとエロいの知ってるよ!って思ってしまった。ゴクりって感じの見せて欲しかったな。

Chiharu
Chiharuさん / 2019年1月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

スリル満点💯

ストーリー展開、面白過ぎ❗
カメ止め🎬に、色気を加えた味わい
ですかねぇ。

たかたかぼうし
たかたかぼうしさん / 2019年1月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ほとんど三人で進行

舞台演劇として楽しみました。ラストシーンは見逃すなです。

びわ湖のこーちゃん
びわ湖のこーちゃんさん / 2019年1月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

あれ?つまらない!

なので、観ようとおもったんだろ?

かん
かんさん / 2019年1月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

20件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報