劇場公開日 2019年9月6日

  • 予告編を見る

タロウのバカのレビュー・感想・評価

3.050
12%
32%
34%
11%
11%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全50件中、1~20件目を表示

3.5我々の生きる時代の生々しい現実を、突きつけられているかのような衝撃

2019年9月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

好きか嫌いかと問われれば、断然「嫌い」と答える。しかし、それは決して直線的に映画の評価へとつながるものではない。この映画が私に嫌悪感を抱かせるほどに爪痕を残したのも確かな事実だから。いわゆるお行儀のいい映画とは違う。最初から最後まで挑発的。観ている側はずっと喧嘩を売られている気分になるし、暴走ぶりが加速度を増すと、理由もなくこめかみに拳銃を突きつけられている恐怖すら込み上げてくる。

個人的なことを言えば、本作を観た日の朝、TVのニュースでまたひどいニュースが伝えられ、この国、この時代がまた一段と嫌いになった。その時に感じた激しい嫌悪感が、鑑賞後、再びむせ返そうになるほど濃厚に蘇ってきた。この映画には現代の生々しい空気や、目をそらしたくなる現実が、むき出しに提示されている。そこには痛みしかない。それを直視することからしか何も始まらない。ある意味、暴動のような、そして亡霊のような映画である。

コメントする
共感した! (共感した人 5 件)
牛津厚信

5.0この作品のなかで、豊田エリーが登場するのはたったツーシーンですが、...

Rimuさん
2020年4月11日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

この作品のなかで、豊田エリーが登場するのはたったツーシーンですが、
彼女は非常に重要な役柄です。
なぜ豊田エリーが起用されたのか、なぜ豊田エリーじゃなくては
ならないのか?そして菅田将暉が起用されていることも含めて
考えてみると、たて糸とよこ糸が見えています。
日本映画のダイナミズム。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Rimu

3.5すごいものを見た

いつこさん
2020年4月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

主演のYOSHIという子がなんか凄い。本当にそこらへんにいる流浪の子(そんな子見たことないけど)を捕まえて来たような感じ。モデルなんだぁ。凄いなぁ。。表情、仕草、野生感がすごいよ。この子のオーラと、しっかりと、釣り合っていたのが菅田将暉と太賀。三者三様の闇。今後タロウはどうなっちゃうの。しかしこんな無法地帯ってあるかな。菅田将暉はいつまで高校生役やるのかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いつこ

3.5ドキュメンタリーぽい。

PINOさん
2020年3月7日
iPhoneアプリから投稿

レビューが難しい映画。

映画というより、TVでは放送できないけど現実的には世の中にまだまだ隠れている部類の人達の密着ドキュメンタリーを見たような気分になった。

この作品に出てくるような人間や生活は腐るほど存在するんだろうな、もちろん無くなって欲しいけれど。

目を伏せたい気持ちになると思うけど、こういう作品をあえて作る監督の感性は私は好き。
同監督の『光』の瑛太が演じた人生も似た類。

他のレビューでもあるが、冒頭の施設シーンやタロウの家庭環境とかの答え合わせ要素がもうちょい欲しいなぁ、なんでそうなったのか。

yoshiの演技は賛否両論あるけど、上手かったと思いました。
次に期待。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
PINO

4.0【”高く飛んだら、落ちて死ぬだけ。”真に愛された事のない若者達の姿を苛烈に描く。】

NOBUさん
2019年12月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 20年前だったら、ファースト・シークエンスを観た時点で席を立っていただろう。(最近は自重しているが、席を蹴り上げたくなる場面である・・。)

 それ程、嫌悪感を覚えるシーンから物語は始まる。
 (私自身の時は流れ、映画内容を受け入れる訳ではないが、この後どうするのか?という興味を持って映画を観る事が出来るようになった。その行為の善し悪しは別にして・・。良いのか悪いのか・・。)

 場面はぶつ切りで、放り投げるように観客に提示されるが、徐々に映像に引き込まれていく。

 取り分け、母親のネグレクトにより学校に一度も通ったことが無いタロウ(YOSHI)(名前はあるが、無いのと同じという理由でタロウ・・)の言動が尋常ではない。

 タロウとつるむ、高校生エージ(菅田将暉:現在の彼のポジションを考えると、この役のオファーを受けた事に少し驚くが、彼自身の意思で受けたのならば、只物ではないなと思う。)とスギオ(太賀:2019年から仲野太賀に改名)も夫々の事情を抱えており、一般的な社会を拒絶した荒んだ生活を送っている。

 只、エージの高校中退の理由は何となく分かるが、一番理性を保っているスギオが彼らとつるむ理由が、ピアノの上手な同級生ヨーコ(植田紗々:全く知らず。とても魅力的な女優さんであった。)が援助交際を繰り返す(多分、彼女も愛を欲しているのだろう)状況への葛藤だけであるように観えてしまう所が弱く感じた。

 [心に残ったシーン幾つか]

 ・冒頭、小田(國村隼:瞬殺されてしまう・・、もっと絡んで欲しかった。)が遺体を運ぶ車中、吉岡(奥野瑛太)から請われ、静かに歌う”故郷”。”故郷”から見放された哀しい男性を悼むように聞こえた・・。

 ・スギオの父親がタロウとエージに”息子を抜けさてくれ”と頼むシーンからの息子が彼らに殴られる姿を車中で見ながら擦れた声で歌う”雪の降るまちを”
 息子との永訣の別れを口ずさんでいるようで、切なすぎた・・。

 ・スギオとヨーコのラブホテルでの遣り取りからのスギオの行動。壁に殴り書きされたスギオの言葉・・。

 ・タローが、公園で憩う中年の女性に絡むシーン。母親の愛に渇望している事が伺われ、観ていて辛い。(あの、中年の女性にも同情。狂犬に噛まれたのと同じである。)

<たった二人だけの友を失い、それまでの人間性がないような振る舞い、気味の悪い笑いは消え失せ、タローが慟哭する姿。
 彼はその後、人間性を取り戻すのか、それとも更に転落していくのか・・。複雑な思いが残った作品>

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 5 件)
NOBU

3.0理解できないがそれで良いのかもしれない

2019年12月10日
Androidアプリから投稿

開始5分で、残りの2時間を耐えられるか不安になりました。とにかく嫌悪感がずっとつきまとう!(笑)
フツーに生きてきた一般常識を持った人間には到底理解できない世界。バイオレンスシーンが苦手な私は目を塞ぎたくなる(むしろ塞いだ)シーンも多々あり。リアル障がい者をかなりの数使っているのにも衝撃を受けました。
そもそも菅田将暉ファンだから観た映画なのに、菅田さんの役がクズ過ぎて菅田将暉嫌いになりそうでした(笑)それだけ彼の演技が凄いということなのですけども。

この映画は観客が理解することを目的としていないと感じました。言うなれば、「何かを感じろ!」とずっと耳元で叫ばれているような映画です。まぁ当の私はその感じたことをどうしたらいいのかわからずモヤモヤしているのですが…(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちゃんるー

0.5レイシストなら感動できます(嫌味)

2019年11月11日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ファルロン

3.0いのりなどむだ

2019年11月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

高速道路の高架下に広がる、仄暗い排他的な社会の陰翳にて、今日の快楽と復讐だけが望みの虚無感が募る日常は、名も無き者が帰属する唯一の学び舎… 空虚な叫び声は、無情を拡張させる。それでも、叫び、生きよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
室木雄太

2.5違う意味のおバカ映画

2019年11月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

怖い

興奮

パヨクは現代日本の暗部を鋭く切り取った問題作と大絶賛するかもしれないけどただただ悪趣味なだけ
宮本から君へも暴力的だったがこっちは金属バットと拳銃だからな
凄惨なバイオレンス映画は嫌いじゃないけど

名優國村隼が冒頭いきなり即死亡
贅沢

植田紗々のヘアヌードあり

yoshiと太賀のヌードもあり
なんであれだけ組体操してチンチン見えないんだ!不自然!

タロウの母親役は豊田エリー
わからなかった

橋にいたおばさんの顔いい味出している

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
野川新栄

4.0衝動と虚無、生と死

andhyphenさん
2019年10月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

タロウはタロウという名ではない。エージとスギオに初めて出会ったとき、名乗らなかった為に「名前のない奴はタロウだ」と付けられた名だ。要はふたりは名付け親だ。あのふたりに導かれてタロウは進む。
進む、とはいえ物語のようなものはあるようでなく、エージの抑えられない暴力衝動と劣等感、そして非日常を嗤う姿勢、あまりにも普通であるが故の葛藤と恋愛に悩むスギオの間に、タロウは燻んだ輝きを放って立つ。
高校生であるエージとスギオには彼等なりの葛藤があり、それが行動に現れる。対してタロウの純粋は無だ。エージはそこに魅せられ、スギオはそれを恐れる。空の器に注がれる衝動性と、愛の希求。また、河原のふたりが儚い「好き」をタロウに教える。
冒頭であまりにも呆気なく簡単な「死」が描かれ、物語の断片は常に死の気配を纏って進む。冒頭が結末に分かち難く結びついている。
拳銃が与える万能感、暴力、性衝動。そして容赦なく迫る現実。興奮は常に虚無と表裏一体だ。彼等の無軌道な騒ぎと叫び、笑いは私には泣き声にも聞こえる。
物語の最後でタロウは「死」に直面し、泣き叫ぶ。喪失を知ったタロウの行末は誰にも分からない。
大森立嗣監督はこの作品をデビュー前に書いたそうだ。思いのたけを映像に写しとったときの溢れる衝動性に若さを感じるし、また、この時代の閉塞感を無理やりにこじ開けようとしている感を覚える。正しい正しくない、ではなく、こじ開けて突き付ける。
Yoshiという少年は「無」がよく出ていた。目が特に。超自然的な振る舞いも含め、彼しかこの役はできなかっただろう。それで隣に居るのが菅田将暉と仲野太賀なのだからもう役者陣については言うことはあるまい。ふたりとも恐ろしい程の演じ手だから。ここまで振り切った役を違和感なく演じる菅田将暉も、葛藤と弱さを巧みに表現する仲野太賀も素晴らしかったです...。ふたりともまだ高校生役いけるね...

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
andhyphen

4.0付き合う→できちゃった→結婚→離婚、あっ、「好き」はどこへ?

kossyさん
2019年10月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 多分タロウの親がこんなんだから、「好き」の意味が全くわからないタロウ。学校にも行ってないから、倫理、常識、物事の善悪など全く知らずに無軌道に荒れていく。仲良くなった高校生のエージやスギオも似たように挫折感を抱えているので、タロウがバカをやっても拍車をかけるだけなのだ。痛みを知って想像力が働けば、暴力行為なんて思いとどまることもあるのに、エージはSだし、スギオはMといった感じで暴力も戯れの一つにしか見えないことが災いしてしまった(主観的意見です)。

 「好き」という言葉はスギオだけが知ってるような口ぶりでしたが、彼はただやりたいだけだったのかもしれないし、大好きなヨーコが売春している事実を知って、頭の中の好きコマンドが正常に作動しなくなっただけのような気もする。でも気持ちはわかる。登場人物中、唯一共感できる心をもっていたのがスギオだからだ。

 國村隼が登場して5分くらいで即刻退場するなんて『キル・ビル』以来初めてだったかもしれないけど、こういう贅沢な使い方が良作の証しにと意気込みを感じられるところ。その序盤、実際の障がい者を登場させ、彼らを食い物にしている吉岡のシークエンス。問題作となるゆえんでもあるけど、相模原障害者施設殺傷事件をも想起させ、人間一人の命の重みは障がい者であろうが健常人であろうが同じ。また戦争中であろうが平和な世の中であろうが同じ。といったテーマを表現するには必要だったのかもしれません。

 また、河原で3度ほど登場するダウン症の愛子とその彼氏が非常に良かった。普通の会話もできるし、歌も歌えるので軽度なのかもしれませんが、「好き」という感情も持っているし、この点ではタロウよりも優れています。ただ、終盤の悲劇においては、経験したことのない感情だったため口にすることもできません。このおかげでタロウにも死生観がようやく認識できたのでしょうかね。

 生きることと死ぬこと。実際に身内であるとか好きな人が死なないと感情が芽生えないのかもしれませんが、学校にも行けず情操教育なんて受けてないから粗雑な性格に育ってしまう。この映画を観て嫌悪感で満ち溢れるのもしょうがないけど、自分たちは恵まれてただけなんだと思えば彼らの行為がアンチテーゼとして愛を持って受け入れることができると思います。どうしても許せなかったのが、弱者からひったくりをする行為でしたが・・・拳銃が人の心まで変えてしまう恐ろしさも描いていたと感じました。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 7 件)
kossy

全くもって共感出来ない、最悪映画

2019年10月18日
iPhoneアプリから投稿

いくらR15映画と言ったって、やって良い事と悪い事はある筈。モラルのカケラさえない、感動に近い物は全く無く、不快さに満ち溢れた糞みたいな映画でした。時計じかけのオレンジでも撮りたかったのか?バカは本作の監督そのものだ。
R指定のエログロ部分については、俺も決して嫌いではないので問題はそこでは無い。演出と割り切って観てられる。だが障害者に対しては別である。
冒頭から終盤までの、障害者を晒し者、笑われ者、嫌悪者のように描き、この糞監督はいったい障害者を社会の邪魔者とでも言いたいんだろか?本作に出演した障害者の方々やその御家族、傷付かれてないのか心配だ。仮にその方々には色々説明、説得した上の作品かもしれない。だが、観る側、障害者を持つ観客に対しては、結構なダメージとなりそうに感じる。こちとらR指定受けてるし芸術は自由だと宣うのであれば、せめて作品広告等に但書で、障害を持たれる方や御家族への配慮を記載すべきである。な、愛情のカケラも無い監督さん、制作、配給会社さんよ!
久々の菅田のああいうキレ演技は好きだが、作品は選んで欲しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画鑑賞1000作

0.5バイオレンスのなりそこない

着るさん
2019年10月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
着る

3.0愛も恐れも悲しみも知らない、そんなタロウを通して、自分たちの弱さと...

Chiharuさん
2019年10月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

愛も恐れも悲しみも知らない、そんなタロウを通して、自分たちの弱さとかズルさを垣間見て若干気分が悪くなる。
愛が無いと壊れちゃうんだ。
でも与えられ無くても、自分で解消する人だっている。
弱さなのかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Chiharu

4.0レビュー見て怖くなった

バカさん
2019年10月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

コラージュのように、場面が継ぎ接ぎされていくが、話は確かに展開していき、ラストでタイトルの意味が効いてくる作劇は見事だった。ただ、冒頭の吉岡の語り、タロウの中年女性への語りは、この話の世界に不似合いで説明的過ぎた。あのセリフなくてもメッセージはちゃんと伝わったと思う。
印象的なのは彼らの叫びだ。彼らはみな、自分の意思とは関係なく、社会で生きるための最低レベルの尊厳すら奪われてしまう。悔しいと言えば、自分のせいではないのに負けたことになってしまう。努力したり誰かに頼ったりして挽回できる境遇でもない。そんな状況や心情を細やかに説明できる言葉も持ち合わせていないし、聞き取ってくれる相手もいない。彼らには発せられる言葉がない。だからこそ叫ぶのだ。そして、なんとか立ち上がろうと虚勢を張るほど、彼らの立場は危うくなり、ますます狂乱する。三人の主役は、この心の動きを迫真の叫びで演じきっていた。
なんでそんな叫ぶかわからんっていうレビューがちらほらあるが、そういう感性が世の中を包んでるからこそ、彼らは叫ぶのだ。それが伝わらないのかと愕然とする。映画に描かれた現実も怖いが、その現実にピンと来ない人がこんなにもいる現実はもっと怖い。日本社会の断然は相当深刻なところまで来てしまっているようだ。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 5 件)
バカ

3.0うーん、割と好きな監督だから期待し過ぎちゃったかな。吉岡の行動が何...

marieさん
2019年9月28日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
marie

3.5現代社会の諸問題と死の価値観

2019年9月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

まず、最初から衝撃的な障害者施設から物語は始まる。現実的にあそこまでの施設があるかはわからないが、存在する可能性もないとはいえない。
ネグレクト、無戸籍児、教師による体罰、援交、現代の日本が抱える諸問題の中で生きる、エージ、スギオ、タロウ3人の若者たち。
死ぬことの意味を軽く考えて生きてきた彼らに、スギオの死は本当の大切なものを失うという死の意味を教えてくれた。
好きという感情もわからなかったタロウは彼らと関わっていく内に、今までわからなかったいろんな感情を感じるようになる。
最後、エージが死んでしまった時、タロウは大好きな友を失くすこと、死ぬってこんなに悲しくて、辛いことなんだってわかったんじゃないかな。
タロウは本当にYOSHIくんで大正解です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
さくらん

3.0生きてる人間と死んだ人間、どっちの方が多い?

Miyuさん
2019年9月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

感想を伝える言葉が一個も思い浮かばなかった、、面白くないしつまらなくないし感動してないし退屈してないし共感してないし反対してない。絞り出すなら唖然とした、という感じ、、
感情が爆発するきっかけとなるような出来事がちょっとずつ意味わからないし、住んでる世界が違いすぎてこれが青春と言われても全然共感できないし、正直全然わからなかった。ただ、ちょっとしたスイッチ、勘違いなどで人間の感情なんてどこまでも暴走できるんだな、と身を以て感じてしまったような感触。とても非日常だけど、誰しもこう言うスイッチを押す危険をはらんでいる、のかもしれない??
セリフの拙さが、3人たちの浅はかさを妙にリアルに表現していて、ゾワッとなった。単語がたくさん連なって、言葉が支離滅裂な感じ。彼らの感情が、見ている側にぐさっと刺さる。全然わからなかったけれど、シーンがちょっとずつ対比で進み、複線のようなものを細かく回収していく感じが爽快だった。3人の中では憧れの存在のエージが吉岡や柔道部の前では圧倒的弱者だったりとか。意味わからない流れの割に、説明的なセリフがちょこちょこ入るのがむしろ安心してしまった笑
エージ演じる菅田将暉の狂気は想像通り凄まじくて最高だったが、個人的にスギオ演じる仲野太賀の、没個性的高校生からの箍の外れっぷりがうますぎて忘れられない。ラストの鏡の前での表情、秀逸すぎる。YOSHIも新人とは思えない、と言うか元からこう言う人間なのか?と錯覚するレベルの違和感ない演技だったと思う。
評価しづら!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Miyu

3.5荒廃とした世界

2019年9月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

興奮

ほとんどが足立区、葛飾区近辺の高速下の荒川土手あたりの小菅拘置所や綾瀬近辺を殺伐とした舞台をエリアとして描かれており、劇中でも語られてますが昔センセーショナルに報道された綾瀬の女子高生コンクリート詰め殺人事件を思い出さずにいられませんでした。
15歳くらいの男の子が一度も学校に行ったことがなく
中途半端な不良2人の友達と過ごす日常。
だんだんと無軌道ぶりがエスカレートしていく。
究極のネグレストや援助交際などいろいろ出てきます。
主人公タロウ役には、本作デビューとなるモデルのYOSHI、タロウと行動をともにするエージを菅田将暉、スギオを太賀が演じています。
今年、立て続けに劇場公開された元SMAPの3人が主演した三作品がまったく宣伝活動がされずに終わったのに対して、本作が日本テレビの朝のテレビの情報番組で告知されていたのが驚きです!菅田将暉の力なのかビックリです。その中でYOSHIさんが2年後の18歳までにハリウッドで主演映画に出るのが目標と言っていたのが印象的でした、、

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
ナカネム

4.0菅田将暉の本領発揮❗

2019年9月23日
スマートフォンから投稿

星🌟🌟🌟🌟あんまり評判良くないみたいですが…私は意外と面白かったです❗久しぶりにハマり役のぶっちゃけた菅田将暉の演技が観れたし対称的な太賀と合っていて上手に新人YOSHIを二人でフォローして観れる作品にしていたと思います❗単館系の作品にあまり期待しちゃいけません❗

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ミリン一番搾り
「タロウのバカ」の作品トップへ