劇場公開日 2019年9月6日

タロウのバカのレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全40件中、1~20件目を表示

3.5我々の生きる時代の生々しい現実を、突きつけられているかのような衝撃

2019年9月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

好きか嫌いかと問われれば、断然「嫌い」と答える。しかし、それは決して直線的に映画の評価へとつながるものではない。この映画が私に嫌悪感を抱かせるほどに爪痕を残したのも確かな事実だから。いわゆるお行儀のいい映画とは違う。最初から最後まで挑発的。観ている側はずっと喧嘩を売られている気分になるし、暴走ぶりが加速度を増すと、理由もなくこめかみに拳銃を突きつけられている恐怖すら込み上げてくる。

個人的なことを言えば、本作を観た日の朝、TVのニュースでまたひどいニュースが伝えられ、この国、この時代がまた一段と嫌いになった。その時に感じた激しい嫌悪感が、鑑賞後、再びむせ返そうになるほど濃厚に蘇ってきた。この映画には現代の生々しい空気や、目をそらしたくなる現実が、むき出しに提示されている。そこには痛みしかない。それを直視することからしか何も始まらない。ある意味、暴動のような、そして亡霊のような映画である。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
ぐうたら

0.5全くもって共感出来ない、最悪映画

2019年10月18日
iPhoneアプリから投稿

いくらR15映画と言ったって、やって良い事と悪い事はある筈。モラルのカケラさえない、感動に近い物は全く無く、不快さに満ち溢れた糞みたいな映画でした。時計じかけのオレンジでも撮りたかったのか?バカは本作の監督そのものだ。
R指定のエログロ部分については、俺も決して嫌いではないので問題はそこでは無い。演出と割り切って観てられる。だが障害者に対しては別である。
冒頭から終盤までの、障害者を晒し者、笑われ者、嫌悪者のように描き、この糞監督はいったい障害者を社会の邪魔者とでも言いたいんだろか?本作に出演した障害者の方々やその御家族、傷付かれてないのか心配だ。仮にその方々には色々説明、説得した上の作品かもしれない。だが、観る側、障害者を持つ観客に対しては、結構なダメージとなりそうに感じる。こちとらR指定受けてるし芸術は自由だと宣うのであれば、せめて作品広告等に但書で、障害を持たれる方や御家族への配慮を記載すべきである。な、愛情のカケラも無い監督さん、制作、配給会社さんよ!
久々の菅田のああいうキレ演技は好きだが、作品は選んで欲しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画鑑賞1000作

0.5バイオレンスのなりそこない

着るさん
2019年10月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
着る

3.0愛も恐れも悲しみも知らない、そんなタロウを通して、自分たちの弱さと...

Chiharuさん
2019年10月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

愛も恐れも悲しみも知らない、そんなタロウを通して、自分たちの弱さとかズルさを垣間見て若干気分が悪くなる。
愛が無いと壊れちゃうんだ。
でも与えられ無くても、自分で解消する人だっている。
弱さなのかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Chiharu

4.0レビュー見て怖くなった

バカさん
2019年10月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

コラージュのように、場面が継ぎ接ぎされていくが、話は確かに展開していき、ラストでタイトルの意味が効いてくる作劇は見事だった。ただ、冒頭の吉岡の語り、タロウの中年女性への語りは、この話の世界に不似合いで説明的過ぎた。あのセリフなくてもメッセージはちゃんと伝わったと思う。
印象的なのは彼らの叫びだ。彼らはみな、自分の意思とは関係なく、社会で生きるための最低レベルの尊厳すら奪われてしまう。悔しいと言えば、自分のせいではないのに負けたことになってしまう。努力したり誰かに頼ったりして挽回できる境遇でもない。そんな状況や心情を細やかに説明できる言葉も持ち合わせていないし、聞き取ってくれる相手もいない。彼らには発せられる言葉がない。だからこそ叫ぶのだ。そして、なんとか立ち上がろうと虚勢を張るほど、彼らの立場は危うくなり、ますます狂乱する。三人の主役は、この心の動きを迫真の叫びで演じきっていた。
なんでそんな叫ぶかわからんっていうレビューがちらほらあるが、そういう感性が世の中を包んでるからこそ、彼らは叫ぶのだ。それが伝わらないのかと愕然とする。映画に描かれた現実も怖いが、その現実にピンと来ない人がこんなにもいる現実はもっと怖い。日本社会の断然は相当深刻なところまで来てしまっているようだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
バカ

3.0うーん、割と好きな監督だから期待し過ぎちゃったかな。吉岡の行動が何...

marieさん
2019年9月28日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
marie

3.5現代社会の諸問題と死の価値観

2019年9月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

まず、最初から衝撃的な障害者施設から物語は始まる。現実的にあそこまでの施設があるかはわからないが、存在する可能性もないとはいえない。
ネグレクト、無戸籍児、教師による体罰、援交、現代の日本が抱える諸問題の中で生きる、エージ、スギオ、タロウ3人の若者たち。
死ぬことの意味を軽く考えて生きてきた彼らに、スギオの死は本当の大切なものを失うという死の意味を教えてくれた。
好きという感情もわからなかったタロウは彼らと関わっていく内に、今までわからなかったいろんな感情を感じるようになる。
最後、エージが死んでしまった時、タロウは大好きな友を失くすこと、死ぬってこんなに悲しくて、辛いことなんだってわかったんじゃないかな。
タロウは本当にYOSHIくんで大正解です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
さくらん

3.0生きてる人間と死んだ人間、どっちの方が多い?

Miyuさん
2019年9月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

感想を伝える言葉が一個も思い浮かばなかった、、面白くないしつまらなくないし感動してないし退屈してないし共感してないし反対してない。絞り出すなら唖然とした、という感じ、、
感情が爆発するきっかけとなるような出来事がちょっとずつ意味わからないし、住んでる世界が違いすぎてこれが青春と言われても全然共感できないし、正直全然わからなかった。ただ、ちょっとしたスイッチ、勘違いなどで人間の感情なんてどこまでも暴走できるんだな、と身を以て感じてしまったような感触。とても非日常だけど、誰しもこう言うスイッチを押す危険をはらんでいる、のかもしれない??
セリフの拙さが、3人たちの浅はかさを妙にリアルに表現していて、ゾワッとなった。単語がたくさん連なって、言葉が支離滅裂な感じ。彼らの感情が、見ている側にぐさっと刺さる。全然わからなかったけれど、シーンがちょっとずつ対比で進み、複線のようなものを細かく回収していく感じが爽快だった。3人の中では憧れの存在のエージが吉岡や柔道部の前では圧倒的弱者だったりとか。意味わからない流れの割に、説明的なセリフがちょこちょこ入るのがむしろ安心してしまった笑
エージ演じる菅田将暉の狂気は想像通り凄まじくて最高だったが、個人的にスギオ演じる仲野太賀の、没個性的高校生からの箍の外れっぷりがうますぎて忘れられない。ラストの鏡の前での表情、秀逸すぎる。YOSHIも新人とは思えない、と言うか元からこう言う人間なのか?と錯覚するレベルの違和感ない演技だったと思う。
評価しづら!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Miyu

3.5荒廃とした世界

2019年9月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

興奮

ほとんどが足立区、葛飾区近辺の高速下の荒川土手あたりの小菅拘置所や綾瀬近辺を殺伐とした舞台をエリアとして描かれており、劇中でも語られてますが昔センセーショナルに報道された綾瀬の女子高生コンクリート詰め殺人事件を思い出さずにいられませんでした。
15歳くらいの男の子が一度も学校に行ったことがなく
中途半端な不良2人の友達と過ごす日常。
だんだんと無軌道ぶりがエスカレートしていく。
究極のネグレストや援助交際などいろいろ出てきます。
主人公タロウ役には、本作デビューとなるモデルのYOSHI、タロウと行動をともにするエージを菅田将暉、スギオを太賀が演じています。
今年、立て続けに劇場公開された元SMAPの3人が主演した三作品がまったく宣伝活動がされずに終わったのに対して、本作が日本テレビの朝のテレビの情報番組で告知されていたのが驚きです!菅田将暉の力なのかビックリです。その中でYOSHIさんが2年後の18歳までにハリウッドで主演映画に出るのが目標と言っていたのが印象的でした、、

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ナカネム

4.0菅田将暉の本領発揮❗

2019年9月23日
スマートフォンから投稿

星🌟🌟🌟🌟あんまり評判良くないみたいですが…私は意外と面白かったです❗久しぶりにハマり役のぶっちゃけた菅田将暉の演技が観れたし対称的な太賀と合っていて上手に新人YOSHIを二人でフォローして観れる作品にしていたと思います❗単館系の作品にあまり期待しちゃいけません❗

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ミリン一番搾り

3.5ピザ🍕

KMさん
2019年9月23日
iPhoneアプリから投稿

ピザが食べたくなった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
KM

5.0菅田将暉本領発揮作品

2019年9月23日
スマートフォンから投稿

興奮

私は好き。

生きることの馬鹿馬鹿しさとその貴重さが、三人の若者(そのうちの一人は名前もない16歳)のヤンチャ騒ぎの中に描かれる。
オチがあるようでないようで「は?なんで??」となる人もいるだろう。
けれど、生と死は、日常の中にこうして普通の顔をして在るものなのだろう。
この映画の中では、ところどころに「死」が現れ、その隙間隙間に「生」が息づいている。
本人達は気づいていないのであろう絶望と希望が、揉みくちゃになりながら最後のシーンへと繋がっていく、物語性のない物語だ。

これが初めての芝居だという新人YOSHIの生々しさ。菅田将暉と大賀の演技だとも思えないリアリティ。
菅田将暉は、こうした中途半端なチンピラ役で突っ走ってこそ本領を発揮する。大賀の、悪の中で揺れ動く真面目さもいい。主役のYOSHIは、ほとんど演技をしていないのに危うい存在感がある。

あちこちに純な若者達の姿が見える。いや、悪さをしながら皆純なのだ。行き場のない純なエネルギーが、どこに辿り着くのかは、実際に観て欲しい。
長期間は上映しないだろうし、上映している劇場も少ないが、只今上映中。
この手をインディーズ系というらしい。

先日観た「アルキメデスの大戦」より、こちらの方が私は好きだ。予想はしていたけれど。

久しぶりに映画のパンフレットを買った。パンフレットは軽くピラピラと眺めるに留めて、先入観なしで私の感想を書いてみた。パンフレットをじっくり読んで、もう一回くらい映画をじっくり観て、また書けたら、と思う。

映画の前にお茶した友人が「レビューが3点台だったから観ない」と言ったので一人で観たが、他人のレビューなどでいい映画を見逃すのはもったいない。純文学のようなこうした作品は流行らないのだ。少し毛色が似ていなくもない『ディストラクション・ベイビーズ』も、インディーズ映画好きの人にはお勧めしたい。どちらも、楽しい映画ではないが。

映画や芝居やコンサートを「消費」ではなく「生産」として観、聴きたいと、常々思っている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
インディーズ好き姉

5.0タロウのバカ

2019年9月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

素晴らしい作品です。
三人の過激な日常を描いた作品ですが、社会の底辺で生きるもやもやがとても良く描けてます。
暴力シーンも多いですが、そのまのよさ、全ていきてます。
さすが、大森監督素晴らしい🎵
次回も、期待します。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
きたさん

3.5おもーい映画だった。生きるって大変だけど、命は大切ということを世の...

おれさん
2019年9月22日
iPhoneアプリから投稿

おもーい映画だった。生きるって大変だけど、命は大切ということを世の中の枠組みを越えて、提示している作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
おれ

2.5重たい

パンさん
2019年9月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

難しい

菅田くん目当てで鑑賞しましたが、アルキメデスの菅田くんが良かっただけにこういった重たいストーリーなのでしょうがないのですが、少し残念でした。
もちろん演技は大賀くんも含めて流石でした。
考えさせられる内容でしたが、痛々しく重たく、見終わったあと脱力感がすごかったです。
Yoshiくんはインタビューなど見るととても面白い子で、今後に期待します。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
パン

3.0エネルギッシュではある。

khapphomさん
2019年9月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

全編を通じて話がぶつ切りを続けた感じ。まあ実際の人生は全てが続いてるわけでもないしそういうもんなんだろうね。暴力感と無軌道感は凄い。ちょっと小さいとこ突っ込むと、膝が悪いんならちょっとはその感じが欲しかった。あとタロウは見た目から全て弱そうなんだけど、弱い描写がないのでキャラ付けが今一わからなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
khapphom

1.0古臭い映画

マリアさん
2019年9月16日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
マリア

2.5全編予告編みたいな

2019年9月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

つまんなかったです。
これがいかにも社会の最底辺だと言わんばかりですが、リアルを描こうとするのにリアリティを全く感じられないミスを自覚なさっていないようです。

そんなに人は叫ばないでしょ。叫べば狂ってるように見えるか?高校生二人も老けてて、学校から浮いて見えました。

障害者を出した意味がよくわからないですね。どういう意図で映画に登場しているのか伝わってきません。まさか社会的弱者の象徴?

私の勉強不足により、高度な内容を理解出来ませんでした。内容がそもそも存在するかは別として。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Rewind That

4.5無関心

ひでさん
2019年9月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

129本目。
予告観た時から重いな、何か十字架背負わされそうと。
で観終えて、そこまでの感情はなかったけど、使っちゃいけないものを使ってるリアルさが。
口にはしないけど、心の奥底で思ってる部分、闇?
それ以上にピストル持ってる、昼間に学校行かない人がいる。
普通なら警察沙汰、警戒されるとは思うけど、無関心なんだよね。
無関心ってのは死んでるのと、一緒なのかとも思う。
あとは演出なのかは不明だけどラブホで太賀が、瞬きせず見つめているのが印象的。
でも足立区だったね、分からなくもないけど、ちょっと可哀想。
ついでに、もひとつバットは凶器じゃない。
分からなくもないけど野球好きだから、これだけは言いたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ひで

2.53人の行動は理解できないけど苦しみが伝わり苦しい

2019年9月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

タロウ、エージ、スギオ。それぞれの本当に欲するものがなんなのか理解できず、その行動に意味があるのか無いのか。分からないから終始ずっと苦しく恐ろしかった。彼らが放つ狂気が何をしでかすか分からなくて、ひたすら怖い。
どうしてこうなってしまったのか。こうするしかなかっまのか。
3人でザリガニ釣りしているままでいられなかったのか。
タロウの叫びが耳に残りました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
まだまだぼのぼの
「タロウのバカ」の作品トップへ