「尻上がりに良く思えた映画。」母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。 ハクタカさんの映画レビュー(感想・評価)

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

劇場公開日 2019年2月22日
全24件中、8件目を表示
  •  
映画レビューを書く

尻上がりに良く思えた映画。

終盤の海のシーン。
兄役の村上淳さんの気持ちがよく理解できます。
両親を失ったとき、ほとんどの方が負うのは、ああいう気持ちではないでしょうか。
共感できました。

そして、ラスト。
子どもの誕生は、親に生きる力を与え、親の死は、子どもに生きる力を与える。
とても良い言葉に出会えました。

ハクタカ
さん / 2019年3月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報