「☆☆☆★★★ ヤスケン目線で語られる母親への感謝の気持ち。 原作未...」母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。 松井の天井直撃ホームランさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

劇場公開日 2019年2月22日
全24件中、12件目を表示
  •  
映画レビューを書く

☆☆☆★★★ ヤスケン目線で語られる母親への感謝の気持ち。 原作未... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

☆☆☆★★★

ヤスケン目線で語られる母親への感謝の気持ち。

原作未読。簡単に。

普段、なかなか言えない母親への感謝の言葉。
それを持ち合わせて居る人ならば、心にグサっグサっと刺さる事だらけ。
思えば我が母親も、残りの人生はごく僅かと言えるし…。
それだけに画面を見ては「あゝこれは俺かもな〜」…と。尤も、ヤスケン程は叫んだりはしないとは思うのだけど。

それにしても。観れば観るほどに、この監督の本質が何処に有るのか?が謎に満ちて来るから不思議だ!
人間の心の奥底に潜む暴力を描写するのに長けている…と、これまでの作品歴で思っていたのだが。このところの作品歴を見ると、(『光』はらしい作品では有ったが)『セトウツミ』や『日日是好日』そして本作と。以前の剃刀の刃が画面上を飛び交っているかの様な、危険な感覚に溢れた作品との違いに戸惑うばかり。

とは言え、この作品でも。時々不穏な雰囲気になる瞬間が有って。例えば終盤の長男の村上淳が、ヤスケンと父親役の石橋蓮司を連れ回す場面。
その暴力的な振る舞いを観ていて。まさかそんな事にはならないだろう…と、確信はしているのに。ひょっとしてこの3人はナイフで刺しあったりするのか?…等と考えてしまう瞬間が、画面を観ていてフッと思い浮かんでしまうのだ。

出演者の中では、久しぶりの倍賞美津子。
終盤に向けてドンドンと病により痩せ衰えていく演技は流石。
石橋蓮司はいつもの様に、ダメなオヤジ役をやらせると最早名人芸の域に。
ヤスケンは何をやってもヤスケン。
演技力だ何だ等は関係無し。突然何をしでかすか分からない危なさは、今の日本の映画界に有って唯一無二と言える存在になって来た感が有る。
そして松下奈緒。決して演技力の有る人では無いのだけど。この作品ではヤスケンと倍賞美津子に寄り添い支える強い女性の役。これまでとは一皮向けた感じで、今後が楽しみになって来た。

最後に、原作通りとは言え。KIDはちょっとタイミングが〜(-_-)
美津子が居るのだから、そこはアントンに差し替えで…と(u_u)

2019年2月26日 TOHOシネマズ日比谷/スクリーン8

松井の天井直撃ホームラン
さん / 2019年2月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報