「母と息子の濃密な時間を見るのは…」母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。 まっくん a.k.a. エロくそチキンさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」 > レビュー > まっくん a.k.a. エロくそチキンさんのレビュー
メニュー

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

劇場公開日 2019年2月22日
全24件中、17件目を表示
  •  
映画レビューを書く

母と息子の濃密な時間を見るのは…

愛する母(倍賞美津子)が癌に侵され亡くなるまでの2年間、そしてその後の家族を、母と一緒に暮らした次男(安田顕)の一人称で語る作品である。

映画とは自らの人生を映すものだと改めて感じた。客席から漏れる嗚咽も十分納得できる。しかし突然母を失った私にとって今作を観るのは苦行だった。

「日日是好日」に続く大好きな大森立嗣監督作。決して悪くないと思うが……

個人的な問題で本当に申し訳ない。

まっくん a.k.a. エロくそチキン
さん / 2019年2月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報