「荒ぶる心があったなら…」居眠り磐音 Bacchusさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「居眠り磐音」 > レビュー > Bacchusさんのレビュー
メニュー

居眠り磐音

劇場公開日 2019年5月17日
全132件中、43件目を表示
  •  
映画レビューを書く

荒ぶる心があったなら…

原作未読、TV版未鑑賞

明和9年、江戸に勤番を終えて豊後関前藩に戻った主人公が許婚の兄であり共に勤番に当たっていた幼馴染を上意により討ち浪人となる話。

悲しい出来事を背負い江戸で独り鰻屋の手伝いをして暮らす主人公が両替商の用心棒となり、南鐐二朱銀の相場に関する出来事に話が変わっていくけれど、過去の出来事に関するエピソードをはちょいちょい挟み展開して行く。

悲しい話に痛快な話を織り込み、飽きさせずにみさせくれて面白かったけど…優しさが故にそうなったという何とも言えないやり切れ無さが残った。

Bacchus
さん / 2019年5月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 5 件)
映画マン返上✔︎マン年寝太郎
映画マン返上✔︎マン年寝太郎さんのコメント
投稿日:2019年5月27日

許嫁からしたら言葉も無しに消えられてシドイ❗️😭の一言ですね。
オトコって勝手なんだから!!🥺焦らされてアタシもハジけちゃう💋

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報