「王道を行くチャンバラ映画」居眠り磐音 YAS!さんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

居眠り磐音

劇場公開日 2019年5月17日
全130件中、43件目を表示
  •  
映画レビューを書く

王道を行くチャンバラ映画

松坂桃李さんは良い役者だ!
子供のセリフ回しは超ド下手で、木村文乃さんと共に作品の質を落としていた。

冒頭で、猫をアクセントに使ったのはいいが、カットが変わった瞬間
猫の表情が変わったのが不自然。冒頭シーンで作品の質を疑問視してしまった。
整然とした道場で、稽古用槍先をおおう白布の大きさがまちまちだったのに違和感を感じた。
主人公に前髪が有ったのは本格的違和感
細々としたところで、雑なつくりが。目についた。
これは監督を補佐する人がいないせいだろう。

カメラアングルや構成に凝ったところがない撮影
撮影者は凡才。

それでも最近観た時代劇では1番おもしろく、わくわくさせる映画であり、続編を期待する。

YAS!
さん / 2019年5月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報