劇場公開日 2019年10月18日

「ひとすじの光」楽園 @Ryota_daze27さんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0ひとすじの光

2019年10月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

吉田修一作品ならではのやり切れない虚しさと言いますか。話が進むにつれて自分の心が沈んでいくような感覚。「楽園」を築き上げるためのデストピアに虐げられる三人が選ぶそれぞれの行為にはある種の解放を目的としており、そんな中で紡(杉咲花)が取った選択は、観客にとってのひとすじの光であり、唯一の救いとなるのではないだろうか。まして、楽園(解消)を望むことがどれだけ恐ろしいことなのかを映画を通して観客は知ってしまっているはずなのにそれでもなお真犯人を知りたいと。このモヤモヤした気持ちを解消したいと望む気持ち。でもそれって五郎(柄本明)と同じなんじゃないの?って。でもそこでまた紡があの看板を投げ捨てる当たりの潔の良さ! 犯人捜しとかそういうのもういいからそれよりも……!っていうね。
彼女にとっての幼なじみの存在。心をゆるせる存在。そんな存在が他二人にない選択を生んだのだと考えます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
@Ryota_daze27
「楽園」のレビューを書く 「楽園」のレビュー一覧へ(全158件)
「楽園」の作品トップへ