米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯

劇場公開日

  • 予告編を見る
米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯
米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯
22%
52%
22%
0%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

戦後、占領下の沖縄で米軍の圧政と戦った政治家・瀬長亀次郎の生き様を描いたドキュメンタリーの第2弾。那覇市長や衆議院議員を務め、不屈の精神で戦い続けた瀬長亀次郎の人生を追い、平成30年度文化庁映画賞・文化記録映画優秀賞など数々の映画賞を受賞した前作「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー」に続く今作では、カメジローの生涯をさらに深く掘り下げると同時に、本土復帰へ向けた激動の沖縄を描き出していく。カメジローが残していた230冊を超える日記を丹念に読み解き、妻や娘らと過ごす家族の日常や、政治家・夫・父親などカメジローのさまざまな顔を浮かび上がらせていくほか、1971年12月4日の衆議院沖縄・北方問題特別委員会で時の首相・佐藤栄作と繰り広げた激論の記録映像が収められ、現代へと続く沖縄の解決されない問題や事象の原点を浮き彫りにする。

2019年製作/128分/G/日本
配給:彩プロ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

映画レビュー

4.5佐藤A作との質疑応答が圧巻!

kossyさん
2019年11月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 ドキュメンタリーの続編ということで、前作では沖縄の人々の声を中心に瀬長の活躍を描いていたけど、この続編ではダブるところも多い気がするにも関わらず、1972年の沖縄県が本土復帰や、瀬長亀次郎の生活と230冊にも及ぶ日誌の数々、その中でのアメリカとの闘いがメインで、とりあえず「カッコイイ」という幼稚な表現しか思いつかない。さらに意外と『レ・ミゼラブル』が愛読書という庶民的な感覚。

 未だに「米軍が日本を守ってくれてる」とか「中国が侵略してこないのは米軍のおかげ」だとか主張する人も多いが、果たしてそうなのか?と疑問を感じた人は見るべき作品。途中までは前作の映像に陰で支える妻フミさんの活躍くらいしか追加されてないんじゃないかと思っていたけど、国会での佐藤栄作首相とのやりとりは痺れること間違いなし!その論戦の後に、首相が瀬長氏の書籍を「読ませてくれ」と頼んだというエピソードも微笑ましい。

 最後にはガジュマルが地に根付く映像で締めくくられるのですが、このBGMがまた震えがくるくらい素敵でした。坂本龍一氏はやっぱり天才!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

5.0人間味あふれるカメジローさん

2019年10月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

興奮

知的

米国と戦い、被選挙権まで剥奪されても戦い続け、国会議員として時の佐藤栄作首相とやり合っている中で、沖縄が抱える問題点を心の底から解決しようとするという気概が伝わってきます。対する佐藤首相も答弁を超えて亀次郎さんの著書を読ませて欲しいといい、その2年後沖縄は返還されます。お互いを知り、進めていこうという姿勢は今の国会議員に学んで欲しいところです。今も、辺野古の問題のようにバラマキをしながら強引に行う手法、米国から日本政府になっただけではないか。この映画は数々の問題点を提起していて、沖縄にはまっている私でも知らないことばかり。そして、亀次郎さんの孫たちも登場して、普通のオジイの部分も見せてくれる。沖縄は復帰したとはいえ、まだ占領下にあるようです。もっと我々は沖縄のことを知らないといけないです

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
泡盛おじさん

4.0沖縄の現代史に欠かせない人物

寅ぷーさん
2019年9月26日
iPhoneアプリから投稿

沖縄におけるカメジロー人気は凄まじい。その原因を知るには最適な映像記録。時系列に淡々と進行する映像に引き込まれていた。カメジロー入院(手術時)の医師の対応に感嘆し、沖映館の社長との交流には、単に保守革新では割り切れない人間関係の奥深を学んだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
寅ぷー

3.0素晴らしい記録映画ではあるが

ちゆうさん
2019年9月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

前作、その名はカメジローを日本映画専門チャンネルで視て、感銘を受けたため、続編にあたる本作は劇場鑑賞することにした。
前作同様、素晴らしい記録映画ではあるが、前作の巻き直しというか、被るような部分が多く、前作以上のインパクトは感じなかった。山場と言えば、佐藤栄作と対峙するカメジローの威風堂々たる主張が、まさに山場足り得るだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちゆう
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「カメジロー」シリーズ関連作品

他のユーザーは「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯」以外にこんな作品をCheck-inしています。