「蓋を開けたら群像劇」マイ・サンシャイン シンドラーの手帳さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「マイ・サンシャイン」 > レビュー > シンドラーの手帳さんのレビュー
メニュー

マイ・サンシャイン

劇場公開日 2018年12月15日
全34件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

蓋を開けたら群像劇

ポスターを見る限り、誰もがハル・ベリーとダニエル・クレイグが絡んだ人間ドラマと思うのではないか?
蓋を開けたら、何と群像劇で、しかも主役はむしろ黒人の少年少女という感じで、それも彼らの真意、もしくはキャラクターも良く解らなかったし、それ以上にこの映画で何を言いたいのかも混沌としている。
ロス暴動というのは、アメリカという超先進国で起こったミニ内戦であり、結果的にそれを煽ったのは開かれたマスコミであるという何とも言えない皮肉な事件であったが、その事を真正面に扱うわけでもない感じだ。というのは、ドキュメンタリー・タッチの割には、ハル・ベリーとダニエル・クレイグが作り物っぽいのでどこに目線をシフトすれば良いのか解らないのだ。
まあ、暇つぶしにはなるが・・・・という感じなのではないかなと思う。

/ 2019年6月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報