「普通の市民の視点がいいです」マイ・サンシャイン abukumさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

マイ・サンシャイン

劇場公開日 2018年12月15日
全34件中、5件目を表示
  •  
映画レビューを書く

普通の市民の視点がいいです

 「マイ・サンシャイン」という邦題でミュージカル・コメディかと感じて、見に行くのを一度は止めようと思ったけれど、ハル・ベリーとダニエル・クレイグの共演だし、ロス暴動の話だし……、興味を感じて見に行って正解でした。
 日本の配給会社はときどきこんなポカをやるので要注意です。KINGS~ロス暴動は過去の記憶ではない~、とか真面目につければよかったのに。

 普通の市民が暴動に巻き込まれていくことの意味。ジワジワと社会に緊迫感がただよい、対立が避けられなくなっていく様子が、肌で感じられました。
 トランプのような輩の煽っていることが如何に危険であり、市民がそれに巻き込まれ、死ななくてもよい若者が死んでいくということを訴えたいのだと思いますが、ところどころ主演2人のうまい芝居に笑いの演出も入っていて、映画として楽しめます。
 若手の黒人カップルも美しくて上手。ニコル役のレイチェル・ヒルソン(Rachel Hilson)はグッド・ワイフでニーサをやってた子ですね。成長しました。ユーモア感覚もあり期待できます。

 レイチェルはこれを機会に黒人の若い活動家とか、女の子探偵とか、面白い役の主役をつとめてほしい。

abukum
さん / 2019年1月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報