劇場公開日 2019年11月8日

「工場で機械に仕事を奪われている矢先に・・・」ターミネーター ニュー・フェイト ローチさんの映画レビュー(感想・評価)

3.5510
20%
49%
23%
5%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.0工場で機械に仕事を奪われている矢先に・・・

ローチさん
2019年11月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

冒頭の、これまでのシリーズの世界観をひっくり返したことに戸惑うファンが多かったようだ。実際、スカイネットが存在しない世界でも、似たようなAIが人類を滅ぼすという話なので、同じことをやるなら、なぜ今までの設定を潰す必要があったのかよくわからないが、とはいえシリーズの面白みはきちんと抑えているので楽しめる。
サラ・コナー役のリンダ・ハミルトンは貫禄がある。生身の人間なのに一番強そうだ。AIと機械によって人類が滅ぼされようという世界なのに、彼女がいればなんとかなるかな、という安心感さえある。新登場のマッケンジー・デイビスも素晴らしかったが、リンダ・ハミルトンの貫禄には敵わないと思った。
ターミネーターシリーズは、基本的にAIは人類の脅威となるという考えに基づいた作品だが、それを象徴するような工場のシーンが面白かった。機械の導入でリストラの話をしている工場に、未来からやってくる殺人ロボットが命を奪いに来る。機械に奪われるのは仕事だけじゃないのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 12 件)
ローチ
「ターミネーター ニュー・フェイト」のレビューを書く 「ターミネーター ニュー・フェイト」のレビュー一覧へ(全510件)
「ターミネーター ニュー・フェイト」の作品トップへ