劇場公開日 2019年11月8日

「継承と創造の見事なバランス。マッケンジー・デイヴィスの活躍も◎」ターミネーター ニュー・フェイト AuVisさんの映画レビュー(感想・評価)

3.6379
22%
50%
21%
4%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

5.0継承と創造の見事なバランス。マッケンジー・デイヴィスの活躍も◎

AuVisさん
2019年10月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

興奮

萌える

ジェームズ・キャメロンが製作と原案で復帰、監督には2016年の「デッドプール」でデビューしたばかりのティム・ミラー。共同脚本に「ダークナイト」3部作などで定評あるデヴィッド・ゴイヤーも加わり、キャラ設定と物語の両面でシリーズの資産を継承しつつ新たな魅力も創造する、感慨深くも新鮮なSF活劇となった。

1991年のT2から28年、相応に年を取ったリンダ・ハミルトンとシュワちゃんの登場に胸が熱くなるが、継承と創造を端的に示すのは新ターミネーターREV-9だろう。T-800のスケルトンとT-1000の液体金属のハイブリッドという着想に加え、骨格と液体金属が分離して2体で攻撃する連携技が秀逸だ。

「オデッセイ」から注目してきたマッケンジー・デイヴィスが、サイボーグ戦士として主力級の活躍をみせる点も嬉しい。彼女の役も1作目のカイルとT2のT-800を融合させたような設定で、これも継承と創造だ。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 49 件)
AuVis
kossyさんのコメント
2019年11月21日

MrPさん、笑ってしまいました!w

kossy
MrPさんのコメント
2019年11月21日

 あなたはスカイネットか。

MrP
「ターミネーター ニュー・フェイト」のレビューを書く 「ターミネーター ニュー・フェイト」のレビュー一覧へ(全379件)
「ターミネーター ニュー・フェイト」の作品トップへ