7月22日のレビュー・感想・評価

メニュー

7月22日

5件を表示 映画レビューを書く

77

10年も経っていない77名もの生命が奪われた事件。作り手は非常にセンシティブに映像化に臨んだことだろう。そのことがよく伝わる。アクション映画で描かれるようなプロフェッショナルに用意周到なテロではない。単純でダイレクト、無造作で無慈悲な手口。テロリストを演じた俳優は相当な覚悟で臨んだろう。被害者の少年役にしてもそう、演者には敬意を払いたい。
弟のトラウマ、それでも社会生活を続けなければならぬ両親、そして何よりも秩序に対して忠節を尽くす弁護士の姿。拾うべき所をひとつひとつ広く捕まえて、この事件の全体像を表現している。決して意図的に解釈を強要するアプローチはとっていない。それだけに闇の深い問いかけがこちらに投げかけられる。
結局、何がこの事件を生んだのか?社会の劣化が進み、情報量の多さがそれを繕う猶予を与えてくれない。秩序の虚構性が暴かれやすい世の中、しかしそれでも共有する価値観を維持できねば、社会は更なる破綻を迎えてしまう。難しいが挑戦を受けているのは我々自身。ノルウェーやヨーロッパだけの問題だけではなく、全世界的に同時進行している課題。

Kj
Kjさん / 2019年1月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

日常に潜む闇の恐ろしさ

衝撃的事件を淡々と流していくことで、日常と地続きであることを実感させらる。お隣りさんがどんな人か…
回復に向かって頑張っているあの青年の姿とはなんだろうか。この理不尽とは特別なことであってほしい。

けつお
けつおさん / 2018年11月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

圧倒的な印象を残す実録ドラマ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

2011年7月22日、オスロの政府庁舎の駐車場に止められた不審な白いパンが爆発して8名が死亡。その頃ウスヤ島で開かれていた労働党青年部のサマーキャンプに警官を騙った男が訪問、持参した銃火器で69人を射殺した後逮捕される。男の名前はブレイビク。テンプル騎士団の指揮官を自称するブレイビクは自分の弁護士として数年前にネオナチの少年の弁護を担当したリッペスタッドを指名する。
記憶に新しい凄惨な無差別テロをポール・グリーングラス監督が映画化ということで観ないわけにはいかなかったんですが、これは辛過ぎて鑑賞し終わるのに3日かかりました。何の罪もない子供達が次々に凶弾に倒れる冒頭30分、ブレイビクに指名され苦悩しながら弁護に奔走するリッペスタッド、5発の銃弾を受け瀕死の重傷から奇跡的に生還した少年ビリヤルと彼を支える家族と友人、前代未聞のテロに胸を痛めながらも脅威に屈せず政府側の対応に不備がなかったかを追及するストルテンベルグ首相、様々な人々が織りなす幾重にも重なるドラマが圧倒的で、彼らの苦悩を見つめる手持ちカメラの生々しい映像が脳裏にくっきりと残像を残します。

よね
よねさん / 2018年10月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

長い ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

内容どうこうじゃなくて、見る行為が辛い。これ20分くらいでできるんじゃない?

犯罪者が事件後の描写がメインで前が全くない。

お母さん、敢えて市長にする必要はあったのか?

悲劇的な事件だけれども、映画の品質としては、2時間時間かけて見るような作品ではない。

nata
nataさん / 2018年10月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

物足りなかった!!

「ボーン」シリーズ監督によるノルウェー連続テロ事件(2011)とその後を描いた映画で、オスロ政府庁舎爆破事件で8人、ウトヤ島銃乱射事件で69人が死亡したとされています。襲撃シーンはまあまあでしたが、後半は連続ドラマのようで薄く間延びした印象です。今年観た「デトロイト」と比べるとかなり物足りないです。正直単独犯かどうかは、オズワルドや加藤智大(白の上下で返り血を全く浴びていない)、植松聖(津久井やまゆり園)、白石隆浩(座間9遺体)等と同じく、かなり怪しいですし、厚遇され過ぎです。数々の偽旗テロと同じくジョージ・ソロスの指示によるものだと思います。植松も本作の犯人と似たよう戯言を言っていました。犯人役の俳優さんは、キャプテン・アメリカのコスチュームが似合うと思います。

アンジェロ
アンジェロさん / 2018年10月11日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  怖い 寝られる
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

5件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報