二階堂家物語のレビュー・感想・評価

メニュー

二階堂家物語

劇場公開日 2019年1月25日
13件を表示 映画レビューを書く

抱かれながら女は、「女の子だったらどうするの?」と言って涙を流した。

奈良の旧家の跡継ぎ問題に揺れる二階堂家。嗣子をもうけることそこが使命。今までだってどこにでもあった話だが、少子化、過疎化、、、そういうことだけが要因と決めつけるは良くないにしても、近年こそその悩みは増えている気がする。そこを、いっさいのウェットもなく、シビアでやりきれなさが残る作りにして見せてくれたことをうれしく思った。あのラストに、辰也の覚悟を見た気がする。後味は良くないけど、あれが家を守るということなんだな。
朝ドラまんぷくの白薔薇マスターとは全然キャラが違う加藤雅也、いい味出てました。

私見ですが、外国人の婿養子に抵抗がある気分はわかるものの、そもそも、神武にはじまり、雄略帝の時代や、飛鳥朝、奈良朝にいたるまで、数多くの渡来人、つまり外国人(この場合朝鮮人ですが)が日本の礎を作ってきたわけで、たまたまここ千年そういう文化じゃなかっただけの話。しかもこの映画の舞台が、その奈良なわけで。まさか、それをわかったうえでこのテーマの映画を作ったとしたら策士。いや、そこまで深読みは愚か。

栗太郎
栗太郎さん / 2019年3月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちょっと拍子抜け

家に翻弄される人たちのお話。
結局は家に抗うことが出来ず従属して終わるような雰囲気です。
ちょっと拍子抜けした。

ちゆう
ちゆうさん / 2019年2月24日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

地味ながら傑作でした。

実力派集めた傑作です。じっくり鑑賞しましょう。

びわ湖のこーちゃん
びわ湖のこーちゃんさん / 2019年2月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

じっくりとひたれる映画

登場人物それぞれの感情の描写が丁寧で、ひとりひとりの心の動きがじっくりと描かれているので、登場人物ひとりひとりのシチュエーションに自分を重ねて見ていました。
二階堂物語が描く問題は、家族や跡取りなどかなり身近なもので、しかも絵空事ではなくかなりリアルに近い描き方をされていたので、すんなりと入ってくる、とても不思議な感覚がしました。
アクションやスリルのある映画をたくさん見ますが、こういう雰囲気のある、知的な映画も見ていきたいなと思いました。

Aya
Ayaさん / 2019年2月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

二階堂家物語

外人さんが作ったとは思えないような、古風な静かな映画だった。映像も綺麗で、雫の落ちるあの音も良く、心地良い気分で観ることができた。

これからの私たちにも大きく当てはまる問題で、他人事とは思えず見入ってしまった。

tomo
tomoさん / 2019年2月17日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

日本映画

嫁と一緒に、たまには映画をと思い見に行った映画。
たまたまタイミングがよかったので見ることに。。。

綺麗な映像美が印象的で、静かに見れる日本映画という感じ。
特別有名なスーパスターが出演している訳ではないが、見ていくうちに見入ってしまう映画でした。
映画は相続の話しだけど、誰もが経験したことある様な、日本独特??の自分の思いと違うの生き方を迫られた時の心境を映した映画。しかも色々な立場や年齢で。

なんか、昔こんな感情やプレッシャー感じた事あったなーと思い出した映画で、自分の生き方を振り返った映画でした。

俳優みんなが実力派だった事と、後から知ったのだけど監督も脚本も外人と言う事にビックリ!!てっきり日本人の作品かと。。

日本人の映画好きな人は見る価値あると思います。
酒でも飲みながら家で鑑賞も有りかも。

タク
タクさん / 2019年2月16日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

しっとり

演技がとにかく普通の邦画とは違う。
約二時間あっと言う間に過ぎた。
まるで近所とか、知り合いの一家を覗いているような映画。
続編がみたい。

グリーンヨッシー
グリーンヨッシーさん / 2019年2月13日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

凡人には、分かりません‼️

作品名を聞いて『麦焼酎を題材にした作品』と思った人、素直に手を挙げてください
その内の一人です

何処の家庭にもある跡継ぎ問題
それが名家ともなると、ここまで切実になるのか!?

そこに人間関係を織り交ぜながら、でも独特のドロドロ感もなく最後まで心地よいスピードで、エンドロールまで誘ってくれます

μ
μさん / 2019年2月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

自分の生き方を考えるきっかけになった。

旧家が抱える存続の難しさが、奈良の田舎町特有の重苦しい空気も相まって、窒息しそうにもなったが、田舎や家族を過去に置いて心の奥底に閉じ込めて今を生きている現代の人々には、両親や家族を考えるいいきっかけになる映画だった。一回より二回見ると主題がくっきりと見えて良い余韻が残った。国や世代を超えて世界中の人びとが共感できるテーマの映画だと思う。

nolly
nollyさん / 2019年2月1日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

研ぎ澄まされた表現

イラン人の監督作品とは思えない古き良き日本を感じさせる作品。美しい映像と繊細な音、ペルシャ語から英語そして日本語にセリフを翻訳したらしいが、その翻訳の過程でセリフの真意が研ぎ澄まされたように思う。
最近の日本映画の大げさなセリフ回しや、叫ぶ、怒鳴ることを熱演と勘違いしている演出に辟易している自分にとっては、この作品の静謐な映像、音、演技は映画館でじっくり味わうのに最適なものと感じた。
テーマは一見現代人にとって縁遠く感じるかもしれないが、実は親子の物語であり、個としての自分、親としての自分、子供としての自分がどう生きるべきかを描いている。
役者は皆、自然な演技で笑わされたり泣かされたりした。

てきと
てきとさん / 2019年1月28日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

何の問題か ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

名家の跡継ぎ問題を抱えた婆さんと息子とその娘の話。

名家じゃなくても主に地方出身の人の話を聞くと本家がどうだとか分家がどうとか聞くことはあるけれど、名家の出身でもないし結婚したければすれば良いし子供欲しけりゃつくれば良いしお好きにどうぞな家系の自分には何一つピンと来ない跡継ぎ問題。

そういうのがある人には申し訳ないが、自分からしたら男の子が産まれなかったら…とかいう婆さんは頭がおかしいのかとしか思えないのが素直なところ。

感覚が判らないながらも、婿養子でも妥協出来るなら最初からそんなこと言うべきじゃないし、親戚からの養子縁組ではダメなのか、もっというなら外からの養子縁組は?と考えてしまう。

パトリック先生に対する態度も人としてそりゃないぜだし、先生自身も両親を大切には判るけど性を変えることには抵抗があったっていう…ワールドワイドな問題になってたけど。

自分の問題と娘に言った姿はまだ良かったけど、どうでも良いとまで言ってくれる展開が欲しかったし、最後まで問題の結論や変化はないっていうね。

同じ様なプレッシャーを経験しているか、これからそうなることが予想される人にしか伝わらないんじゃないかなという感じ。

勝手なことつらつらと書いていますが、この問題に対する問題提起や反駁コメはやめて下さいねw

Bacchus
Bacchusさん / 2019年1月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  難しい 寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あれ

まったく伝わってこなかったです。

かん
かんさん / 2019年1月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

切ないけど…滑稽

程度の差こそあれ、こうした家柄とか、古い因習に縛られている家は沢山あるような気がする。
そして、男の子が生まれないとか、婿が来ないとか、その「先祖代々」は、ある日突然問題に直面する。
現代社会になっても、半ば権力と一体化した年寄りは、お妾さんだとか、二号さんだとか社会通念とはかけ離れたことを言い始める。
本人は少しでも自由になりたいと思っていても、結局半分は、理想や綺麗事で、実は自分もその因習に、既に、捕縛されていて、「先祖代々」や「女性への抑圧」はまた繰り返される。
ただ、これは日本に限ったことではないのではないだろうか。
だから、パナハンデ監督は女性や外国人の視点も交えながらも、愛情も皮肉もたっぷりに、ちょっと滑稽に撮ったのではないか。
こんなことは、実は世界中に転がっているのだ。
そして、人なんて、どこにいても、おんなじレベルなのだ。
自由を語るパトリックが、さも異文化を理解してると言わんばかりに、一族相伝の典型のような雅楽を学んでいるのも、ある意味で滑稽だ。
先祖代々を不自由の象徴のように語りながら、パトリックだって、離れて暮らす両親のことが心配で、結婚して戻るプランを考えていたじゃないか。
みんな、そんな大差ないのだ。
そう、こうして「先祖代々」は続き、そしてほころび、徐々に形を変化させても、人々は我が家の伝統とか言って、ずっと変わらないと信じ込みながら、何も気づかずに過ごすのだ。
この映画の英語のタイトルは、
THE NIKAIDOS’ FALL
だったじゃないか。
その場その場に居合わせて、葛藤する人はきっと切ないに違いない。
ちょっと気の毒でもある。
でも、やっぱり滑稽で…。
魅入ってしまう不思議な映画だった。

ワンコ
ワンコさん / 2019年1月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

13件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報