「「命」を五感で感じる事の尊さを感じます」海獣の子供 てつはらさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「海獣の子供」 > レビュー > てつはらさんのレビュー
メニュー

海獣の子供

劇場公開日 2019年6月7日
全169件中、165件目を表示
  •  
映画レビューを書く

「命」を五感で感じる事の尊さを感じます

海のことをよく「母なる海」と言いますが、この作品はそれがよく感じとれます。
生命の源ということについても触れますし、その生命の源をたどると星の誕生の舞台となる宇宙にまで話が広がる物語です。
そういった生命についての私たちが考えなければならないと感じさせる事が多くあります。
「言葉にできないこと」というのは多くあると思いますが、言葉で言い表せないことは、私たち生き物がもつ「五感」で感じるんだということを改めて考えさせられました。
壮大な世界観を表現するにあたり、とても技術力の高いCG技術が使われており、臨場感があります。
江の島が舞台ということなので、見たことある景色が所々出てくるのも親近感がわきました。
背景美術もクオリティが高く、CGと共に作品をより良い方へ導いてくれていると感じました。
予備知識もなく鑑賞したため、まだまだ深く理解できていないところはありますので、また鑑賞したいです。

てつはら
さん / 2019年6月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  知的 難しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 24 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報