「鑑賞記録」クリード 炎の宿敵 ハッピー・ホーガンさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「クリード 炎の宿敵」 > レビュー > ハッピー・ホーガンさんのレビュー
メニュー

クリード 炎の宿敵

劇場公開日 2019年1月11日
全223件中、5件目を表示
  •  
映画レビューを書く

鑑賞記録

人生オールタイムベストの作品、『クリード チャンプを継ぐ男』の続編が、ついに公開される!ユナイテッド・シネマが本作と前作を二本立てで上映するというナイスな企画をしてくれたものですから行ってまいりました。

・「父の仇の息子と対決」という大イベントで前作を超える規模のストーリーが繰り広げられる…と、思っていたら!物語のトーンも演出も前作より抑えめ。アドニスが決勝で履くトランクスの色そのもの。ワンカット撮影など、前作のハイライトともいえるド派手な演出はそれほどなく、とっても落ち着いた感じでした。二作立て続けに観たものだから余計にそう感じました。前作を愛してやまない自分としては、少し物足りなさを感じたり。

○とはいえ、愛すべきキャラクターたちとの再会はやっぱりいいもんですよ。プロポーズ前にテンパってるドニー、ロッキーの横で娘の誕生にはしゃぐドニー、自分の不甲斐なさを嘆いた後に娘を抱き、あやすドニー…。また成長のし直しかって思わなくもないけど、憎めない、愛すべき主人公だなぁと思いました。ロッキーもビアンカも、完璧じゃないからいい。そんな彼らが不器用に前進する姿は、観客にとっても自分ごととして捉えやすく、感情移入しやすくなってるんじゃないかしら。(ちなみにアドニスがビアンカの歌で入場するシーン、大好きです)

○なーんて言ってるけど、本作の主人公ははっきり言ってドラゴ親子ですよ。ロッキー4の後、どん底を味わい尽くしたドラゴ親子。積年の屈辱や憎しみをぶつけてヴィクターを鍛える姿も、自分を捨てた元妻たちに再び認められようとしていることへの淡い喜びも、あの冷血サイボーグキャラとは思えぬ人間臭さを醸し出します。
きわめつけはやっぱりクライマックスですよ。熾烈を極める試合。再び手のひらを返して去っていく元妻(いや、元母というべきか)。心身ともに満身創痍のヴィクターに対してドラゴが取った行動は…!もうね、これ以上ないなという決着ですよ。ファイターではなく父としての決断を下したドラゴにドル泣きですよ!
もうさ、本作でクリードの話はハッピーエンドでいいからさ、次回作はドラゴ親子を主役にするべしですよ。真面目に。

本作のテーマ、正しく「そして父になる」でしょう。いつか僕が父になる時、必ず見返そうと思います。そして彼らのように不器用でも一歩ずつ一発ずつ踏み込める男になりたいものです。

ハッピー・ホーガン
さん / 2019年2月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報