「変化球は一切なし!どストレートな感動作」クリード 炎の宿敵 まっくん a.k.a. エロくそチキンさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「クリード 炎の宿敵」 > レビュー > まっくん a.k.a. エロくそチキンさんのレビュー
メニュー

クリード 炎の宿敵

劇場公開日 2019年1月11日
全226件中、141件目を表示
  •  
映画レビューを書く

変化球は一切なし!どストレートな感動作

あのアポロ・クリードの息子アドニスと父親を葬ったイワン・ドラコの息子ヴィクターとの因縁の対決。アポロの盟友であったロッキーがアドニスをサポートする。

究極の予定調和というか、全編思ったとおりの展開ながら、まさかの大感動に自分自身驚いた。これは一体どういうこと?

スタローンには悪いが、正月早々「今年一番の拾いもの」に出会ったような…

それにしてもスタローンが渋かった。個人的には過去一好きかも。アドニスとビアンカのラブストーリーもいいじゃないですか。ビアンカ役のテッサ・トンプソンはミュージシャンでもあるのですね。彼女の歌がいいアクセントになってました。

まっくん a.k.a. エロくそチキン
さん / 2019年1月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報