「竹内まりやの凄さを堪能した」souvenir the movie Mariya Takeuchi Theater Live andhyphenさんの映画レビュー(感想・評価)

souvenir the movie Mariya Takeuchi Theater Live

劇場公開日 2018年11月23日
全26件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

竹内まりやの凄さを堪能した

映画館で上映されつつもこれは「映画」じゃないので、評価しようがないが...代わりに竹内まりや愛でも語ろうかと思う。
私は幼少期、主に13歳くらいまでを中島みゆきのセルフカバーと、Mi-Keのカバーしたグループサウンズと、そして竹内まりやで育ってきた、なかなか同年代では出会えない音楽嗜好の持ち主である。「Impressions」を(レコードであったなら)それこそ擦り切れるくらい聴いたし、歌った。当時の私は低音が出なかったので苦戦した。
竹内まりやの魅力は何だろうと思ったとき、その楽曲の分かりやすさと色褪せなさ、彼女自身の圧倒的な表現力がやはり挙げられると思う。私は「本気でオンリーユー」で英語を学んだ。いやこれ本当。歌詞の表現力も、曲の親しみやすさ(なのに強い個性がある)も、唯一無二。
そして山下達郎との関係性。竹内まりやが山下達郎を「達郎」と呼ぶときのあのさりげない親密感。大親友という表現。「Impressions」のライナーノーツは山下達郎が書いている。そこで垣間見た最高の関係性が20年以上経てもなお褪せないことへの憧れ。夫婦でハモれるの最高だね...「プラスティック・ラブ」とか最早最後達郎の独壇場だよね...。
嗚呼いつか生で観てみたい。ライブを。

andhyphen
さん / 2019年5月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報