世界で一番ゴッホを描いた男

劇場公開日:

解説

中国・深セン市近郊の町でフィンセント・ファン・ゴッホの複製画を描き続けている男が「本物のゴッホの絵を見る」という夢を実現するため、アムステルダムを訪れるまでを描いたドキュメンタリー。中国・深セン市近郊にある「大芬(ダーフェン)油画村」。ここでは世界の有名画家の複製画制作が産業として根付いており、世界市場の6割ものレプリカがこの地で制作されていると言われている。出稼ぎでこの町に来たチャオ・シャオヨンは独学で油絵を学び、ゴッホの複製画を20年間も描き続けている。そんなシャオヨンは、いつからか本物のゴッホの絵画を見たいという夢を抱いていた。ゴッホが実際に描いた絵を自身の目で見てゴッホの心に触れ、何か気づきを得たいという思いは日増しに強くなり、その夢を実現するため、シャオヨンはゴッホ美術館があるアムステルダムの地を訪れるのだが……。

2016年製作/84分/G/オランダ・中国合作
原題:中國梵高 China's Van Goghs
配給:アーク・フィルムズ、スターキャット

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)Century Image Media (China)

映画レビュー

4.0【”職人と芸術家の狭間で・・。”ゴッホの複製画を20年、制作して来た男が本物のゴッホの絵画に衝撃を受け、夢、苦悩、葛藤の中、自身で下した決断する姿を描いたドキュメンタリー作品。】

2022年5月24日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

難しい

幸せ

■趙小勇は独学で油絵を学び、20年にわたって深圳の”油画村”でゴッホの複製画を描き続けていた。
 だが本物のゴッホの絵画を見たことはなく、想いを募らせた彼は念願だったアムステルダムを訪れる。
 そして、自分が描いたゴッホの油絵を見つけるも、その店は観光ショップだった。
 しかも、値段は自分が売った値の8倍。
 更に彼は、夢にまで見たゴッホ美術館で、「ひまわり」「ゴッホの自画像」を丹念に観て、本物のゴッホの絵画に衝撃を受ける。
 そして自分は画家として何を目指すべきなのかを思い悩む。

◆感想

 ・中国の深圳の”油画村”で、ゴッホの複製画を20年、10万点以上家族と製作してきたという、趙小勇のお金がなくて、中学一年までしか学校に通えなかった生き様に驚く。

 ・複製画ビジネスの実情と制作過程にも触れている事も、興味深い。流れ作業の様に油絵を製作する様。世界中から注文が入る様子。

 ・そして、彼が夢にまで見たアムステルダムで経験した事と、行動。
 彼は、ゴッホの原画に衝撃を受けつつも、キチンとゴッホが通っていた病院、そして終生ゴッホを支えた弟テオの墓に並んでいるゴッホの墓に足を運ぶ。
 彼が、如何にゴッホを愛しているかが良く分かるシーンである。

<そして、帰国した彼は、大きな決断をする。自分のオリジナル作品を描くという決断だ。
 最初のモデルになったのは80歳を超える、趙小勇が”一番好きだ”という祖母である。
 その絵から伝わるモノが、素人ながら何だか沁みてしまった・・。
 今作は、複製画に携わる男が抱く夢、苦悩、葛藤を描いた佳き、ドキュメンタリー作品であると思った。>

コメントする (0件)
共感した! 2件)
NOBU

3.0複製画を描き続ける生活に圧倒される

2021年10月14日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
21世紀

4.5健気さに胸打たれる

2018年11月30日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
Monsieur M.

あなたの仕事は模倣ですか?オリジナルですか?

2018年11月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
numachan
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「世界で一番ゴッホを描いた男」以外にこんな作品をCheck-inしています。